グラス・スティーガル法とヤハウェ/ロスチャイルド的同一性主義:差異共鳴主義的トランス資本主義






[PR]



2008年09月28日(Sun)
グラス・スティーガル法とヤハウェ/ロスチャイルド的同一性主義:差異共鳴主義的トランス資本主義
グラス・スティーガル法というのは、同一性主義金融資本を抑止していたのである。つまり、同一性価値が差異共鳴価値を破壊しないように防いでいたのである。
 どうも、ここに確かに米国経済崩壊の元凶がありそうだ。これは、ヤハウェ的同一性主義の伝統的資本主義への侵入である。
 結局、先にも指摘したが、ヤハウェ主義の崩壊が今日起きているのである。トランス・ユダヤ/キリスト教西洋文明の時代へと大転換する時代なのである。それは、トランス・モダン文明の創造・構築を意味する。そう、差異共鳴主義的トランス資本主義への変換である。

****************

サブプライム問題の真犯人

 米国には、かつてグラス・スティーガル法という法律があった。

一般市民の貯金 が、危険な株式 、債券投資に回らないよう、投資 銀行 (証券会社 )と商業銀行の兼業を禁止した法律であった。

この法律を廃止し、銀行の窓口で株式向けの投資信託 を販売し、さらには、年金の積立てまで株式、ヘッジファンド 等に投資する、401Kを導入したのが、クリントン元大統領であった。
http://alternativereport1.
seesaa.net/article/107165323.html
オルタナティブ通信

*****************

参考:

カーター・グラス
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション , 検索
カーター・グラス
カーター・グラス

カーター・グラス(Carter Glass, 1858年 1月4日 - 1946年 5月28日 )は、アメリカ合衆国 の政治家 。ウッドロウ・ウィルソン 大統領 の下で第47代財務長官 を務め、長年にわたって上院議員 として活躍した。

[編集 ] 生涯

1858年 1月4日 、グラスはバージニア州 リンチバーグ で生まれ、新聞の編集者になった。1899年 、グラスはバージニア州議会の上院議員となり、1901年 から1902年 にかけてバージニア州の憲法制定会議の委員に選出された。グラスは憲法制定会議において最も影響力のあるメンバーであり、アフリカ系アメリカ人 の公民権を剥奪するために人頭税 の導入と読み書き能力試験の実施を推し進めた。またその一方で、鉄道会社などの事業者の規制するためのバージニア州企業委員会 を設立するなど、革新運動 に関する法律制定にも関与した。

1902年 、グラスはバージニア州第6選挙区で空席となったアメリカ合衆国下院議員 の補欠選挙に出馬し、当選した。1913年 に下院銀行通貨委員会 の議長に就任し、ウッドロウ・ウィルソン 大統領 とともに連邦準備法 の制定に尽力した。1919年 、グラスはウィリアム・マカドゥー の後任として大統領 の下で財務長官 に指名された。1920年 に財務長官を辞任すると、同年にトマス・マーティン の死去により空席となっていたアメリカ合衆国上院議員 に選出された。

グラスは残りの人生を上院議員として過ごすことを決め、1933年 にはフランクリン・ルーズベルト 大統領から財務長官への復帰要請を断った。グラスは同年に上院予算委員会 の議長に就任し、1941年 から1945年 までは上院仮議長 を務めた。

グラスの上院議員としての最大の業績はグラス・スティーガル法 の通過である。この法律は商業銀行による株式や社債の引き受け禁止、投資銀行による預金受け入れ禁止、商業銀行と投資銀行との提携禁止などを規定したものであり、この法律によって、商業銀行と投資銀行の分離に成功した。

1946年 5月28日 、グラスはワシントンD.C. で死去した。

[編集 ] 外部リンク

* Biographical Directory of the United States Congress - アメリカ合衆国議会の人名辞典サイト[1] 内の、カーター・グラスの項目(英語)
* Secretaries of the Treasury - Carter Glass - アメリカ合衆国財務省の公式サイト[2] 内の、グラスの紹介ページ(英語)

官職
先代:
ウィリアム・マカドゥー アメリカ合衆国財務長官
1918年 12月16日 - 1920年 2月1日 次代:
デイヴィッド・ヒューストン
先代:
パット・ハリソン アメリカ合衆国上院仮議長
1941年 7月11日 - 1945年 1月2日 次代:
ケネス・マッケラー
"http://ja.wikipedia.org/wiki/
%E3%82%AB%E3%83%BC%
E3%82%BF%E3%83%BC%E
3%83%BB%E3%82%B0%E3
%83%A9%E3%82%B9 " より作成
カテゴリ : アメリカ合衆国財務長官 | アメリカ合衆国上院仮議長 | バージニア州選出のアメリカ合衆国上院議員 | バージニア州選出のアメリカ合衆国下院議員 | バージニア州上院議員 | 1858年生 | 1946年没

投資銀行
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション , 検索

投資銀行(とうしぎんこう)とは、顧客企業 が有価証券の発行による資本市場からの資金調達をサポートし、合併や買収などの財務戦略でのアドバイスを行う金融機関である。個人向け業務は行わない。

概要

この名称は、個人などから預かった預金 を元手に企業に融資 を行う商業銀行 と区別するための用語である。商業銀行はその収益の大部分を主に企業に融資することにより発生する利息 に依るのに対し、投資銀行の収益は株式や債券の資本市場における発行時に発行額に応じて徴収する手数料に依ることが特徴である。

自らは大きな資産を有さないので「銀行」と訳されているが、むしろ法人向け証券会社 にイメージが近い。業務の性格上、業界における存在感は大きいが、バランスシート的にはほとんど資産を有さないので、上場している外国の投資銀行は、巨大なバランスシートを有する商業銀行 の買収の対象になってきた(例:UBS によるディロン・リードとペインウェバーの買収、クレディ・スイス によるファースト・ボストンの買収など)。

また、投資銀行が主として行うビジネスの類を「投資銀行ビジネス」と呼ぶことがある。その中でも財務アドバイザリー業務、企業再生ビジネス等は金融機関以外からの進出も目立ち始めている。

投資銀行の具体的業務は、顧客企業に対して上述の通り有価証券の発行による資本 市場からの資金調達、M&A についての助言を行なう他、財務に関る部分では各種保有資産の流動化による資金調達(不動産 やローン 債権 の証券化 など)、金利 や為替 等の金融派生商品 を用いた財務リスクヘッジがあり、極めて多岐に渡る。「投資銀行業務」とは呼べないものの投資銀行が手がけるビジネスとしては、顧客あるいは自己勘定のための有価証券や金融派生商品のトレーディング業務が挙げられる。

日本では野村證券 などの大手の証券会社 、大和証券SMBC やみずほ証券 などの証券会社と銀行グループの法人部門による法人金融専業会社、みずほコーポレート銀行 などの法人向け銀行が投資銀行業務や決済業務を手がける。また、最近では金融業 以外の企業が財務アドバイザリー業務などの投資銀行業務の一部に参入する例も目につく。近年、M&Aのアドバイザリー業務では、KPMG やプライスウォーターハウスクーパース 等の監査法人やGCA などの独立系の業者がランキングに名を連ねるようになってきた。

[編集 ] 米国

投資銀行発祥の地であるアメリカでは、ホールセール専業の投資銀行として設立されたゴールドマン・サックス 、証券業務から投資銀行業務に進出したメリルリンチ などが有名。なお、アメリカでは1933年 に成立したグラス・スティーガル法 により商業銀行業務と投資銀行業務が明確に分離されていた(銀証分離とも呼ばれる)。

モルガン・スタンレー はグラス・スティーガル法成立時に商業銀行となったJPモルガン と袂を分かって成立している。しかしながら、1980年代 以降の規制緩和の中でグラス・スティーガル法の銀証分離規定も緩和されていき、バンク・オブ・アメリカ やJPモルガンが証券子会社を設立することにより投資銀行業務に進出するなど死文化している。しかし、銀証分離規定の完全な撤廃も幾度も議論になっているが未だに正式に可決されていない。

前述の通り、投資銀行は基本的に顧客の資金調達を支援し、財務戦略を助言するのが本業であり、通常自らポジションを取って投融資を行うことはなかった。しかし、銀行系証券会社が顧客企業の企業買収時に銀行融資による買収資金の供与することによりM&Aでのシェアを高めるにつれ、旧来の投資銀行も競争戦略上自らポジションを取って買収資金を供与する事例が増えており、投資銀行と商業銀行の境界が薄れてきている。

近年の決算を見ると投資銀行部門の収益は、投資銀行全体の収益に占める割合は低い。ゴールドマン・サックスの2006年 11月 決算では純利益の15%、モルガン・スタンレーの2006年11月決算では同14%を占めるにすぎない。いずれの会社もトレーディング部門の収益貢献度が非常に高い。このため、トレーディング部門の社員は収益貢献度の低い投資銀行部門を卑下する傾向があり、近年の経営陣もトレーディング部門の出身者が昇進する傾向が見られる。

また、日本ではバンカーと言えばいわゆる銀行員を指す言葉という認識が多いが、米国でバンカーと言えば投資銀行の投資銀行部門で働く人間を指す言葉という認識が多い。

[編集 ] 欧州

欧州ではスイス系のUBS やクレディ・スイス 、フランス系のBNPパリバ 、イギリス系のHSBC (香港上海銀行 )、ドイツ系のドイツ銀行 などが有名。しかし、欧州にはアメリカのグラス・スティーガル法のような銀証分離を規定する法律がなかったことから、上記の大手金融機関は1つの法人が商業銀行業務と証券業務の双方の営業活動を展開しており、商業銀行、投資銀行あるいは証券会社ではなくユニバーサルバンクと呼ばれることもある。投資銀行が利益の大部分を占めている金融機関が増えてきている。

[編集 ] 日本

日本において投資銀行という名称が広く知れ渡るようになったのは、1990年代 以降ゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーのような米系投資銀行が高度な金融技術を武器に複雑な企業合併 案件や巨額の資金調達のアドバイザーに指名されるようになってからである。

前述の通り、日本では野村證券 、大和証券 、日興證券 などの証券会社が主に投資銀行業務を担っていたが、それらの証券会社はメリルリンチのように個人向け有価証券売買の仲買業務の割合が高かった。法人向けの財務アドバイザリー業務などの割合が小さかったことから、証券会社は狭義の投資銀行ではないという意見もあった。

しかし、資本市場の国際化や規制緩和に伴って、大和証券と住友銀行 が合弁で大和証券SBCM(現大和証券SMBC )を設立したり、当時の日興證券とトラベラーズグループ(後にシティコープと統合してシティグループ となる)の合弁で同じく日興ソロモンスミスバーニー証券(現・日興シティグループ証券 )を設立するなどホールセール専業の本格的投資銀行が出現した。

また銀行系証券会社では、2000年 に当時みずほフィナンシャルグループ 傘下だった第一勧業銀行 、富士銀行 、日本興業銀行 (2002年 に3行は分割 ・合併 し、みずほ銀行 、みずほコーポレート銀行 となった)のそれぞれの証券子会社が合併したみずほ証券 が法人に特化した営業を行ったり、2005年 に三菱証券とUFJつばさ証券 が合併した三菱UFJ証券 が投資銀行ビジネスを拡大・注力するなど、日本でも狭義の投資銀行という業態が活躍するようになっている。

日本の法人向け銀行(日本興業銀行や日本長期信用銀行 (現・新生銀行 )など)は、事業の大部分を法人への融資に頼っており、投資銀行業務を行なっているとは言いがたかった。しかしながら、企業の負債圧縮が進行し銀行融資に対する需要がなくなっていく中、みずほコーポレート銀行、みずほ証券は資産流動化や財務アドバイザリー業務などの投資銀行業務を積極的に手がけるようになり、みずほFGの利益の9割近くをたたきだしている。しかし、欧米の金融機関と比べるとまだまだ収益率が低く、リスクテイク能力・リスク管理能力の弱さを指摘されている。

日本でもアメリカのグラス・スティーガル法と同様に証券取引法 第65条が銀証分離を規定していた。しかし、アメリカと同様に緩和され、銀行子会社の証券業務参入が認められた。それから、みずほFGやMUFG などの都市銀行 を母体とする金融持株会社 が出現し、商業銀行と投資銀行を傘下に置いている。

さらに、2006年 度に証券取引法とその他の金融商品に関する法律を合わせて抜本改正された金融商品取引法 (投資サービス法 も内包)が可決された。これにより、銀証分離規定が廃止され、銀行による証券業務参入と証券会社による銀行業務参入が自由化された。そして、欧州型のユニバーサルバンクへの道が開かれることになり、国内メガバンクもドイツ銀行 グループやUBS のような世界的な金融グループへの発展が現実味を増している。


[編集 ] 日本国内で投資銀行業務を行っている主な会社

Category:投資銀行 を参照。
執筆の途中です
この項目「投資銀行」は、経済 関連の書きかけ です。加筆、訂正 などをして下さる協力者を求めています(ウィキポータル 経済学 、ウィキプロジェクト 経済 )。
"http://ja.wikipedia.org/wiki
/%E6%8A%95%E8%B3%87
%E9%8A%80%E8%A1%8C " より作成
カテゴリ : 経済関連のスタブ項目 | 投資銀行

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年9月
 
28        

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:981
昨日:1,172
累計:4,685,527