水とは何か:水とMedia Point:火星のオパールと水






[PR]



2008年10月30日(Thu)
水とは何か:水とMedia Point:火星のオパールと水
水とは何か。これは、宗教・神話的にも重要な根源要素である。以下、wikipediaの説明は興味深い。三態が共存する水の三重点があるというのである。これは、直感では、Media Point的である。
 今は、水はMedia Pointと密接に関係していると予見しておきたい。

@@@@@@@@@@@@@@@

写真オパールを含む鉱石が露出している火星の地表(白破線内の白っぽい部分)=NASA、アリゾナ大など提供

 【ワシントン=勝田敏彦】米航空宇宙局(NASA)は28日、火星を周回中の探査機マーズ・リコネサンス・オービター(MRO)が火星の赤道付近を横切るマリネリス峡谷のへりなどでオパールが地表に露出しているのを見つけた、と発表した。

 火星表面で反射されてくる太陽光の色を分析し、鉱物の種類を特定した。オパールは、鉱物が液体の水に接触してできる水和物と呼ばれる物質の一種で、液体の水の存在の証拠とされる。見つかったオパールは20億年ほど前のものとみられ、火星にはそのころまで液体の水があったことになる。

参考:


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション , 検索
曖昧さ回避 この項目ではH2Oについて記述しています。漢字の部首については水部 をご覧ください。

水(みず)は、化学的には化学式 H2O で表される水素 と酸素 の化合物 。
水面から跳ね返っていく水滴
海水

常温 常圧 では無味、無臭、ごくわずかに青緑色(一般的には『無色』として扱われるが厳密には誤り)を呈す透明 の液体 である。地球 表面、特に海洋 に豊富に存在する。生物 の生存、日常生活をはじめ、工業や医療などに不可欠であり、人類 にとって最も身近な物質 である。人体 の60%から70%程度が水である。この様に身近である水だが、宇宙全体から見ると液体の水として存在している量は少ない。

固体 は氷 、液体は水、気体 は水蒸気 と呼ばれる。温度の高い液体の水を湯(ゆ)と言い、特に温度の高いものを熱湯(ねっとう)と言う。理・工学的な分野では熱水(ねっすい)という語も用いられる。
物理的性質
水の三態 273.16 K、610.6 Paでは三態が共存する。この温度を水の三重点と呼ぶ

常温 、大気圧 下で僅かに青緑色を呈す透明な液体 。1気圧の大気圧 下での沸点 は約100 °C (より正確には99.9839 °C )、融点 は0 °C (実際には99.9839 °C 以下の水蒸気 も、0 °C 以下の水も存在する)。3.98 °C のとき最も比重 が大きく、固体 は液体 より比重 が小さい(通常気圧において、氷の比重は0.9168 である)。そのため固体である氷 は液体の水に浮き、氷に圧力 をかけると融ける。これは多くの他の分子 とは異なる水の特性であり、水分子 間での水素結合 によるものである。液体の状態では 10−7 (mol/L) (25 °C) が電離 し、水素イオン (正確にはオキソニウムイオン )と水酸化物イオン となっている。一般に無色透明と言われる場合が多いが実際にはこの電離したイオンの関係でごく僅かな青緑色を呈す。

沸点 と融点 が100 °C と0 °C というきりのいい数値であるのは、水の性質を基準として摂氏 での温度の目盛りが定義されたためである。また、4 °C のときの1cm3あたりの質量 を基準に1g(グラム )を定義したり、1gの水の温度 を1K(1 °C の温度差)上げるのに必要な熱量 を1cal(カロリー )と定めたりするなど、単位の基準に使われることが多かったが、不純物の存在による不正確さに加え、たとえば 1gを求める場合には、体積 、圧力 、温度 を規定しないと正しい重量 が得られないという本質的な精度 の問題があるため(キログラム を参照)、近年では一意に求めることができる水の三重点 が1Kの基準となるのを除けば、基準としての役割はほとんどなくなっている。

前述の通り、水は液体の方が固体よりも体積が小さい異常液体の1種としても知られる。氷が融解して水になると、その体積は約11分の1減少する。詳細については氷 の項も参照。

水は比熱容量 が非常に大きいことでも知られる。反磁性 の性質を示す代表的な物質でもある。強力な磁界に晒された水はそこから逃れるように動くことが知られており、旧約聖書 の逸話にちなみこの現象を「モーゼ 効果」と呼ぶ。

また、水はマイクロ波 なども吸収しやすく、電子レンジ はそれを利用して加熱をしている。[要出典 ]

天然の水には、僅かに重水 が含まれている。

http://ja.wikipedia.org/
wiki/%E6%B0%B4

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年10月
     
30  

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:214
昨日:657
累計:4,954,060