太玄霊知行学:太玄霊(肚)⇒氣(心頭)⇒(日光⇒)電磁波(生命物質界)






[PR]



2013年10月20日(Sun)
太玄霊知行学:太玄霊(肚)⇒氣(心頭)⇒(日光⇒)電磁波(生命物質界)
参考のリンクは以下を見られたい。
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11644918736.html

太玄霊知行学:太玄霊(肚)⇒氣(心頭)⇒(日光⇒)電磁波(生命物質界)

テーマ:太玄氣学:太玄霊生命論:玄氣⇒氣⇒生命体

「陰と太陰が区別されるならば、初期PS理論は使用できるのである。
 ということで、初期PS理論を復活させれば、説明できるのである。
 すると、図式化すると、

太陰(太陰霊)⇒陽(日光)/陰陽⇒電磁波

となる。
 しかし、思うに、太陰ではなくて、無双原理の元の太極とすべきなのかもしれない。
 ならば、


太極(太極霊)⇒陽(日光)/陰陽⇒電磁波

となる。
 今はここで留める。

追記:以上のように、三段階で考えると、以前、ガウス平面に直交させた超越軸の考え方が生きてくるだろう。
 超越軸ではないにしろ、ガウス平面を超越した次元である。
 超越次元は、太極霊の次元であり、それから、陰陽極性次元(虚軸次元=氣次元)が生まれ、そして、電磁波、物質次元が生まれるのである。
 便宜的に、超越軸を仮説することはできるだろう。」

陰陽球という祖宇宙とその球面上の実宇宙:1. 太極霊⇒2. 陽=日光/陰陽⇒3. 電磁波
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11644029810.html

***************************
***************************

直近で以上のように書いたが、そうならば、陽=凸i、陰=凹iの虚軸はどうなるのか。
 陰陽球面の表面が陽、裏面が陰ならば、虚軸は太陰点から円周への半径を伸ばした直線になるだろう。
 そうすると、電磁波は円周の切線の方向に成形されるだろう。直観では、円と直交するものをイメージするが、考えてみれば、球面の皮膜に相当するのであるから、円上の接線で方向的にいいのである。
 そう、陽凸iは天の方向、太陽、アポロの方向であり、陰凹iは地の方向、大地、デーメーテール(ここに、ディオニュソスと入れたい欲求があるが、どうだろうか。ディオニュソスをここに入れるだろうか。単に、アポロとは対照的なものという意味なら、ここに入れることは可能である。この点は、別に検討する必要がある。)の方向である。
 今、浮んだ発想だが、陰凹iはいわゆる心、胸中の心ではないだろうか。道教、気功で言えば、中丹田である。あるいは、単に、ドキドキハートラブラブである。
 しかし、である(この「しかし」はとても強い強調である)。
 私がこれまで説いていた太陰(太極かもしれないが)は、そこにはないのである。それは、陰=凹iではありえないのである。何故なら、陰=凹iは胸部に定置すると考えられるからである。
 これまで何度も述べてきたように、私が説く太陰は肚のことである。だから、まったく、陰=凹iとは異なるのである。(だから、陽=凸iは人体的には、頭に定置すると言えよう。)
 思うに、そのような肚である太陰に、陰という語を含めるのは、不整合である。何故なら、陰陽論的には、太陰とは陰陽の様態の一部であるからである。つまり、極大の陰が太陰なのである。
 故に、ここで、用語を一新しないといけない。そこで、無双原理や一般の陰陽論から太極という用語が候補になるが、私は「太陰」には、母権を見ているので、その意味合いを入れる用語であるべきと考えるので、とりあえず、太玄と呼ぶことにする。【だから、理論名称は太陰氣学(太陰氣行学)から、太玄氣学(太玄氣行学)になる。】
 さて、そのように見ると、氣とは、確かに、陽の氣と陰の氣の二種類あることになるだろう。陽氣と陰氣では、語弊があるので、別の用語を考える必要がある。暫定的に、陽光氣と陰光氣と呼ぶことにする。両者、不可視である。そして、電磁波としての光になって可視化するのである。しかしながら、その光、端的に、日光には、陽光氣と陰光氣が含まれているし、両者の共振作用も含まれていると考えられる。(考えると、三種類の氣が存するだろう。陽光氣と陰光氣といわば陰陽共振氣である。この問題は、別に考えたいが、これも一種の三位一体と言えよう。)
 思うに、私が氣という場合、どうやら、陰の氣と陽の氣との陰陽共振の氣、共振氣を指すように思われる。もっとも、それは、三様態であるが、直観的には、一(いつ)として、感知される。
 そのように氣を捉え直したとき、太玄(これまでの太陰)の力・エネルギーはどう説明できるのだろうか。
 私は、これまで、それをほぼディオニュソスとして捉え、「陽」(これは、上述における氣、三様態の氣である)をアポロと捉えてきたのである。
 上述から、太玄の力・エネルギーは明らかに、氣とは異なるのである。
 氣を創造する根源の力と考えられる。それは、原氣と言えようが、意味的に適切にするために、玄氣と呼びたい。
 つまり、簡単に図示すれば、

玄氣(肚)⇒氣(心頭)⇒(日光⇒)電磁波(生命物質界)

である。(日光の位置が微妙である。これまで、陽=日光としたが、今やそう考えることはできない。日光とは、現象的には、つまり、物質現象的には電磁波であるが、陰陽の三つの氣を超越的に内在していると考えられるのである。)
 初期PS理論で使用したMP(メディア・ポイント)の概念であるが、それも使用でき、それは、そう、わかりやすく言えば、渦巻、渦動の中心点である。あるいは、神話的に言えば、天之御中主神であろう。
 さて、玄氣(肚)であるが、いったい何なのか。大根源点である太玄氣点であり、宗教・霊学的には、太玄氣霊と呼ぶこともできよう。
 ここで、イデアの問題が生じるのである。そう、この大根源点である太玄氣(霊)をイデアと呼ぶことができるだろうか。
 例えば、太玄氣イデアというように。イデアとはエイドスと共通し、結局、原形である。超越的原形ないし超越論的原形である(陰陽は内在的超越であるので、超越的とも超越論的とも形容できよう)。
 直観では、太玄をイデアとは呼べない。イデアと呼べるのは、陰陽部である。陰陽イデアである。
 ならば、太玄は何か。少なくとも、元イデアないし前イデアとは呼べる。
 しかし、形になる前のなんらかの「霊」と思える。そう、「神霊」と言えるかもしれない。
 ここで、先に述べた原意識の図式を考えるのが適切だろう。

* 植物と動物と人間の成形力学について:太陰と陽の陰陽力学? (10/15) http://sophio.blog19.fc2.com/blog-entry-2015.html

* 太陰氣学による宇宙生命体人体生成の仮説:内在する5の数と幾何学:ピュタゴラス派に回帰する (10/13) http://sophio.blog19.fc2.com/blog-entry-2014.html


即ち、

太陰⇒陽

又は、

原意識=太陰(主体)⇄陽(客体)

ないし太陰(主体)∞陽(客体)

である。
 太玄氣学(太玄霊氣行学がいいように思えた)に即せば、


太玄⇒陰陽


原意識=太玄⇄陰陽(氣)

ないし

=太玄∞陰陽(氣)

である。
 思うに、太玄霊を原意識としてもいいだろう。
 先に、原意識を知即存在としたが、それもここにも当てはめられよう。
 とまれ、今の段階では、太玄は、霊力の世界(霊界、神霊界)とし、陰陽は氣の世界(氣界)としておこう。
 では、霊力の世界とは何か。それは、根源的一(いつ)の世界だろう。森羅万象の根源の世界である。氣の世界が諸原形の世界とすれば、それらが一体となった世界である。
 いわば、原原形世界である。
 直観で言えば、未分化多様体である。多様な原形が未分化で融合しているような世界である。一種、混沌界、カオス界と呼べるかもしれない。あるいは、一即多の混融体である。ここで即非の論理を使用できるかもしれない。一即非多である。(追記:あるいは、一即全、一即非全である。)
 そう、また、超陰陽界、超氣界、超イデア界とも言えよう。超プラトンの世界である。
 D.H.ロレンスがダーク・ゴッドと呼んだものはここを指しているように思える。思うに、一神教の唯一神、超越神とは、このダーク・ゴッドの一の様態の特化のように思える。つまり、極陽化である。これについては別稿で検討したい。
 ところで、プラトンのコスモスとロレンスのコスモスであるが、前者は陰陽氣宇宙であり、後者は太玄霊宇宙ではないだろうか。
 まだ、太玄霊については解明が不十分だが、ここで一時留める。

参考:

*
拡大ガウス平面路線VS四元数路線:時空軸一次元+空間二次元VS時・・・

無双PS原理を再度ガウス平面から構築する:時空軸と平面二次元の構成する現象時空三次元体:超ガウスhttp://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11392233889.htmlまた、揺り戻しで、四元数・・・[2012年10月30日]

resurrectionのブログ: JaponAsia Gr・・・

*
オイラーの公式と螺旋:この図を探していたのである

太極をどう捉えるのか:霊的太極と陰陽極性:Ver3.2:陰陽ラセンと電磁波テーマ:無双PS原理ガウス平面いろいろ問題があって、一挙には、解明できない。一つずつ検討して行くしかない。 その一つの問題が太極である。太極とは、ただ一つ・・・[2012年10月30日]

resurrectionのブログ: JaponAsia Gr・・・
*
無双PS原理を再度ガウス平面から構築する:時空軸と平面二次元の構・・・

無双PS原理を再度ガウス平面から構築する:時空軸と平面二次元の構成する現象時空三次元体:超ガウス五次元体の仮説私は、無双PS原理の数学的システムをガウス平面から四元数(しげんすう)=クォータニオンに変えたが、どうも、直観的には、・・・[2012年10月30日]

resurrectionのブログ: JaponAsia Gr・・・
*
霊数としての陰凹と陽凸:根源軸としての陰陽軸、根源平面としての陰・・・

・・・実軸で、立体空間となり、そこに、陰陽三元性が三次元へと展開するのではないのか。 以上はまったくの思いつきに過ぎない。追記4:追記3の考え方だと結局、これまでの、四元数的無双PS原理でいいことになろう。 陰陽が太極点=MPで・・・[2012年10月29日]

resurrectionのブログ: JaponAsia Gr・・・

http://search.ameba.jp/search.html?q=%E7%84%A1%E5%8F%8CPS%E5%8E%9F%E7%90%86&row=10&profileRow=&target=id&aid=neomanichaeism&author=all&start=20

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2013年10月
   
20
   

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:48
昨日:1,171
累計:4,683,422