INNOVATION OF PHILOSOPHY: GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience - 2014/07

GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience:思えば、2004年9月「海舌」氏とブログ上で遭遇し、不連続的差異論が誕生しました。その後、仮説・理論は紆余曲折的に変転しました。現時点2015年では理論名はGP陰陽哲理学です。




[PR]



2014年07月30日(Wed)▲ページの先頭へ
両界曼荼羅方程式:凹I*凸I⇒凹i*凸i⇒±1=±jkl
両界曼荼羅方程式:凹I*凸I⇒凹i*凸i⇒±1=±jkl

テーマ:PS陰陽論:ガウス平面と陰陽論の統合

先に以下のように述べたが、四元数(しげんすう)の虚数は、i, j, kの換わりに、j, k, lにすればいいだろう。
 だから、

両界曼荼羅方程式:凹I*凸I⇒凹i*凸i⇒±1=±jkl

となる。

凹i*凸i⇒±1=±lmn:陰陽極性=虚数=時間は原点で実数=四元数的三次元空間を発現する (07/23)

追記:四元数の基本式は、i^2=j^2=k^2=ijk=-1 である。
上記の場合にあてはめると、

i^2=j^2=k^2=l^2=jkl=-1  ・・・ A

となるだろうか。しかし、次のようにならないか。

 i^2=j^2=k^2=l^2=ijkl=-1 ・・・ B

こうなると、いわば、五元数である。
しかし、Bはないのではないだろうか。
 では、Aの場合、i,j,l,lの関係はどうなるのか。
 単純に、i=√jkl となる。
 これは、氣と現象(三次元空間現象)の関係ではないだろうか。言い換えると、時間iが現象に通じているということではないだろうか。
 しかし、時間iは、ガウス平面の虚軸にあり、超越でもある。
 では、四元数の虚数j, k, lは何を意味するのか。
Iを超虚数とした。ならば、iは大虚数ではないか。そして、j, k, lが虚数。
 用語を整理すれば、Iが大虚数、iが中虚数、j, k, lが小虚数にした方がいいのでは。
 今の曼荼羅方程式に行く前、次のように述べた。

引用開始

*************

i^2 = j^2 = k^2 = ijk = -1

この四元数の基本式において、三つの虚数i, j, kであるが、これは、実は、陰陽極性凹i*凸iが⇒において、仮に、±ijkに変容し、そして、結局、±ijk⇒±1になるということではないだろうか。まとめると、

凹i*凸i⇒±ijk⇒±1

ということになる。
 言い換えると、凹i*凸i⇒±1の⇒には、⇒±ijkが内在しているということになる。
 とまれ、±ijkとは、三次元空間の言わば、原型(プロトタイプ)であり、まだ、物理的三次元空間にはなっていないと思われる。
 三次元空間として、現象するには、±1になる必要があるだろう。

************

引用終了

その中の

凹i*凸i⇒±ijk⇒±1

この方程式がいいのではないだろうか。
 陰陽ガウス平面の原点又は、MP(Media Point)に±ijkつまり、今の言い方では、±jklが存するのではないだろうか。
 次元転換点に±jklが存するということである。
 そうならば、

凹i*凸i⇒±jkl⇒±1

となる。
 そうならば、三次元空間現象とは、虚軸と実軸の交叉点に存するということではないのか。
 氣であり、身体であるということである。
 そう、実軸が身体、生命体、生命物質体である。
 でも、原点の中に、三次元空間が内在することになる!
 原点を球と見たらどうだろうか。
 今は、問題提起に留める。

追記2:やはり、±jklは原点・次元変換点内の三次元空間のプロトタイプ・原型を見た方がいいように思える。
 三次元空間は、陰陽ガウス平面とは、別に形成されるということになる。
 難しくなってきた。後で整理したい。
 
追記3:以前、実軸、とりわけ、+1を天地軸と見た。そして、そのとき、三次元現象とは、それを基軸として、それに螺旋を描くように形成されると考えた。
 この螺旋において、三次元空間を見たのである。
 ベースは、陰陽である。虚軸の陰陽である。
 では、そのとき、螺旋方程式はどうなるのか。
 
追記4:天地軸を考えると、複雑になるので、おいておく。
 結局、三次元空間が原点を中心に発現すると見ればいいと思う。
 三次元空間の原型・プロトタイプは、原点にあってもいいだろう。それが、現象すると見ればいいのだろう。
 思うに、陰陽ガウス平面の実軸を三次元空間と見るべきなのかもしれない。
 そう、簡単に、虚軸=氣=時間であり、実軸=自然=空間(三次元)でいいのではないだろうか。
 そう、原点を中心に実軸は、四元数的空間を形成するとすればいいのではないだろうか。これも、作図が難しいが。
 ならば、結局、大虚数の精神・霊界の大虚数軸があり、そして、中虚数の氣・生命界の虚数軸があり、そして、小虚数と実数の現象・三次元物質体の小虚数軸と実軸があることになる。
 大虚数界の一次元、中虚数界の一次元、プラス、小虚数界の三次元、実数の一次元の計6次元となる。

追記5:そうすると、実軸、実数とは何なのか。
 以前、kaisetsu氏が言ったように、光かもしれない。あるいは、時間?
 時間を虚軸の氣に見るなら、実軸は時間ではない。やはり、光の方がいいだろう。
 虚軸、虚数は、氣のままである。いわば、ダーク・サンdark sunである。
 ならば、実軸は、光軸、日光軸となる。同時に、天地軸かもしれない。(そうならば、三次元空間の一次元と天地軸は重なって見られるのかもしれない。そして、他の二次元は、球の表面ではないだろうか。)

追記6:ひょっとして、天地軸は、虚軸(中虚数軸)かもしれない。つまり、氣の軸、氣軸である。そして、実軸が三次元空間である。あるいは、現象軸である。これが、同時に、四元数で表記されるということではないだろうか。
 しかし、対称性を考えると、上記したように、実軸が天地軸、そして、それを基軸にして、螺旋的三次元空間を見るのが妥当である。
 そうならば、空間とは、三次元ではなく、四次元であろう。
 時空五次元となる。
 空間を三次元とみるのは、物質的視点ではないだろうか。生命的視点では、空間四次元ではないだろうか。

追記7:思うに、天地軸は、実軸でいいかもしれない。そして、それ以外の三次元空間であるが、その内の一次元が天地軸に重なるということではないだろうか。三次元を、j, k, lとすれば、実軸=天地軸がjになったり、kになったり、lになったりするのではないだろうか。より正確に言えば、それらの中間もあるだろう。
 直観では、垂直は水平に変換されるのである。


2014年07月23日(Wed)▲ページの先頭へ
凹i*凸i⇒±1=±lmn:陰陽極性=虚数=時間は原点で実数=四元数的三次元空間を発現する
凹i*凸i⇒±1=±lmn:陰陽極性=虚数=時間は原点で実数=四元数的三次元空間を発現する

テーマ:PS陰陽論:ガウス平面と陰陽論の統合

陰陽方程式凹i*凸i⇒±1において(今は、両界曼荼羅方程式はおいておく)、左辺凹i*凸iの陰陽極性は、時間を意味し、そして、右辺の±1の実数極性は、空間、三次元空間を意味するのではないだろうか。
 次元転換を意味する⇒であるが、そこにおいて、時間が空間を形成する力学がはたらくのであるが、それは、思うに、四元数(しげんすう:四元数 - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%85%83%E6%95%B0)で記述できるのではないだろうか。

i^2 = j^2 = k^2 = ijk = -1

この四元数の基本式において、三つの虚数i, j, kであるが、これは、実は、陰陽極性凹i*凸iが⇒において、仮に、±ijkに変容し、そして、結局、±ijk⇒±1になるということではないだろうか。まとめると、

凹i*凸i⇒±ijk⇒±1

ということになる。
 言い換えると、凹i*凸i⇒±1の⇒には、⇒±ijkが内在しているということになる。
 とまれ、±ijkとは、三次元空間の言わば、原型(プロトタイプ)であり、まだ、物理的三次元空間にはなっていないと思われる。
 三次元空間として、現象するには、±1になる必要があるだろう。

否、今、ふと想起したことであるが、以上のようではなく、

凹i*凸i⇒±1=±ijk

が正しいのではないか。
 つまり、右辺の±1=±ijkは、正に、物理的三次元空間現象を意味しているのではないだろうか。
 そう、左辺凹i*凸iの陰陽極性が時間であり、右辺の±1=±ijkを空間(三次元空間)と読むのである。
 ポイントは、現象において、左辺凹i*凸iの陰陽極性=時間が当然、作用・活動していることである。それが、三次元空間現象の生成消滅を発動させていると考えられるからである。
 すると、陰陽極性凹i*凸i=時間であるが、これは、現象、三次元空間現象において、内在し、且つ、超越して、存在すると言えよう。つまり、陰陽極性凹i*凸i=時間とは、内在超越的存在であるということである。 
 このように見ると、時間と空間の哲学・科学的問題が解明されるのではないだろうか。
 そう、ハイデガーの存在論も、これで、説明できよう。ハイデガーの難解な『存在と時間』であるが、以上のように、陰陽極性凹i*凸iを時間存在すれば、そして、±1=±ijkを空間存在とし、それに、時間存在が内在超越すると見れば、世界内存在も明快になろう。これについては、別に論じたいが。
 そして、また、氣学、氣論もより哲学=科学的に解明されるだろう。つまり、氣の本質は時間存在であり、それは、空間現象するということである。そして、その空間現象、あるいは、時間空間現象とは、自然現象であり、それは、根本的には、生命現象であるということになる。
 最後に、先に仮説した両界曼荼羅方程式凹I*凸I⇒凹i*凸i⇒±1であるが、それは、上記から以下のように書き換えられる。

凹I*凸I⇒凹i*凸i⇒±1=±ijk

である。
 そう、精神・霊極性凹I*凸Iの精神・霊(スピリット)であるが、それも、現象しているのであるから、やはり、内在超越存在である。つまり、存在とは、二つの存在があるのである。
 精神・霊存在と氣的生命時間存在である。
 思うに、精神・霊存在と時間存在の関係はどうなるのだろうか。
 両界曼荼羅方程式から、精神・霊存在が時間存在を形成するのであるから、精神・霊存在とは、超時間存在である。
 超時間存在とは、何だろうか。
 それは、原時間、元時間である。つまり、非時間である。つまり、永遠である。精神・霊界は、永遠界である。

追記:±1=±ijkであるが、右辺は三次元空間であるが、左辺は物理的極性を意味しているのではないだろうか。電気の±極性であり、磁気のNS極性ではないだろうか。

追記2:虚数の表記が混乱している。陰陽極性の凹i*凸iと四元数のi, j, kのiが同じになっている。
 これは、陰陽極性の虚数を訂正して、Iにすれば、いいだろう。即ち、凹I*凸Iである。
 すると、玉突きで、精神・霊極性の超虚数であるが、これまで、Iにしたが、永遠のeternityから、Eか、あるいは、Iより以前のHにするか、あるいは、最初のαにするか、等である。
 とりあえず、αにしよう。すると、両界曼荼羅方程式は、

凹α*凸α⇒凹I*凸I⇒±1=±ijk

となる。
 しかし、ijkを変えてもいいのである。すなわち、ijkをlmnにするのである。すると、

凹I*凸I⇒凹i*凸i⇒±1=±lmn

となる。


2014年07月20日(Sun)▲ページの先頭へ
空海の両界曼荼羅:精神・霊的陰陽界と自然・生命的陰陽界の結合宇宙?
画像は以下を見られたい。
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11897083068.html

空海の両界曼荼羅:精神・霊的陰陽界と自然・生命的陰陽界の結合宇宙?

テーマ:PS陰陽論:ガウス平面と陰陽論の統合

先に以下のように述べたが、ふと、二つの氣ないし二つの陰陽を結合させたものが、空海の両界曼陀羅ではないかと思った。
 結合点(=こころ)は、PS理論ガウス平面の原点、即ち、Media Point(MP)になろう。
 これは、だいぶ以前、直交座標で考えたことがある。
 ガウス平面に直交する超越軸、Z軸を作るのである。これが、精神・霊界軸である。そして、ガウス平面の虚軸はこれまで通り、自然・生命軸、氣軸、ないしエーテル軸である。そして、実軸が、身体、有機体軸である。
 とまれ、ざっと述べると、精神・霊軸をいわば、超虚軸として、超虚数として、Iとする。そして、虚軸の虚数はこれまで通り、iである。

 凸I*凹I⇒凸i*凹i⇒±1

これが、精神・霊界+生命・氣界=両界曼陀羅の暫定的方程式である。
 そう、金剛界が精神・霊界であり、胎蔵界が生命・氣界である。
 今は、ざっとの指摘で留める。

追記:思えば、このZ軸=超越軸の形成によって、不連続的差異論そしてPS理論の共同創造者のKaisetsu氏と別離・断絶したと言えるのである。
 そう、Z軸=超越軸=精神・霊軸を、物質科学志向のKaisetsu氏は、忌避・拒絶したと考えられるのである。

追記2:超虚数Iであるが、それは自乗すると、虚数iになるように思う。
 I^2=i
である。
 とまれ、超虚数=精神・霊であり、その自乗が生命・自然氣になるということである。
 しかし、超虚数においても、超陽の凸Iと超陰の凹Iがあり、前者が優位だと、凸I*凹I=凹i
になるのではないだろうか。
 後者が優位だと凸I*凹I=凸iになると思われる。
そして、虚軸において、凸iと凹iは極性を帯び、凸i*凹iになると考えられる。
 陰陽方程式の凸i*凹i⇒±1であるが、
±1は、これは、物質的極性を帯びると思う。つまり、+と−、NとSである。しかし、これは、陰陽極性ではない。物質極性である。

参照1:
無双PS原理「逆」ガウス平面に直交する超越軸z軸を ... - アメーバブログ


< 無双PS原理「逆」ガウス平面:Ver2.1>

                   虚軸y軸:陰・凹i・光子・天
                                /
       超越軸z軸:超太極・霊界       /
               |           /
               |         /
               |       /
                 |     /
               |   /
               | /
−1___太極・原気・MP・胸・母権___+1実軸x軸
無気物質        /|              有気物質
「自我」       /   |              「個」 
          /    |
        /       |    
      /        |
    /          |
陽・凸i・重力子・地

http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11316504262.html

参照2:
両界曼荼羅 - ZAQ
www.sakai.zaq.ne.jp/piicats/mandara2.htm


* キャッシュ
* 類似ページ

両界曼荼羅 曼荼羅のおしえ─祈りと悟りの造形に学ぶ─ 小林暢善 http://www.ermjp.
com/bukyou/manda/oshie/oshie.html 密教の教義として大日如来を中心として諸尊を
配置し図に示したもので、 胎蔵界曼荼羅と金剛界曼荼羅をあわせて両界曼荼羅(両部 ...

胎蔵界曼荼羅と金剛界曼荼羅
www.bell.jp/pancho/k_diary-5/mandara.htm


* キャッシュ
* 類似ページ

曼荼羅(まんだら)は、サンスクリット語のmandalaの音写したもので、本来の意味は”
本質、中心、精髄などを持つもの”を表し、仏教では、仏の悟りとその世界を意味する。
特に密教 ... 金剛界曼荼羅」と合わせて「両界曼荼羅」と併称される。 □ 大日経は7世紀
の ...

東寺 - 立体曼荼羅 / 3D Mandala
www.toji.or.jp/mandala.shtml


* キャッシュ
* 類似ページ

その教えを、視覚的に表した羯磨曼荼羅(かつままんだら)、いわゆる立体曼荼羅(りっ
たいまんだら)は、弘法大師空海の手によるものです。 曼荼羅を ... 左・国宝 両界曼荼羅
図 金剛界曼荼羅 平安時代 右・国宝 両界曼荼羅図 胎蔵界曼荼羅 平安時代. 密教の ...

こころは氣より上位にあるのか:精神・霊的氣と生命・植物的氣:精神・霊的陰陽と生命・植物的陰陽

先に以下のように述べたが、やはり、シュタイナーの考えの方が正しいのかもしれない。氣より、上位にこころがあり、また、自我があるのかもしれない。
 思うに、私が氣というとき、それは、こころとほぼ一致するのである。
 そう、私はこころで氣を感じているのである。
 言い換えると、自我(極陽)と魂(極陰)の調和点であるこころで、氣を感じているのである。
 でも、自我と魂を広義の氣と見ることは可能だろう。
 そう、宇宙の大陰陽があり、それが、自我や魂、そして、氣を形成していると言えるのかもしれない。
 そうならば、それは、精神的氣、霊的氣であり、いわゆる、植物的氣、生命的氣とは異なることになる。

追記:現代日本の精神・霊の危機・破局は、魂の情感の未成熟にある。唯物論的自我(父権自我)によって、魂(大陰)が抑圧されて、未形成なのである。




こころは氣より上位にあるのか:精神・霊的氣と生命・植物的氣:精神・霊的陰陽と生命・植物的陰陽

テーマ:霊学:シュタイナー精神学

先に以下のように述べたが、やはり、シュタイナーの考えの方が正しいのかもしれない。氣より、上位にこころがあり、また、自我があるのかもしれない。
 思うに、私が氣というとき、それは、こころとほぼ一致するのである。
 そう、私はこころで氣を感じているのである。
 言い換えると、自我(極陽)と魂(極陰)の調和点であるこころで、氣を感じているのである。
 でも、自我と魂を広義の氣と見ることは可能だろう。
 そう、宇宙の大陰陽があり、それが、自我や魂、そして、氣を形成していると言えるのかもしれない。
 そうならば、それは、精神的氣、霊的氣であり、いわゆる、植物的氣、生命的氣とは異なることになる。

追記:現代日本の精神・霊の危機・破局は、魂の情感の未成熟にある。唯物論的自我(父権自我)によって、魂(大陰)が抑圧されて、未形成なのである。

こころと氣

テーマ:PS陰陽論:ガウス平面と陰陽論の統合

最近は多忙と疲労で、理論的考察をしていないが、本件の関係が気になったので、少し触れたい。
 私は基本的に陰陽論にこころ、気持ち、感情、心情、情感、魂等を入れている。
 しかし、先に、デカルト哲学、心身二元論を批判して、こころと物質(正しくは、身体)を繋いでいるのは、氣であると述べた。
 そうならば、こころと氣は別である。
 昨日も、違うのではと感じた。
 シュタイナーは、氣をエーテル(体)、感情をアストラル体と呼んでいる。区別しているのである。前者が植物に、後者が動物に関わるのである。
 植物にこころがあるのか。
 仮説では、植物は陰陽調和の生命体であり、陰陽調和とは、「こころ」なのである。いわば、生命の「こころ」である。
 やはり、理論的に、氣とこころを別にしたくない。陰陽論から、氣、こころ、自我を説明したいのであるし、これまでそうしてきたのである。
 つまり、氣の発展として、こころや自我を私は捉えているのである。氣の質的変化したものが、こころや自我ないし自己なのである。
 ここで、シュタイナーと別れるのである。
 氣=エーテル体以外に、アストラル体=感情・欲望体、そして、自我体をシュタイナーは唱えているのである。
 アストラル体では、獣帯、黄道十二宮が関係するのである。これを氣の理論はどう説明するのか。十二支と関係しよう。
 直感では、氣・陰陽論で、獣帯、黄道十二宮、あるいは、占星術は説明できるように思うのである。
 これについては、別のときに検討したい。

参考:
癌腫はエーテル体と物質体の関係から生まれる。 | シュタイナーから ...
2006年9月16日 ... 端的にいえば、人間を夜空に輝く1つの星の輝き、発光体としているのである。自我は、発光を点じるところ、つまり火をつける部分で、アストラル体は、火を伝播するもので、魂と呼んでいる。魂を火の玉と呼ぶのはこの自我とアストラル体を意味し ...
plaza.rakuten.co.jp
plaza.rakuten.co.jp/5dolphin/diary/200609160000/
Google からクリップ - 7/2014
東洋哲学に関連するシュタイナーの言葉その20 | シュタイナーから ...
plaza.rakuten.co.jp
plaza.rakuten.co.jp/5dolphin/diary/201101260000/

東洋哲学に関連するシュタイナーの言葉その20 | シュタイナーから ...
2011年1月26日 ... 古代アトランティス時代、古代レムリア時代をイメージしてみる。そして、更に人間の未来をイメージしてみる。 人間は肉体、エーテル体、アストラル体、自我を(高次の存在から)受けとってきた。そして今、自我により、アストラル体、エーテル体、 ...
plaza.rakuten.co.jp
plaza.rakuten.co.jp/5dolphin/diary/201101260000/
Google からクリップ - 7/2014
2009年07月27日の記事 | シュタイナーから読み解く神秘学入門 - 楽天 ...
plaza.rakuten.co.jp
plaza.rakuten.co.jp/5dolphin/diary/20090727/

2009年07月27日の記事 | シュタイナーから読み解く神秘学入門 - 楽天 ...
2009年7月27日 ... 痛みとは、自我とアストラル体が、物質体とエーテル体から後退することに他ならない、勿論、この事からエーテル体の後退とも結びつくことがある。しかし、痛覚の本質は、何と言ってもアストラル体と自我のなかにある。器官の不具合の場合、 ...
plaza.rakuten.co.jp
plaza.rakuten.co.jp/5dolphin/diary/20090727/
Google からクリップ - 7/2014
シュタイナーの人智学的医術その532 - 楽天ブログ - 楽天市場
plaza.rakuten.co.jp
plaza.rakuten.co.jp/5dolphin/diary/201109290000/

シュタイナーの人智学的医術その532 - 楽天ブログ - 楽天市場
2011年9月29日 ... さて、人間の中で生じた4つのズレ、もしくは不整合のはじまりを調べてみる。 はじめに生じた乱れは、自我のアストラル体に対する卓越性と呼べる利己主義にあったことは確かである。 人間に対するルシファーの影響全ては、この乱れ、つまり ...
plaza.rakuten.co.jp
plaza.rakuten.co.jp/5dolphin/diary/201109290000/


2014年07月13日(Sun)▲ページの先頭へ
お知らせ:多忙なため、ブログを休止しています
以下のホームブログでは、更新をしています。
http://ameblo.jp/neomanichaeism


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2014年7月
   
   

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:32
昨日:882
累計:4,649,542