INNOVATION OF PHILOSOPHY: GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience - 2013/10/28

GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience:思えば、2004年9月「海舌」氏とブログ上で遭遇し、不連続的差異論が誕生しました。その後、仮説・理論は紆余曲折的に変転しました。現時点2015年では理論名はGP陰陽哲理学です。




[PR]



2013年10月28日(Mon)▲ページの先頭へ
耳のある者は聴くがいい:外国語の憶え方を発見する!:反芻咀嚼リズム記憶法:氣憶術伝授
耳のある者は聴くがいい:外国語の憶え方を発見する!:反芻咀嚼リズム記憶法:氣憶術伝授

テーマ:日本復活の新福音:吉祥、朗報、吉報

今日も1時間半ほど、森氣欲歩動を行う。ボランティアの小道掃除もいつものように行う。季節的に気持ちがよい気温である。
 森の小道に脇に作ってある、丸太を置いた小さな休憩場所があり、そこで、語学書を取り出して、学習を続けた。
 同じテキストをもう四度くらいになると思うが、使用している。なかなか語学学習の時間が取れないが、できるだけ暇を見て、行うことにしている。
 先ず、前置きとして、昨日の食事について述べよう。これが、語学新学習法に繋がるのであるから。
 パワースポットと思われるスーパーで半額で買った胡桃パンであるが、一袋三つ入っている。
 先に食べ過ぎかと思ったが、一食で三つとも食べてしまった。
 昨日、森の中で、咀嚼して、一口最低50回噛んで食べた。そうしたら、二つで済み、一つ残ったのである(今、それを食べたところだが)。
 小食にもなり、吸収にもいい。
 ところで、本題だが、なかなか憶えられずに、なんとかいい憶えられる方法はないかと考えた。
 そこで、ふと、咀嚼・反芻食事を思い出し、五十回音読すれば、定着するのではないかと思って、実際やってみたのである。
 左手で、指を折って、音読数を数えたのである。五十回、少し退屈かもしれないが、すぐである。
 その結果は、記憶にかなり残ることが判明した。
これだと思った! エウレカ!である。
 五十回咀嚼するのをヒントに五十回同じ語句を音読するのである。
 そうすると、リズムのようなものも出来てくるのである。
 そう、音楽、リズム、ビートが関係してくるのである。
 理論的に考えると、陰陽氣は陰と陽で共振する、いわば、波である。そう、氣波と呼んでおこう。
 つまり、氣波は、陰と陽の共振によるリズムをもっている。そこへ、音読の律動が刻まれると思う。つまり、氣波に音読の言葉を刻むのである。すると、言葉は氣波に刻印されて、結局、記憶されると思うのである。そう、記憶は氣憶であると思う。氣は心、精神、魂、霊である。
 氣波という心に、言葉を刻むことで、氣波心は記憶をすると思われる。
 そう、敷延すると、氣は多面的な作用をもっていると思う。知性、理性、感性、徳性、霊性等を陶冶、涵養するには、氣のもつ記憶性にはたらきかける必要があると思う。
 氣は先に述べたように、精神と肉体をつなぐ霊的メディアである。それは、精神と生命体の中核であると考えられる。
 とまれ、是非、試(験)されたい。咀嚼、反芻という方法は、存在の本質的な作用をもっていると思う。
 日本人が劣化・退化したのは、咀嚼・反芻術を忘れたからではないか。
 私が中学生の頃は英語学習は反復練習をNHKの続基礎英語で行っていたものである。私は英語をそのようにして学んだ。
 私は反復という言葉は好きではなく、繰り返しという言葉を好む。しかし、今度発見して、咀嚼・反芻記憶術は、単なる繰り返しではない。
 繰り返しでは、抽象的である。咀嚼・反芻術は、最低50回の咀嚼・反芻を要求しているのであり、具体・実践的である。
 日本人は語学に関しては、日本語によるハンディがあるので、語学学習には、日本人にあった創意工夫が必要なのである。
 考えれば、念仏も咀嚼・反芻術を活用していると思う。
 また、読書百遍その義自ずから現るともいう。
 すべては同じ原理だと思う。つまり、氣の原理である。
 陰陽のもつ氣波界に、咀嚼・反芻することで、智を刻むのである。これは、『かく』ということでもあると思う。視覚的であれ、聴覚的であれ、『かく』という行為だと思う。あるいは、美術的に言えば、彫刻の原理である。あるいは、版画の原理である。
 思えば、ポスト・モダンでデリダの脱構築主義が流行ったが、彼は、エクリチュール(書記)がパロル(話語)より先行するという、意表をつく提言をしたが、以上の視点から言えば、それは、『かく』という原理から見れば、評価できるのである。ただし、それを文字に限定するのは誤りである。文字は当然であるが、話語も聴覚的に『かく』に通じると考えられるのであるから。
 そう、氣のキャンバスに、繰り返し『かく』ということである。


氣は偉大である。



尊氣、愛氣、養氣、培氣、育氣
が必要である。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2013年10月
   
28    

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:431
昨日:592
累計:4,905,861