視覚とこころ:肚を作って、自我と肚のバランスを形成して、こころ・視覚・光を新生させ、大自己となる






[PR]



2015年04月18日(Sat)
視覚とこころ:肚を作って、自我と肚のバランスを形成して、こころ・視覚・光を新生させ、大自己となる
画像は以下を見られたい。
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-12015786922.html

視覚とこころ:肚を作って、自我と肚のバランスを形成して、こころ・視覚・光を新生させ、大自己となる

テーマ:GP陰陽哲理学:ガウス平面と陰陽論の統合

本テーマについて何回か既述したが、あらためて検討したい。
 視覚と自我が結びついていると見る。問題は、視覚とこころの関りである。
 陰陽哲理学(氣哲理学)から見ると、視覚は凸i陽と結びついていることになる。
 以前、海舌氏が、人間認識図で、凸iを光ととっていたが、それは正しいのかもしれない。

  海舌氏による人間認識図

氣哲理学では、光は+1においてあるのであり、凸iを光とすると齟齬になる。この点をどう整理するのかである。
 ここで作業仮説、思考実験であるが、陽凸iを光ではなく、原光としたらどうだろうか。そうならば、陰凹iは闇ではなく、原闇である。
 そして、原光と原闇が共鳴して、光が生まれると見るのである。(勿論、原光が主導だと重力が生まれるのであるが。)
 では、原光(凸i陽)と視覚ないし自我はどう関係するのだろうか。
 氣哲理学から言えば、当然、直結していることになるが、そのメカニズムはいかに?
 まず、視覚、光を感覚するとはどういうことなのか。
 いったい視覚器官のメカニズムは何か。
 直観で言えば、光の根源は原点MP(Media Point)、中心点にある。だから、そこに視覚器官があるのではないだろうか。
 つまり、視覚は陽凸iないし原光にあるのではなく、原点MPに存するということになる。
 ならば、それは、こころと一致することになるのである。
視覚器官=こころということになる。
 そうすると、私の上記したことやこれまでの考えが破綻するのである。私は視覚は自我と直結すると見てきたからである。
 この新たな視点から考えてみたい。
 では、なぜ、視覚と自我が結びつくと考えたのだろうか。それは経験的な判断からである。
 確かに、視覚と頭脳は結びつくのである。頭脳は自我と関係するのである。だから、結びつけたのである。
 とまれ、自我は凸i、陽、原光の主導的能力と言えよう。
 では、自我とこころの関係は、自我がこころを否定、抑圧、排除、隠蔽するというものである。
 つまり、自我形式とは自己同一性主義(簡単に同一性)なのであり、他者性をもつこころを同一性で支配するのである。つまり、自我は、こころの領域をいわば隷属させるのである。
 しかし、基本的には原初的こころが存在するのである。
 そう、こころに視覚があるならば、当然、自我はこころ・視覚に通じていないといけない。
 少し見方を変えると、陽と陰の調和共振でこころ=視覚が生まれるが、そのとき陽が強化された場合、つまり、自我が形成されるとき、こころ=視覚はその影響を受けて、いわば、不透明化するのではないだろうか。
 つまり、こころ=視覚=光は、陽化、原光化するということではないだろうか。思うに、この陽化ないし原光化したこころ=視覚=光とは、物質的光ではないだろうか。氣的背景を喪失した光ではないだろうか。
 それは当然、自我の物質主義に相応する光と言えよう。
 私が自我と視覚が結びつくと見たのは、この点を意味しているのだろう。
 ならば、こころ=本来の視覚(本視覚)=本来の光(本光)を取り戻すには、どうしたらいいのだろうか。
 近代は自我主導的であるので、それは難しいのである。
 自我を失わずに、こころ・本視覚・本光を新生させるにはどうしたらいいのか。
 簡単に言えば、やはり、肚を作ることである。
 陽凸i、原光の主導的であるのに対して、陰凹i、原闇を強化しバランス・均衡をとることが大事である。
 つまり、主導的な陽凸i=原光に対して、能動的に陰凹i=原闇(肚)を形成する必要があるということになるのである。
 それによって、自我と均衡する肚が形成されるのであり、新しい陰陽調和が形成されると考えられる。
 そう、これは、原初のこころ=視覚=光ではなく、生まれ変わったこころ=視覚=光である。
 正に、開眼である。
 この新しい自己はいわば、大自己である。それまでは、自我的自己に過ぎなかったが、自我を包摂した大なる自己なのである。ここには、他者との共生感(仁倫)があるのである。
 今はここで留めたい。

追記:私見では、シュタイナーの説く悪魔アーリマンは陽凸i、原光であり、悪魔ルシファーは陰凹i、原闇であり、キリストは両者の均衡調和である。それは、こころである。

追記2:こころ=視覚=光と上述したが、気哲理学の「座標」とは齟齬となる。
 後者では光は+1である。しかるにで、上記では、原点MPが光となる。
 この矛盾をどう解決するのか。
 原点MPにおいて、陰陽共振調和が為されると光が発生する。だから、原点MPから+1の領域が光と言うことができよう。
つまり、つまり、MP⇒+1の総体が光であり、+1はあえて言えば、天である。もっとも、天は光の総体の終点と見られる。
 今はここで留める。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2015年4月
     
18
   

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:612
昨日:592
累計:4,906,042