What is light?:光とは何か?:陽・光が個原理で、陰・闇は全体で自我の原理なのか?






[PR]



2013年06月02日(Sun)
What is light?:光とは何か?:陽・光が個原理で、陰・闇は全体で自我の原理なのか?
テーマ:不連続的陰陽ヴィデア論:イデア=エイドス

今、新陰陽ヴィデア論(陰が本体で、陽は派生物)に立って、論じているが、太一(太極)=太陰ということになり、女性・母権の根源がこれでわかった。(それは、物理的には、穴のようなものなのだろうか。今の段階では、点・ポイントと見ているが、穴という見方もできよう。これは検討課題である。)
 根源は闇、太闇である。それが中心で、そこから、円が生まれ、円周は陽、光である。
 ジェンダー的に言うと、女性は闇であり、男性は光である。この闇と光には善悪はない。異質な価値があるだけである。
 とまれ、女性を闇と見ることで、女性の存在の謎が解明するだろう。男性は光の視点から女性を認識しようとするが、闇を光は知らないのである。
 逆もそうである。女性の闇の視点から男性を認識しようとするが、光を闇は知らないのである。
 しかし、闇が光を産むのである。処女生殖が本来的なのがわかる。アルテミス、処女神アテナ、聖母マリア。
 根源を陰=闇として、存在の謎がかなり判明したが、逆に、光=陽がいったい何であるのかが今や問題である。
 直観では、闇の反転が光である。しかし、光は光の意味があると考えられる。
 闇の反転としての光と言ったが、闇から光が飛び出すとも言える。
 とまれ、闇にとり、光の誕生は最高の奇蹟だったに違いない。闇は光を必要にした。
 闇を母親にすると、光は子である。(キリスト教の父と子であるが、父は本来は母である。キリスト教ないし一神教のジェンダー転換については検討問題である。)
 思うに、ヘーゲル哲学的になるが、内在していたものの外化が光の発生ではないだろうか。闇の中に光が内在していたということになる。女性の中に男性が存在していたということにもなろう。(アダムのあばら骨からのイヴの誕生は逆であろう。)
 次のようにイメージしよう。原初期、陰=闇の中に陽=光が閉じ込められている。この内なる陽=光が表面化、外化するときがある。これが、陰陽分化のように思える。そして、それから、陰陽共振で螺旋生命現象が発生するのではないだろうか。
 とまれ、陰=闇の内なる陽=光がポイントとなるだろう。闇の中の光である。しかし、それを表面化・外化するときが現象化である。ギリシア神話で言えば、ディオニュソスからのアポロの誕生である。
 ここで、セクシュアリティについて言えば、陰=闇と陽=光の分極化からの再合一化が性交と考えられる。陰=闇は陽=光を再び内在化せんとするのである。また、陽=光は陰=闇の内部へと回帰せんとするのである。これは、精神的にはイデア界への回帰である。プラトンのエロースである。
 さて、本題の光とは何かである。それは、個の原理ではないのか。個核、個点、個子ではないのか。
 陰=闇は宇宙全体、コスモスである。それに対して、光=陽は個原理ではないのか。
 私は不連続的差異論の段階で、知即存在ということを言ったが、この光・陽を内在する闇・陰がそれだと思われる。
 わかりやすく言えば、卵を考えればいいのである。黄身が光であり、それを包むものが闇である。
 以上のようにざっと見て、光=陽=男性の働きの意味がわかってきた。それは、個原理である。女性は全体原理である。
 陽根・男根の役割は、個原理を全体原理にもたらすことではないだろうか。(これは思いつき程度である。)
 とまれ、性とは、個即全体の原理を意味するのではないだろうか。これは、個即非全体ということでもある。
 個は個であり、また、全体であるということである。
 そう、光球をイメージするといい。表面は光であり、それが、個である。しかし、内部や闇であり全体である。しかしながら、闇の中心には原光があるのではないだろうか。
 そう、陰・闇は自我の原理となり、陽・光が個の原理、これは、実は他者の原理ではないだろうか。キリスト原理はこれだろう。
 私は陽・光が自我をもたらす考えてきたが、陰・闇が自我をもたらし、陽・光は個=他者をもたらすのではないだろうか。
 これは後で熟考したい。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2013年6月
           
2
           

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:760
昨日:414
累計:4,628,296