太陰と「水の主」ノンモ:宇宙の根源は《水》(太陰:母権・女)で、《火》(陽:父権・男)は派生物






[PR]



2013年10月18日(Fri)
太陰と「水の主」ノンモ:宇宙の根源は《水》(太陰:母権・女)で、《火》(陽:父権・男)は派生物
太陰と「水の主」ノンモ:宇宙の根源は《水》(太陰:母権・女)で、《火》(陽:父権・男)は派生物

テーマ:太陰氣学:太陰イデア論:氣=イデア=生命

太陰は水的で、陽が火的で、陰陽調和は火水(かみ=神)?:月(水)と日(火)の一体としての前古代 (10/17)
http://sophio.blog19.fc2.com/blog-entry-2016.html

 先に以上のように、直観的に書いたが、たまたまドゴン族の神話に触れたが、それは、シリウスからやってきたノンモは「水の主」と述べている。検索すると、根源を《水》とする神話等がたくさんあるのに気づいた、今更ながらだが。
 太陰氣学において、根源の太陰を《水》とすると、確かに、うまく、母権と繋がる。
 問題は、太陰を陽=氣とは別に考えていることである。私は、玄氣としている。すると、玄氣=《水》 となる。
 つまり、玄氣=《水》が陽(日)を成形し、陰陽球になるのである。これはほぼ太陽的なものである。しかし、根源は太陰=玄氣=《水》となる。
 だから、思うに、太陰=玄氣=《水》には、『情報』があるのである。根源情報があるのである。直観では霊以前である。元霊である。太陰の魂のようなものである。太陰魂である。《水》に刻印された根源情報=魂である。というか、《水》 がもつ智である。
 なにか、水氣とか呼びたい。あるいは、水氣波、水魂である。
 とまれ、《水》から陽=火=エネルギーが生まれるのである。水母である。比喩的に言えば、海から日が産まれるのである。
 後で、さらに深く検討したい。
 
**************************
27-a7.水の神 ドゴン族神話 - Dynamic DO!.jp
http://bewithgods.ddo.jp/hope/doc20/27-a7.html

27-a7.水の神 ドゴン族神話 ドゴン族の神話を検討すると、現代科学では想像も
できない、知的生命体の進化の歴史が浮かび上がってきます。現在の我々の知って
いる生命の進化は、この知的生命体の双子の進化の後に繰り広げられたのでしたす。
それでは、 ...

目の星は人類の母――天狼星信仰之謎 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/sinagawa50/archive/2005/10?m=l&p=7

タイトル 日付

神島の「ゲーター祭」
2005/10/5(水) 午後 0:37

神と「五十」 (1)
2005/10/4(火) 午後 9:55

神の出行は「遊」なり (1)
2005/10/4(火) 午後 4:15

「伏犠・女媧」と「風姓」
2005/10/4(火) 午後 3:27

龍による天地創造
2005/10/4(火) 午後 3:09

「水の支配者」龍
2005/10/4(火) 午後 2:54

聖徳太子と「まつ」の木 (1)
2005/10/4(火) 午後 0:20

「日神再窟出」の意味とは
2005/10/4(火) 午前 10:29

神と「目」
2005/10/3(月) 午後 8:10

「住吉三神」と「一寸法師」
2005/10/3(月) 午後 6:28

「三重」と「伊勢」
2005/10/3(月) 午後 5:54

神は「魚形」になっています (1)
2005/10/3(月) 午後 1:36


Water(水)

 古代ミーレートスの哲学者たちによれば、水は四大のうちの最初のもの、すなわちギリシア語でアルケーArchê (「万物の母」)と呼ばれるものであった[1] 。水は「霊」を生んだが、霊は一般に男性原理と信じられていた。こういうわけでキリスト教徒が異教徒から取り入れた、洗礼による再生という観念は、水(女性)と霊(男性)の両方を必要としたのであった。洗礼盤は「子宮」 、とくに「マリアの子宮 」と呼ばれたが、マリアという名は古代のすべての「海の女神」の名であった[2] 。たいていの神話は、創造の衝動が最初に生じた場所を、混沌 として「無定形」な、子宮 (生命の源)である海としているが、これは太母(ティアマート 、カーリー 、マ・ヌ、テミスなど)を表していた。こういう太母のイメージは実際には、胎児が経験し、生涯にわたって元型的なイメージとして意識下に記憶され続ける自他の区別(すなわち自己と母親との区別)の欠如に由来するものであった。母親Motherを表す文字M (Ma)は波を表す表意文字であった。

 「神話学者たちが認めるところによれば、女性原理は、中世にキリスト教当局から受けたように、執拗な攻撃を受けると、静かに潜行することが多い。生命が生まれた水の中で、女性原理は男性支配の社会の潜在意識を泳ぎまわり、時折表面にぴょこんと顔を出しては、いまだに男性原理とは相容れないことを見てとる」[3] 。

 「水」と「母親」との間の照応関係は、母性原理が理論上抑圧されていた中世にあっても普遍的であって、錬金術師や他の「哲学者たち」は、霊魂 を創造したのは神ではなく、母なる大地 と母なる海であったと主張している[4] 。女神を祀る神殿は例外なくと言っていいほど、井戸、泉、湖、海と関連をもっていた[5] 。「湖上の貴婦人」とは、中世ドイツの吟遊詩人(ミンネジンガーMinnesinger)たちが崇拝した愛の女神ミンネMinne-アプロディーテー のことで、人魚として姿を現し、「水の性質」をもつと考えられていた。しばしば愛そのものの隠喩として水が用いられた。水と同じく愛は、茶碗状にくぼめた掌の中に入れるように、ゆったりと育む男のもとに留まった。しかし、固く握りしめようとする男からは、愛は流れ去って掌の中には何も残らなかった。そして水は愛と同じく、豊穣性や創造性という生命力には不可欠のものであった。水なくしては、物質界同様、精神界も不毛の砂漠、荒地Waste Land となってしまうであろう。


・・・


〔ドゴン族・バンパラ族〕 これまた、緑色の、神の精液たる水は、ドゴン族の宇宙発生論において、大地 を受胎させて《二双子の英雄 》をもうける(GRIE)。この双子は、腰から上が人間、腰から下がヘビ の形で生まれる。彼らは緑色をしている(GRIE)。

 しかし、豊餞をもたらす生命力である、水のシンボルは、ドゴン族とその隣人バンパラ族の思想において、はるかに先まで進む。というのも、水は神の精液だが、また〈光〉であり〈言葉〉だからである。この再生の御言葉の、主要な神話的アヴァターラ(権化、化身)は、純銅の螺旋である。しかしながら、水と言葉が現実態となって現れ、世界創造 をもたらすのは、もっぱら湿った言葉の形をとってである。この湿った言葉に対立するものとして、顕在的生命のサイクル外にとどまる双子の片割れがいて、こちらをドゴンとバンパラは「乾いた水」と「乾いた言葉」と呼ぶ。乾いた水と乾いた吉言葉は、思想、すなわち人間と神の両面における潜在性を表す。世界の創成の基礎である、湿気の原質を、その内部で誕生させた宇宙の卵 が、形成される以前は、すべての水が乾いていたのである。しかし天界の至高神《アンマ》は、その分身《ノンモ》(湿った水の神で、顕在的生命の指針であり、原理である)を造ったとき、彼が宇宙に与えた境界の外にある、天上界の自分の手もとに、この最初の水の半分をとっておいたので、「乾いた水」が残ったのである。同様にして、表現されない言葉、思想は「乾いた言葉」といわれる。それは潜在的価値しか持たず、子をもうけることはできない。人間の小宇宙にあって、それは本源的思想のレプリカであり、現在の人間の出現以前に、アンマから精霊《ユルグ》によって盗まれた「最初の言葉」である。D・ザーアンにとって(ZAHD)、「自意識なき未分化の言葉」であるこの最初の言葉は、無意識に対応する。それは、夢想の言葉であり、人間の自由にできない言葉である。ユルグの化身であるジャッカルまたは青いキツネは、最初の言葉を盗んだので、無意識の、不可視なものの、したがって未来の(未来は不可視の時間的構成要素にすぎない)鍵を持っている。ドゴン族の、最も重要な占いの体系が、この動物への問いかけに立脚するのは、このためなのである。

 ユルグが、普遍的に無意識のシンボルである、冥界 の火と月 にも結びつけられることを記すのは興味深い(PAUC、ZAHD、GAND)。

 あらゆる現象を2つの範疇(水と火とか、湿気と乾気といった、相対立するシンボルによって支配された2つの範疇)に分ける基本的区分の仕方は、アステカ族の葬儀にかかわる宗礼のうちに、顕著な例証を見出す。他方もろもろの事実の示すところによっても、《天地》は、本来1対なりという観念を伴った、この象徴的二元性のアナロジーは成り立つ。「溺れて死んだり、雷に撃たれて死んだ者、ハンセン病や痛風や水腫にかかって死んだ者のすべて、要するに水と雨の神がこの世から連れ去ることによって、いわば区別した者のすべて」は土葬にされた。それ以外の死者は、すべて火葬にされた(SOUA、 231)。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tiakio/antiGM/water.html

ギリシア神話・伝説ノート
 失われた女神たちの復権

barbaroi.gif
Barbaroi! - kyoto-Inet
古代ギリシャ文学翻訳集。衣食住、武器、船舶などに関する小論文、聖書外典。
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tiakio/

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2013年10月
   
18
   

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:2,923
昨日:632
累計:4,822,061