弁証法と陰陽極立原理






[PR]



2015年07月18日(Sat)
弁証法と陰陽極立原理
検討問題:弁証法と陰陽極立原理

テーマ:GP陰陽哲理学(ガウス平面陰陽哲理学)

私はこれまで、弁証法、とりわけヘーゲル弁証法を批判的に捉えてきたが、つい最近、弁証法で説明が可能なものもあるとわかった(後記:以下でわかるように、これは間違いであった)。
 これまでの私の観方と齟齬を来すので、検討したい。
 今は詳論できないので、簡単に指摘するに留める。
たとえば、Aさんが、「私は昼が好きである」と言う。それに対して、Bさんが、「私は夜が好きである」と言う。
 昼が正・テーゼ、夜が反・アンチテーゼ、すると、黄昏、夜明け(英語のtwilight〔薄明〕がぴったしの言葉である)が合・ジンテーゼになるだろう。
 そう、私が気にしていたのは、弁証法のマルクス的変形、即ち、唯物弁証法である。それは、正反合の合において、正が新たに復活するというような内容である。
 しかし、それは弁証法の歪曲である。あくまでも、合は正と反との結合・統合でなくてはならないのであり、合において、新たに正が復活するというのは、反の否定であり、それは、合ではなく、新正に過ぎない。それは、偽弁証法である。
 マルクスの共産主義の弁証法はそのようなものである。初めに、原始共産主義(正)があり、次ぎに、資本主義(反)があり、そして、共産主義が資本主義を止揚・揚棄aufhebenする(合)というものである。
 しかし、当然、ここでは、資本主義(反)が否定されて、合に入っていないのである。これは、弁証法ではなく、二項対立主義である。マルクスの唯物弁証法は偽弁証法であり、端的に、二項対立主義なのである。
 しかしながら、このような二項対立性はヘーゲル弁証法にあったのではないか。
 ヘーゲル弁証法はざっと言えば、精神(正)⇒物質(反)⇒物質形式(形相)をもった新精神(合)である。
 確かに、物質形式を含むという点では合の作用をもつ。しかし、精神(正)が回帰するのであり、合本来の正と反の共立性が成立するのではないのである。正と反の共立性とは端的に、陰陽極性、陰陽氣一性のことと考えられるのである。
 以上で、簡単であるが、弁証法批判を行なった。だから、上記の昼と夜の「弁証法」は、昼と夜の陰陽極立性とでも言うべきものである。

後記:弁証法、とりわけ、ヘーゲル弁証法であるが、それは、陰陽共立原理であると同時に二項対立を含んでいると言える。それは、これまで私が述べてきたではあるが。
 弁証法というタームは確かに今でも有効ではあるが、二項対立を内包しているので、批判的使用すべきである。
 思うに、対極弁証法、陰陽弁証法と呼ぶのが、適切である。


構造主義革命:今更ではなく、本当の知的革命・進化だ
テーマ:哲学:叡知学、哲理学、哲科学

うっかり忘れるところだったが、構造主義のシニフィアン(意味するもの)とシニフィエ(意味されるもの)の区別が浮んだ。
 思うに、これは、「モダニズム」の二つの様相ではないだろうか。
 ここで構造主義言語学の用語を使うと、シニフィアンとは、たとえば、「政府」を「凄腐」というような表記する場合の「凄腐」である。
 シニフィエとは、この場合、端的に国制である。
 「モダニズム」、これは、ポスト・モダンないしトランス・モダンとか言えよう。
 とまれ、二つの様態があるのである。
 しかし、どちらが根本かと言うと、後者ではないかと思う。
たとえば、「豆腐」を考えた場合、シニフィアン派は、私がよくするように、「頭腑」というような表記を考えるだろう。
 これはそれなりに、「滑稽」であるが、実際的ではない。
 「豆腐」のシニフィエ、つまり、本質を理解することがもっとも重要と考えられる。
 「モダニズム」はシニフィアン中心に進展し、シニフィエの本質を看過したということではないだろうか。
 簡単であるが、筆者なりに極めて重要な哲学的問題点を指摘しておく。

追記:「豆腐」のシニフィエについて、説明が必要である。
 視点を変えて、たとえば、「森」を考えたい。
森の「シニフィエ」とは、実は、氣になるのである。氣精心、氣身体となるのである。
 「モダニズム」は、この点を排除しているのである。



父権自我(陽自我)と知性・ココロ・理性
テーマ:GP陰陽哲理学:ガウス平面と陰陽論の統合

東海アマ氏の記事は311以前から、HPで読んでいた。
直観的洞察力というべきもの、また、倫理感をもっている。
しかし、自己認識を過信・盲信する傾向がある(追記:端的に、短絡的ということである)。地震予知や以下にあるような韓国人批判等においてである。
 とまれ、今考察したいのはそのことではなく、『「他人を見下したい」とする自尊心』についてである。
このような性質をもつ自我は父権自我であると考えられる
 これまで数え切れないくらい述べたように、父権自我は陽自我であり、同一性主義自我である。言い換えると、二項対立、優劣志向をもつ自我である。
 復習をしよう。
 陰陽氣精心(氣精芯)、又は、陰陽精神において、陽とは同一性志向であり、中心化志向、唯一化志向をもつ。
 それに対して、陰は非同一性志向、他者志向、脱中心化志向をもつ。
 この正反対な性質をもつ陰と陽によって一体化しているのが、陰陽氣である。
 これは、鈴木大拙氏の即非の論理と通じるものである。否、陰陽極性とは即非の論理であると言っていいのである。
 さて、父権自我=陽自我は自我同一性中心主義であり、他者を排除する。極論すれば、独我・唯我論である。
 父権陽自我は、「我は同一性知識をもっている。故に、知っている。故に、真理であり、賢い。」というような様相をもつだろう。
だから、「我は正しい。我は倫理・道徳・道である。」というように展開する。端的に、独善論である。
 とまれ、そのような視点を父権・陽自我はもつと考えられる。
故に、自我は優位であり、他者は劣位である。「我は優れているのであり、他者は劣っているのである。」これは、埴谷雄高氏が批判した自同律である。某国の首相の言う「私は首相だから、正しい」というような発想と共通である。
 結局、何が言いたいのかと言うと、父権・陽自我は、自己中心に他者を破壊するということである。
 日本では父権民族が支配してしまった。
 今は余裕がないので、簡単に言うと、

続き:

結局、父権自我、陽自我は同一性自我であり、他者を同一性化するのである。ここには他者としての他者はない。
 本記事の問題点は、父権自我と知性の問題であり、これは先に述べたが、さらに深めたい。
 端的に言えば、父権自我は知性というより、知識を得るのである。それも物質的知識である。つまり、同一性である父権自我は、同一性知識=物質的知識を得るのである。
 しかし、これを知性と一致させることはできない。
なぜなら、知性とは、自我とは別の次元の知であるからである。
 日本の「科学者」の問題点はここにある。自我観念の知識はもっているが、知性はないのである。
 自我を超えたところに知性はあるのであり、ほぼ理性と一致するのである。
 確かに、知識は知性の一端ではあるが、知性そのものではないのである。脱自我化しないと真知性はないのである。
 そう、真知性、ないし、本知性というタームを作ってもいい。
 だから、科学者とは、真知性人でなくてはならないのであるが、日本の「科学者」のほとんどは、知識主義者に過ぎない。
 というか、本当は、科学者は創造者であるが、日本の「科学者」は、模倣者に過ぎない。似非科学者である。
 以前述べたように、知性はココロと関係するのである。
 つまり、脱自我の精神、ココロにおける知が知性なのである。
これは、実は理性と言っていいのである。知性=理性である。
 ココロとは他者性に通じているのであり、他者性とは、普遍性である。
 結局、薬局、今日の「科学」は、自我欲望と一体であり、既成の知識をドグマ化しているのであり、本当の科学、つまり、創造的知ではないのである。
 そう、言おう。哲学なき科学とは、盲目であり、誤謬である。
 日本の「科学・技術」とは、単なる唯物科学・技術であり、本来の創造的知・技ではないのである。

amaちゃんだ ‏@tokaiamada 5 時間5 時間前
韓国言論界重鎮 韓国人は日本人より優れているとの思い込み
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150716-00000002-pseven-kr … 全くその通り 韓国人には「他人を見下したい」とする自尊心がめちゃくちゃに強い いつでも他人を小馬鹿にしている

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2015年7月
     
18
 

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:4,731
昨日:559
累計:4,904,731