天とは何か:原点MP=内的天=太極・太一・元一=超越的天(天の公式=マニ教公式)






[PR]



2015年03月18日(Wed)
天とは何か:原点MP=内的天=太極・太一・元一=超越的天(天の公式=マニ教公式)
画像は以下を見られたい。
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-12002867315.html

天とは何か:原点MP=内的天=太極・太一・元一=超越的天(天の公式=マニ教公式)

テーマ:氣神論:氣は万物に通ずる:氣的身体理性

         
            凸i陽
             |
             |
             自
             我
             |
             |
−1地_____MP・霊______+1天
(重力)         |          (光)
             |
             感
             性
             体
             |
             |
            凹i陰


      応用陰陽ガウス平面

(尚、MPはMedia Pointであり、原点・交点・次元転換点等であり、太極・太一、そして、霊である。)



resurrectionのブログ
(この画像は、映画『スライブ』のトーラスであるアップル像である。この画像と応用陰陽ガウス平面図を対応させるには、アップル像は、時計回りに90度回転すれば、いい。アップルの中の上部の白いらせんと軸のようなものがあるが、それが、+1になるのである。)


応用陰陽ガウス平面図において、天は⇒+1の+1に存する。
 樹木が伸びる方向に存する。
 地は⇒−1の方向に位置する。重力の方向である。
 だから、天を+1,地(地球)を−1,そして、人間を原点MPに位置させてもいいと思う。
 そうすると、宇宙ないしコスモスは天と同じ位置に存するだろう。
 いったい何を問題にしたいのか。
 つまり、コスモス(内外宇宙)とは、単に、マクロコスモス(大宇宙)だけでなく、ミクロコスモス(小宇宙)であり、人体、心身に内在すると考えられるのである。
 では、天=大宇宙が+1に存するなら、小宇宙はどこに存するのだろうか。
 ここでシュタイナーの独特な植物とは逆なポジションにある人体を参考にすると、人体における天は肚であり、応用陰陽ガウス平面図では、−1となり、人体における地は頭で+1となる。だから、人体における天=小宇宙は−1に存することになる。
 言い換えると、地球、大地の中心に天があるようなものである。
 つまり、人体において、−1から+1へと「光」が向うことになろう。この「光」は、内的光だろう。だから、氣の光である。
 そうすると、これは、虚軸から原点MPにおいて、形成されるものである。
 とまれ、人体において、MP⇒−1の「光」が形成され、それが、⇒+1の天と呼応すると考えられる。
 問題は、MP⇒−1の「光」とは何かである。
 それは、通常の日光、陽光でいいのだろうか。
 思うに、これは、内的太陽、内的日光、内的陽光である。
 そして、氣の光と上記したのである。
 ⇒−1の「光」を氣の光としたがそれいいのだろうか。
 とまれ、この「光」は、普通の日光、あるいは、氣の光の二通りの可能性があるのである。
 理論的に整合化するなら、普通の日光であるべきである。氣の光ではないのである。
 だから、今の時点では、⇒−1の「光」を内的日光としておく。(もっとも、正確に云うと、⇒−1ではなく、⇒+1である。つまり、人体において、虚軸の陽凸i下部に、陰凹iを上部にする必要があると考えられる。)
 とまれ、人体において、肚(−1)と天(+1)が呼応すると見るのである。これが、ミクロコスモスとマクロコスモスの呼応・照応と見ることができよう。
 しかしである。この場合、マクロコスモスは外的宇宙、物質的宇宙であり、内秘的宇宙ではないのである。
 少なくとも、氣的宇宙(氣的コスモス)ではないのである。
 直観では、ミクロコスモスとは、氣的コスモスである。
 この齟齬、自己撞着をどう見るか。
 そう、天の問題がある。天とは、外的宇宙でもあるし、同時に、内的宇宙である。つまり、内秘的宇宙、氣的宇宙、霊的宇宙である。
 直観で言えば、外的天は+1であり、内的天は原点MPである。そして、後者が前者に投影されるのである。
 とすると、肚−1の宇宙とは、やはり、内的天になるはずである。
 つまり、ミクロコスモス・小宇宙⇔マクロコスモス・大宇宙の照応とは、内的天に関することと言えよう。
 また、当然、外的天に投影されるのであるが。
 つまり、肚と外的天とは、本来、内的天の投影であるということになろう。
 元は同じ、原点MPということになる。
 つまり、原点MP=内的天が、例えば、植物の場合は⇒+1の外的天へ向かい、人体の場合は、上下逆転して、⇒+1の大地的肚へと向うのであるが、それは、内的には、内的天の投影なのである。
 つまり、確かに、外的天と大地的肚は物質的に存するのであるが、原点MP=内的天が両者に投影されるということと考えられるのである。
 そして、この原点MP=内的天であるが、これは、太極・太一、即ち、根源的一(いつ)に通じるのであるから、それは、超越的天と一致すると言えよう。即ち、

原点MP=内的天=太極・太一・元(根)一=超越的天

ということになる。(これを天の公式と呼ぼう。)
 宗教的にはこれらは神、神仏である。
 思うに、この天の公式は実は、マニ教の公式と呼べるのではないだろうか。
 仮説として、天の公式=マニ教公式としておく。

追記:占星術とは、内的天の外的天への投影に起因していよう。そして、内的天と外的天を混同しているのである。
 占星術を哲理学(フィロソフィエンス)にするためには、内的天の力学を考察しないといけないのであるが、内的天と外的天の混同によって、もっぱら、外的天の動きに、内的力学を見ようとしているのである。いわば、本末転倒であり、迷信である。
 しかし、内的天のもつ作用のなんらかの結果は見ていると言えよう。


http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-12002847789.html
こころ・精神・氣*知性の均衡としての理性:知性があっても、自我主導ならば、知性は捩じ曲げられる

テーマ:生命力/氣自衛医智学:唯物機械論医学批判

知性(悟性)は、自我に結びついていると考えている。
 だから、自我主導だと、利己主義が知性を歪曲するようになる。
 日本の「科学者」はそのようなものだろう。
 既述済みであるが、知性を知性として、純粋知性として、活かすには、理性が必要なのである。
 それは、こころ、精神の意識、あえて言えば、氣の意識が必要である。
 こころ、精神、氣は他者と自我との共生を目指すから、自我の知性を利己主義的ではなく、利他的に使用するのである。しかし、無私の愛ということではない。自我と他者との均衡を目指するのである。
 また、知性の進展について考えると、実は、自我中心では、それは無理なように思えるのである。
 知性とは事物や事象等の認識である。だから、自我に執着していては、その認識は不可能である。脱自我主義が必要である。
 そのためにも、こころ、精神、氣が必要と考えられる。
 こころ、精神、氣には、思うに、直観、イメージ力、ヴィジョン力があるのである。だから、それを生き生きとさせることで、創造・独創的な知性が生まれると考えられるのである。
 私自身の創意、発見はそのようなものである。
 ということで、ざっとであるが、知性を知性として、純粋知性と活かすには、また、知性を進展させるには、こころ、精神、氣が必要であるということになる。
 そして、理性というものは、このこころ・精神・氣⇔知性のバランスの取れた認識力のことではないだろうか。
 今はここで留める。

図は以下を見られたい。
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-12002835893.html

作業仮説:キリストの愛とは生命、氣、陰陽調和のこと?:聖霊は氣ないし氣的霊?:水瓶座の啓示?

テーマ:こころ教共同網:「まことの教え」共同体

私は以前、キリストの愛とは生命のことではないかと示唆した。生命は氣であるから、愛=氣という図式が成り立つことになる。
 また、一般に人間より動物の方が「愛」があるのである。これは、やはり、動物に作用している氣の作用ではないだろうか。個体と他者の共存愛である。
 ただし、猿山のようなボス支配は、父権自我の先駆体ではないだろうか。
 人間の場合、愛が貧乏なのは、当然、自我、とりわけ、父権自我が支配的であるからだと思われる。
 また、父権集団的自我の場合は尚更である。
 そう、父権自我は一種、愛盲であろう。あるいは、理性盲である。(そう、後で、知性と理性の相違を再度確認したい。)
 簡単に図示した方がわかりやすいだろう。
 以下の応用ガウス陰陽平面図を見ていただこう。


            凸i陽
             |
             |
             自
             我
             |
             |
−1地_____MP・霊______+1天
(重力)         |          (光)
             |
             感
             性
             体
             |
             |
            凹i陰


      応用陰陽ガウス平面

(尚、MPはMedia Pointであり、原点・交点・次元転換点等であり、太極・太一、そして、霊である。)

氣とは、陰陽調和によって存すると考えられる。とまれ、虚軸に存し、原点を中心に振動していると考えられる。
 自我は上図から、虚軸のプラス軸に存すると見るのである。
 そして、父権自我の場合は、感性体を(連続的)同一性化するのである。言い換えると、自我と感性体(他者)が癒着するのである。そして、自我の陽と感性体の陰が共振しなくなるのである。
 そう、陰陽共振によって、調和が生まれ、本来の氣が形成されると考えるのである。
 しかし、陽の自我と陰の感性体が(連続的)同一性化によって癒着した場合、もはや、陰陽共振、陰陽調和、氣は形成されないのである。
 しかしながら、その癒着は意識においてである。癒着下の無意識においては、なんらかの陰陽共振はあると思われる。
 さて、意識において、氣がなくなるということは、生命がなくなるということである。愛がなくなるということである。
 だから、自我、とりわけ、父権自我は氣盲、生命盲、愛盲と考えられるのである。
 故に、自我の利益のために、平気で人を騙し、殺戮したりするだろう。ペテン師、詐欺師、殺戮狂、殺人狂、虐殺屋である。
 專争邪や某国の奸凌や葬理や背慈禍は、この典型と考えられるのである。
 では、彼らに覚醒するときが来るのだろうか。
 こころが発芽するときがあるのだろうか。
 そう、無意識においては、生命、氣、愛、こころはあるのであるが、まったく埋没しているのである。
 一般的には不可能に思える。
 しかし、現代は、新古代は、水瓶座エポックである。これは、陰陽調和宇宙を意味する。つまり、陽極まりて陰に転ずの転換が起っていると考えられる。
 すると、陽ではなく、陰が主導化すると、陰陽調和が啓けてくるのである。
 そうすると、父権自我の悪人も覚醒する可能性が出てくると言えよう。マニ教的転換と言おうか。
 今はざっと述べるに留める。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2015年3月
18
       

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:405
昨日:3,381
累計:4,870,675