自然物質と人工物質(化学物質)の違い:氣的物質体と無氣的物質体






[PR]



2013年10月06日(Sun)
自然物質と人工物質(化学物質)の違い:氣的物質体と無氣的物質体
画像は以下を見られたい。
http://sophiology.jugem.jp/?eid=330

自然物質と人工物質(化学物質)の違い:氣的物質体と無氣的物質体

テーマ:農業・食料問題:有氣物質体と無氣物質体

以前述べたことがあるが、ビタミンCを考えると、みかんにあるそれと、人工的なビタミンCでは違うと思われる。
 そう、粗塩と食塩の違いとも似ているだろう。
自然有機体、自然的物質体には、氣があると思うのである。それは、物質より高次元のものであり、それが、生命形成力なのである。しかし、単に物質、人工物質、化学物質には、氣、生命形成力が欠落していると考えられるのである。
 だから、後者を摂取すると、人体は、生命形成的に反応せずに、破壊的に反応するように思えるのである。
 太陰氣学から言えば、人工物質には、太陰氣ないし太陰玄氣が欠落しているのである。そこに、生命形成情報エネルギーがあると考えられるのである。
 つまり、太陰氣(玄氣)があるか否かが、自然的物質体と人工物質体を区別すると言えよう。

なぜ「本物」を食べると消費が抑えられるのか

▽身体の機能を狂わせる物質の氾濫

前項で記載した、砂糖、異性化糖、人工甘味料の害に加え、もはや必要と考えられない食品にまで添加される「食品添加物」、石油製品(食器等)から溶け出す「内分泌かく乱物質」等、このいずれもが、人体はおろか、自然環境にまで有害な影響を与える「化学物質」です。これらは、人間の脳と身体の機能を著しく損傷させるものです。この影響により、これまでに無かった新しい病気の発現を含め、食への欲求内容や吸収、味覚にも影響を与えていることは否めません。また、この節操の無い化学物質の投入は、医療・製薬業界の「消費」を同時に促進させ、周辺ビジネスも賑わっています。化学物質は俗に言う「不安産業」(人間の不安心理につけ込む商売)の主たる創出要因(問題の根)のひとつです。
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1807774.html
大摩邇(おおまに)



作業仮説:ポスト人間主義:太陰玄氣体と処女生殖と不食文化

テーマ:父権物質文明から新母権・新自然文明へ

今日は、小降りの森の中を森氣浴プロムナード。
 森内氣歩は、心身にいい。元気が出てきた。
 
 さて、いろいろ考えがあるが、一言いちばん重要な思いつきを言うと、太陰玄氣体と処女生殖と単独原理と不食文化は一如ではないかということである。それは、ポスト・ヒューマンの文化である。
 とまれ、飯山仙翁の不食主義は画期的である。というか、進化的に革命的である。
 日光、乳酸菌、腸内微生物による生命保持であるが、それは、太陰氣学から見ると、氣的サブ生命体主義である。
 いったい、微生物や乳酸菌は生物において、どう分類されるのだろうか。植物なのか、動物なのか。
 とまれ、この不食生存は、いちおうは、植物型とは言えよう。植物は、日光を浴びて、栄養、エネルギーを作るのであるから。
 植物は食行為を行なっていないだろう。それは、受容行為に過ぎない。
 私の哲学的関心から言うと、不食主義は、太陰玄氣体、処女生殖、単独原理と通じると感じられる。
 今は詳述できないが、直観でそうなのである。
 一言言うと、不食主義は、脱エロス主義である。
 思うに、エロスは少なくとも二種類ある。
 一つは動物エロスである。それは、超陽のオスが陰陽的メスを捕獲するものである。
 もう一つは植物エロスであり、それは、陰陽牽引、陰陽「磁力」であると思う。
 しかし、それに対して、太陰玄氣主義になると自己生殖、つまり、処女生殖すると思われる。つまり、自ら、陽を形成するのであり、そこには、牽引、エロスはないはずである。
 陽や陰陽のもつ欲望がないのであるから、当然、エロスがないと考えられるのである。
 そう、思うに、これこそ、キリストの愛ではないだろうか。
 思うに、不食主義は真のキリスト教なのかもしれない。
 そう、また、社会であるが、もう結婚が不要となる。
 それは、単独的個を単位とした社会となる。それは、単独的共同体である。あるいは、単独的共振体である。
 これは、一つの人類史の終焉であり、新しい人類史、あるいは、ポスト人類史の始まりと考えられる。

追記:書くのを忘れたが、不食主義は、シュタイナーのアントロポロジー(人智学)を越えるものだろう。
 シュタイナーの霊学は、人間、人体中心なのであるが、不食原理は、人体というよりは、微生物、細菌、日光、氣が中心なのであるから、脱人間化していると考えられる。
 シュタイナーを越えたのである。

◆ 2013/10/05(土)     鬼 手 佛 心
日本の鬼は怨みや憤りで鬼にならざるを得なかった祟る(タタル) 鬼だ。餓鬼や鬼女や般若が鬼気迫る怒りの声を絞りだし唸りながら国中を跳梁跋扈するぞ!
日本は、哀しみと憤りの鬼哭が国中に木霊して怨念一色の憤死亡霊列島になる!怨念は末代までも残るぞ。
呪い殺される前に国外逃亡するも地獄の底まで追いかけて呪い殺す!容赦はしない。民族の怨念だからな。
井原鬼祭
岡山県井原町の秋祭は「鬼祭り」と呼ばれ、100匹もの恐ろしい形相の鬼たちが御神幸の先払を務める。まさに百鬼夜行である。今年は 10月27日(日曜)。
鬼手佛心とは、「仏心を以って敢えて鬼となり衆生を救う、誰かを救うために自身を鬼と化して行動を起こさねばならないとしても、心の真は仏の慈悲を以ってなさねばならない」とある。

しかし鷲は…、
「物事をなす時には 鬼のような手を繰りだせ! ただし 仏様の慈悲の心は決して失うな!」と解釈し、自戒しておる。

太陽凝視も、オドオドと恐れながらヤルと、ヤバイ!

何事も…、
失敗したらどーしよう!ケガでもしたら大変だ。太陽光は危険だ!
こんな思いが心中にあると良くない結果になってしまう。失敗する。

逆に…、ヤルからには、思いきってヤル! 鬼のようになってヤル!
成功することを信じ、ひたすら祈り、成功をイメージしながらヤル!

これを、自己実現的予言という。

自己の成功を信じきった予言は当たるのだ。予言どおりになる。

オドオドと失敗をおそれながらコトにあたると、失敗する…。

だから太陽凝視も…、
「太陽光は危険だ。朝晩の太陽光で少しづつ慣らしていこう…」
などというオソレが心中にあると、永遠にヤバイ。

人間、何事も思い切りが大切。でないと、永遠に変われない。
変化し、進歩し、新日本人に進化するために…、鬼手佛心!
鬼の研究
日本の歴史の暗部に生滅した鬼(オニ) 、特に鬼とならざるを得なかった女たちの怨みと情念を鬼気迫る筆力で描ききった名著である。日本人必読。

◆ 2013/10/04(金)2  鷲は鷹になる! 皆の衆も鷲に続け!
変化する爺さん。進化する爺さん。鷹になる 爺さん。
使用前1 使用前2 使用後
左から 2005年(大病後)、2009年 (絶不調期)、2013年(現在)。鷲は「鷹」 になる!
皆の衆。次の文章は、鷲の主張の「総論」を圧縮表現したものだ。
どうか一読し再読し、納得するまで読んで欲しいの蛇。m(__)m

国家や政府が「殺人機関」と化した今、放射能から身を守るサバイバル技術の習得だけが、生き残り(survival)を保証する最後の砦(とりで) だ。

放射能地獄では議論は不要、互いに助けあう者たちが、ひそかに集い、互いに助けあう! 日本人が生き残る道は、自助努力と相互扶助。この二つしかない。

皆の衆、どう蛇ろか?

鷲たちは、いま、逆境のドンづまりにいる! この認識があるかないか? これが生死の分かれ目になるの蛇が…。

いま…、
鷲らは、国家や政府や知識人や医者などには一切たよらず! 自分たちの健康は自分たちで守り、自力で生き抜いていくほかはないのだ!
こういう覚悟はできておるのか?>皆の衆

「311から2年半が過ぎたが、何てコトないじゃん!」 こんな甘い考えでいる者は、あとで必ず泣きをみる!

チェルノブイリやベラルーシでも、3年が過ぎた頃、「大したコトないね!」と皆が思い始めた途端、人がバタバタと死にはじめた…。
これは内部被曝の放射線障害が一挙に出始まったからだ。

しかし! 鷲みたいになれば、牛ー大丈夫蛇。

ガハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!

耐放射能人間 (新日本人) に変身できれば、逆に長生きできるん蛇夜!

どー蛇、分かったかな? 分かったら、鷲に続け!>皆の衆
豆乳ヨーグルト食って、運動で大汗かいて、太陽を凝視 する毎日!
まぁ、三番目の「太陽凝視」は、弱虫にはムリ蛇ろが…

おっと! その前に…、
次にあげる「新日本人(NJ) 」に変身するための参考文ぐらいは、しっかり読んでおいて猪ー大寝!
・ 新日本人(NJ)の生き方のお手本
・ 放射能にする強い耐性をもった新日本人の誕生!
・ 『耐放射能人間』=『新日本人』になる法
・ 『発酵民族=新日本人』の誕生! (1)
・ 『発酵民族=新日本人』の誕生! (2)
・ 「新日本人」をつくる国民運動
・ 噛んで 噛んで 噛んで 噛んだ!
上の文章を読んだら、その場駆け足で大汗かいて、熱い風呂に入り…、入浴後は、すぐに肌着かパジャマを着る! これでまた大汗が出る!

この風呂あがりの大汗が最高のヒートショック療法なの蛇夜!
こんな工夫を積み重ねていけば、必ず新日本人(NJ) に変身できる!
今の駄目な日本なんか忘れて…、新しい日本をつくろうな!

◆ 2013/10/04(金)  凝視して見る太陽は、黒かった…
写真に映る太陽像は 色々様々だ
太陽2 太陽1 太陽3 太陽4 太陽8 太陽5 太陽7 太陽9 太陽6
人間が太陽を直視したとき、太陽はどのように見えるのか?
太陽は凝視すると↓ このように見える
太陽0
太陽凝視! やってみると…、そんなに大騒ぎすることではない!と、すぐに分かる。
びっくりしたのは、太陽が黒っぽく見えること。その涼しげな黒さ!時折、その黒のなかに、それは綺麗な黄金色の光が放たれる…。あれは本物の純金の色だぞ!
そして、これまた綺麗なのは、コロナの色と形と、ゆらぎ。ゆらめき…。
いったい何だ? この美しさは! その美しさは、上の写真のソレに近い。
正直ゆーと、鷲も太陽は直視してはいけない!と思っていた。
だから太陽を直視したことはなかった。

しっかし、ま〜鷲も67歳にもなってから、お天道さま(太陽) を凝視して、お天道さまの形を確認することになろーとは思わんかった…。

それにしても、正午、南国・亜熱帯の志布志の太陽光線は強烈だが、その南国の太陽を凝視する!という冒険は医学常識では御ハットだが、忍者ハットリくんのノリ=忍者は修行でござる! でOKだったw

まぁ医学者や医者は病人や病気だらけの環境にいるので、考え方もヤルことも病的になっているワケで、健康な人たちをさらに健康にしていく発想など全くない。

彼らは、病気の恐さと病気になる恐怖を病院にきたシトに植えつけて、誰彼かまわず患者=病人にしてしまうのが商売。

だっから、日射病だ! 日食網膜症だ! 紫外線に起因する皮膚ガンだ! 紫外線にあたると最悪は死に至るポルフィリン症だ! などと、誰彼かまわず病名を付けて病人にして濃厚治療をし、最終的には殺してしまう…。

太陽に関しても、上と同じだったんだ罠ー。
太陽光線を浴びることは絶対に必要なのに、太陽光線、とくに紫外線は毒だー!毒だ!と、脅かしまくってきた医者と現代医学。この罪は大きい。
早い話…、
ウツは、一日1時間の日光浴を1週間つづければケロッと治る!
ところが、ウツっぽくて眠れない!からと病院へ行くと、向精神薬飲まされて、真性のウツ病にされて、最後は廃人!と。

◆ 2013/10/03(木)2  変身修行にして 人体実験にあらず
炎々と燃える太陽を見つめる 延々と…
太陽1 太陽2
生命力が注ぎこまれる… 奇蹟の予感
太陽1 太陽2
鷲…、ちゃんと目を開けて、太陽を凝視しているでしょ?
医学の常識は…、
肉眼で直接太陽を観測すると日食網膜症 を引き起こし、網膜の火傷や後遺症、失明のリスクがある。
であるから、「太陽凝視」などということは、絶対にやるな!

ところが鷲は…、
無謀にも、無帽でサングラスなし、しかも、南国の正午の太陽を直視し、凝視している。見つめ続けている毎日。
本日も30分の凝視…。

これって、いったい、どーなるのか?
ウィキ&医学常識が勝つのか?
非常識な飯山一郎が負けるか?

そろそろ結論がでる!

それにしても、太陽凝視は気持ちがEー猫!
β-エンドルフィンの気持ちが良くなる効果とメラトニンの睡眠誘導効果で…、いつしか鷲は眠ってしまった。

すると…、
またまた夢のなかにあのインド人があらわれ、こー言った…。

「太陽神秘熱を “眼”の奥に貯めろ!」

どーゆーことなのか?
と、考えつづける鷲の眼の奥が、なにかしら熱い。
が、とても心地よい熱さだ。涼しい熱さ…?

アッ!
これが、あのインド人が言った太陽神秘熱なのか!
たぶん鷲は、新しい日本人 (NJ) に変身できる…鴨。
# 飯山一郎のHP
# 飯山一郎のHP(ミラーサーバー 1)
# 飯山一郎のHP(ミラーサーバー 2)




直観:母権と植物文化(菜食穀食文化)、父権と動物文化(肉食文化):そして、ポスト人間:不食文化

テーマ:父権物質文明から新母権・新自然文明へ

太陰生命氣学は、太陰から陽が生まれたという考えをとっている。これは、一般の太極陰陽論とは異なる。何故なら、それは、太極から陰陽の両極が均衡的に生じたと考えるものであるからである。いわば、陰陽両極はそれなりに対称的である。しかるに、太陰生命氣学(簡単に、太陰氣学)では、陰陽は当然、非対称的である。
 そして、ジェンダーであるが、女性と男性の差異は非対称的と思えるのであり、陰陽の差異ではないと思われるのである。
 つまり、太陰が女性・母権的であり、陽が男性・父権的である。
 そして、前者は植物的、後者は動物的ではないかと思われるのである。
 前者が氣というか、原氣ないし玄氣的であり、後者は光的ないし物質的である。しかし、後者にも氣があるが、それは、物質と結びついていると思う。
 しかし、ジョセフ・キャンベル神話学から見ると、それは単純化である。思うに、陽のない、太陰のみの文化があったように思えるのである。男性のない文化である。
 それは、思うに、飯山一郎氏の説く腸内微生物や乳酸菌の世界ではないだろうか。
 そう、私の言いたいのは、単性生殖、処女生殖の世界である。
 今は思いつきだけを述べて、不整合、齟齬を気にしない。
 とまれ、太陰のみの世界は闇の世界である。光のない世界である。
 そう、物質以前の世界である。霊の世界?
 検討問題として、太陰=母権=植物、陽=父権=動物という非対称の二元論を述べたが、果たして、そう切っていいのか。
 陰陽で母権、そして、超陽で父権ではないのか。これまでは、この考え方である。

追記:単性生殖、処女生殖について、私は考えは混乱している。
 とまれ、以上の着想は、植物的生殖を越えた生殖を念頭においたものである。

1.
単為生殖 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/単為生殖 - キャッシュ - 類似ページ
単為生殖(たんいせいしょく、英語:parthenogenesis)とは、一般には有性生殖する生物
で雌が単独で子を作ることを指す。有性生殖の一形態に含まれる。なお、単為生殖
によって産まれる子の性が、雌のみならば産雌単為生殖(セイヨウタンポポ、増殖中の ...
‎概論 - ‎単為生殖と染色体 - ‎単為生殖を含む生活環 - ‎その他
2.
無性生殖 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/無性生殖 - キャッシュ - 類似ページ
無性生殖(むせいせいしょく)とは、生殖の方法のひとつで、1つの個体が単独で新しい
個体を形成する方法である。生殖細胞が単独で新個体となる。 概要[編集]. 親の体の一
部が独立して新個体になったり、生殖細胞が他の細胞と融合せずに単独で発生や発芽
を ...
3.
ニュース - 動物 - オスがいても“単為生殖”する野生ヘビ - ナショナルジオ ...
www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id... - キャッシュ - 類似ページ
2012年9月19日 ... ニュース - 動物 - オスがいても“単為生殖”する野生ヘビ - ナショナルジオグラフィック
公式日本語サイト(ナショジオ)
4.
単性生殖 とは - コトバンク - Kotobank
kotobank.jp/word/単性生殖 - キャッシュ - 類似ページ
デジタル大辞泉 単性生殖の用語解説 - ⇒単為生殖(たんいせいしょく) ...
5.
単性生殖とは - Weblio辞書
www.weblio.jp/content/単性生殖 - キャッシュ - 類似ページ
単性生殖とは? ⇒単為生殖(たんいせいしよく) >>『三省堂 大辞林』の表記・記号
についての解説を見る.
6.
単為生殖とは - 生物学用語 Weblio辞書
www.weblio.jp/content/単為生殖 - キャッシュ - 類似ページ
単為生殖とは?生物学用語。 雌が雄と関係なしに、単独で新個体を生ずる生殖法。
ミツバチ・ミジンコ・アリマキなどの動物、ドクダミ・シロバナタンポポなどの植物に見
られる。単性生殖。処女生殖。 →人工単為生殖 >>『三省堂 大辞林』の表...
7.
たんせいせいしょく【単性生殖】の意味 - 国語辞書 - goo辞書
dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/140227/m0u/ - 類似ページ
たんせいせいしょく【単性生殖】とは。意味や解説。⇒単為生殖(たんいせいしょく) - goo
辞書は国語、英和、和英、中国語、百科事典等からまとめて探せる辞書検索サービス
です。
8.
無性生殖と有性生殖 - Hi-HO
www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/seishoku1.html - キャッシュ - 類似ページ
生物は、親からもらった特徴を子に伝え、また、長い期間のうちにそのときの環境に
合わせて変化してきました。 現在の地球にはいろいろな生物がいますが、それらがどの
ようにふえ、どのように進化してきたかを考えていきましょう。 遺伝. ネコの子は必ずネコ
...
9.
コモドオオトカゲの単為生殖 [爬虫類・両生類] All About
allabout.co.jp/gm/gc/70185/ - キャッシュ - 類似ページ
ビッグなクリスマスプレゼントが、動物の神様から我々に贈られてきました。世界最大の
トカゲ・コモドドラゴンが、なんとよりによって単為生殖をしている...遺伝の勉強も少し入っ
た記事になっています!
10.
Open ブログ: 人間も単為生殖する?
openblog.meblog.biz/article/2194225.html - キャッシュ - 類似ページ
2010年1月18日 ... 昆虫などの下等生物では、(オスなしで)メスだけで子を生むという「単為生殖」をすること
がある。 ところが人間も同様のことが可能である……と政府が決めるらしい。 ── 人間
も単為生殖する……とういのは、もちろん馬鹿げている。(人間の) ...




聖霊=アクエリアスの時代:水宝瓶の聖霊氣が降り注ぐ大エポック:日本悪霊全体主義体制を打破せよ!

テーマ:父権物質文明から新母権・新自然文明へ

昨日は、1時間足らずで、8888,7777のカーナンバーが2台ずつ現われた。その他、111とかの三つ揃いもいくつかあった。
 また、世界政治におけるオバマとプーチンのいわば盟友の主導権、平和への盟友の行動。
 これは、新しい世界が始まっていることを意味する。
 水瓶座の時代への宇宙(コスモス)の転変である。
 この神霊・宇宙の動きに日本人はポカンと無関心、弥次馬でいいのか。
 何もしなければ、悪霊に滅ぼされる。悪霊政治が今、進んでいるのではないか。




粗塩⇒豆乳洗髪が唯粗塩洗髪よりよい:氣と自然有機体:有氣体(生命物質体)と無氣体(無生命物質体)

テーマ:有機的自然回帰的ライフ・スタイル

今日、粗塩洗髪そして豆乳まぶしで締めた。この方が、やはり、粗塩オンリーよりも、よい。パサつきがなくなるのである。しっとり、髪が収まるのである。豆乳は無調整である。
 これで、育毛養毛となれば、文句ないのであるが。
 もうシャンプーは使えない。
 以前述べたが、自然有機体には、氣があるのであり、無機物、単なる物質は、無氣である。つまり、生命スピリットの有無である。
 物質科学は、自然有機体の氣を見ていないのである。自然を単に物質としてのみ見ているのである。自然の物質を形成しているのは、氣、生命スピリットと思われるのである。この点では、東洋医学は正しいのである。
 太陰生命氣学は、太陰から陽の発生を見ているのであり、この陽が氣である。太陰は原氣(元氣、又は玄氣?)だと思う。(追記:もう少し丁寧に言うと、太陰から陽が形成され、陰陽球が生まれる。この陰陽球を氣と見るのがいいのかもしれない。そして、陰陽球の外側が光や物質である。そう、有機的物質というのか、氣的物質である。)
 ところで、『宇宙生命論』

宇宙生命論/ナチュラルスピリット
¥1,260
Amazon.co.jp


であるが、粗略、粗雑な記述であり、発想としては、使えるが、もっと緻密な説明が必要である。ヒントとしてはとても興味深いのであるが、ちょっとトンデモ系である。





   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2013年10月
   
6
   

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:137
昨日:903
累計:4,748,555