父権自我力学分析:同一性自我(陽自我)×感情欲望身体(陰自我):陽陰両自我の融合






[PR]



2015年07月26日(Sun)
父権自我力学分析:同一性自我(陽自我)×感情欲望身体(陰自我):陽陰両自我の融合
画像は以下を見られたい。
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-12054764338.html

父権自我力学分析:同一性自我(陽自我)×感情欲望身体(陰自我):陽陰両自我の融合

テーマ:GP陰陽哲理学:ガウス平面と陰陽論の統合

現代の日本の女性の多くは父権化していて、ココロが欠落している。
 とまれ、父権自我の解明を再確認したい。
 精神は自我体+感情欲望体(アストラル体)、言い換えると、陽自我+陰自我、シュタイナー悪魔論的には、アーリマン+ルシファーの二元論ないし極性論である。
 簡潔にするため、陽自我と陰自我で説明したい。
 陽自我は、同一性自我であり、単独の一へと志向する。つまり、唯一化、「唯一神」化である。物質的には、原子核へと中心化する志向と言えるだろう。
 それに対して、陰自我は、感情欲望自我、あるいは、拡散志向自我、宇宙大自我である。物質的には、原子の電子の志向である。そう、陽自我の極力を向心力、陰自我の極力を遠心力と言うこともできよう。中心化力と脱中心化力である。集中と発散である。【この陰陽の様態については、桜沢如一〔ゆきかず〕氏の『無双原理:易』から得た。

無双原理・易―「マクロビオティック」の原点/サンマーク出版

¥1,728
Amazon.co.jp

 そう、注目すべきことは、「東洋的」、「アジア」的小説家D. H. ロレンスは独特の評論『無意識の幻想Fantasia of the Unconscious』でほぼ同様のことを述べているのである。
 宇宙と一体としての太陽神経叢(肚)と宇宙とは別個としての独一としての腰椎神経節(間違っているかもしれない)である。
 前者が陰自我であり、後者が陽自我である。

無意識の幻想 (1966年) (南雲堂不死鳥選書・別巻)/南雲堂

¥1,296
Amazon.co.jp

Fantasia of the Unconscious: “This is the very .../Lawrence Publishing

¥価格不明
Amazon.co.jp



さて、父権自我であるが、それは、当然、陽自我に傾斜しているのである。
 だから、同一性主義、自己中心化主義、唯一主義に向うのである。
 だから、陰自我、感情欲望体、差異・他者に対して、同一性を押し付けるのである。つまり、同一性によって、陰自我、感情欲望体、差異・他者を支配するのである。
 ここで、陽自我は陰自我に同一性を刻印して、取り込むのである。それは、同一性的一体化・一致・一元化と言っていいだろう。
 そう、陽自我は同一性によって、陰自我と融合するのである。
 これは、陽自我の意識においては、二元論的であるが、実際は、同一性主義であり、一元論である。
 さて、陽自我に同一性を刻印され、支配された陰自我であるが、これは、それ独自の力学をもっているから、陽自我にいわば復讐するのである。つまり、反動化するのである。
 そう、陰自我はわかりやすく言えば、大宇宙である。森羅万象である。コスモスである。
 それが、陽自我の同一性的一元的支配に反抗するのである。
 では、その様態はというと、それは、情動・欲動・衝動(・狂気)となるのである。無意識の衝動である。ニーチェで言えば、ディオニュソスである。
 ここで簡単に作図しよう。

陽自我・・・同一性、中心化、唯一・独一化
      ↓ ↓ ↓
      ↓ ↓ ↓
      ↓ ↓ ↓
・・・・・・・・↓ ↓ ↓・・・・・・・意識の縁・境界
      ↓ ↓ ↓ 
      ↑ ↑ ↑(反抗、復讐、反動)
      ↑ ↑ ↑
陰自我・・・感情欲望、差異・他者、大宇宙


(追記:ココロの領域を記していない。ココロは意識の縁・境界に形成されていくと考えられる。後ほど、ココロ形成の力学と図を書いてみたい。)

陰自我の↑ ↑ ↑は、陽自我に対する反抗、復讐、反動である。反射とも言える。
 ついでに言えば、二重人格はこの陽自我力学から生まれると言えようし、また、陰自我の反動が過剰になる場合、精神の病も生まれよう。
 以上で父権自我の基礎構造を説明した。
 では、今日におけるハイパーな父権自我、タイトな父権自我の様態を考えてみよう。
 父権自我の意識において、陰自我は否定・抑圧・排除されているのである。そうすると、陰自我は別人格となり、陽自我、父権自我を動かすのである。
 端的に、陽自我、父権自我の知性を狂わすのである。陰自我の盲目の衝動が発動・発現・発露して、陽自我の知を混濁させるのである。
 知性は本来、陽自我と陰自我のバランスのココロと繋がっている。しかし、陽自我がハイパーになると、陰自我やココロを排除するので、自我のもつ観念は、知性から逸脱し、妄想・倒錯・狂気化するのである。
 しかし、父権自我自身はそれに気付かないのである。
 そう、ハイパーな父権自我は、差異・他者を否定・抑圧・排除するので、外的差異・他者を否定・抑圧・排除する情動・衝動・欲動をに支配されるのである。
 これは発作的である。病理的である。当然、暴力・破壊・殺意が入ってくるのである。
 これが、現代日本の社会心理状況と考えられる。
 そう、これに放射能の脳障害や身体障害が入るので、途方もない暴力・狂気・殺意が生じるのである。
 最後にタイトルに、陽自我×陰自我というように掛け算を入れたが、陽自我の同一性志向の掛け算ということである。つまり、陰自我否定的掛け算、つまり、マイナスが入る掛け算である。
 それに対し、陰自我は優勢であると、つまり、母権自我の場合、プラスの掛け算である。
 前者は物質的力であり、後者は生命的力と言えよう。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2015年7月
     
26  

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:949
昨日:981
累計:4,744,139