INNOVATION OF PHILOSOPHY: GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience - 2013/10/26

GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience:思えば、2004年9月「海舌」氏とブログ上で遭遇し、不連続的差異論が誕生しました。その後、仮説・理論は紆余曲折的に変転しました。現時点2015年では理論名はGP陰陽哲理学です。




[PR]



2013年10月26日(Sat)▲ページの先頭へ
氣の陰陽方程式を経済に活用する:凹i(陰)*凸i(陽)⇒+1(同一性体):陰陽経済生命体へ向けて
氣の陰陽方程式を経済に活用する:凹i(陰)*凸i(陽)⇒+1(同一性体):陰陽経済生命体へ向けて

テーマ:新共同体(協同組合)経済:減価共同体通貨

以下の記事を読んで、氣の方程式で、新しい経済システムを説明できるのではないかと直観した。
 氣の方程式は、以下の通りである。

凹i(陰)*凸i(陽)⇒+1(同一性体)

これは、前期PS理論の自己認識方程式:凸i*凹i⇒凸(+1)  (http://ameblo.jp/neomanichaeism/theme-10035503434.html)とほぼ同じである。【追記:iは虚数であり、凹と凸は虚軸における符号であり、*は共振、共鳴、正確には、即非共振を意味するが、氣から生命物質への次元変換として、積(掛け算)を意味し、⇒はその次元変換による結果、帰結を指し示す記号である。また、+1であるが、これは、同一性体と記したが、わかりやすく言えば、生命物質体である。】
 とまれ、陰陽対極性が同一性体を成形するという力学視点である。
 左辺の陰陽極性に対を入れて、対極的経済生命体系列ができよう。例えば、

T)労働*資本⇒商品生産
U)供給・生産*需要・消費⇒貨幣

であり、UからTへと回帰すべきものである。

つまり、

1.労働*資本⇒2.商品⇒3.生産*消費⇒4.貨幣⇒1’.労働*資本

である。
 これが単純な資本経済有機体(一応、有機体と呼んでおく)である。
 しかし、ここにおいて、金融資本が利子を過剰に要求する場合を考えよう。それは、4の貨幣の流れを金融資本へと分岐させて、労働*資本の対極性には適切に還帰させないのである。
 即ち、図式化すれば、


4.貨幣↴↛↛↛1’.労働*資本
    ↴
    ↴
     金融資本


とでもなろう。↴は流れの方向を、そして、↛は適切な流れの切断を意味することにする。
 この金融資本のいわば、横取りによって、陰陽極性的資本経済有機体は破壊されるのである。
 また、金融資本側からの要求によって、労働*資本の極性は偏向したものになる。つまり、貨幣利潤を増殖させるために、過当な経済活動を要求することになるのである。
 故に、本来、労働*資本の極性力学は、創造的であるために、本来、差異共振(分かりやすく言えば、差異の調和)であるべきであるが、金融資本による貨幣利潤の増殖の欲望(同一性・量的増加の欲望)によって、資本側が強化されて、資本優位、労働劣位の二項対立へと転換してしまい(単純に言えば、労働強化による労働者の疲弊、劣化を引き起こす)、本来あるべき、労働*資本の対極性力学が破壊されて、同一性(量)主義的力学へと還元されてしまうのである。これが、金融資本中心的資本主義であり、左翼側から批判される資本主義とは本当はこれであると考えれる。
 結局、この金融資本側の要求を抑制し、健全な経済生命体を構築する必要があるのである。
 ここで、利子の問題が生じると言えよう。無利子や負利子の視点がここで出るのである。
 シルビオ・ゲゼルが説く負利子通貨(消滅貨幣、減価通貨)は金融資本の蓄財を許さないものであり、経済生命体にとって重要な視点であると考えられる。
 今は簡単な指摘に留めておく。

追記:
4.貨幣↴↛↛↛1’.労働*資本
    ↴
    ↴
   金融資本

は、

4.貨幣↴↛↛↛1’.労働者*資本家
    ↴
    ↴
  金融資本家

と人間として見た方が的確かもしれない。

参考:
1379夜『自由地と自由貨幣による自然的経済秩序』シルビオ・ゲゼル ...
1000ya.isis.ne.jp/1379.html - キャッシュ - 類似ページ
2010年8月23日 ... シルビオ・ゲゼルの波乱に満ちた生涯については、あらかた前夜に書いた。20世紀初頭
の経済理論家があれだけの“経済乱世”をくぐり抜けてきたというのは、めずらしい。
いくつか理由が考えられる。ドイツ帝国の勃興期と多難期のドイツの辺境 ...
http://1000ya.isis.ne.jp/1379.html


おカネってなんですか? -シルビオ・ゲゼルの貨幣論-: 愛と赤裸々の日々
otokita.seesaa.net/article/113264516.html - キャッシュ
2009年1月27日 ... おカネってなんですか? -シルビオ・ゲゼルの貨幣論-,平凡な毎日を非日常へと変えたの
は 未知に飛び込むほんの少しの勇気だった。 ... さて、「忘れられた経済学者」とい
われるシルビオ・ゲゼルという人がいます。 あのケインズをして 「後世
http://otokita.seesaa.net/article/113264516.html

シルビオ・ゲゼル - シャンティ・フーラの時事ブログ - Shanti Phula
shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=19130 - キャッシュ
2012年2月8日 ... 村岡です。 「家族の絆 〜夫婦(90):サーカーの思想:プラウトの金融システム 〜」で
紹介された、減価マネーのシルビオ・ゲゼル氏に関する記事です。 減価マネーが経済を
活性化する様子を感じます。加速する経済をどう制御していくのか、導入 ...
http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=19130

1.
忘れられた経済学者シルビオ・ゲゼル@ - るいネット
www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=190556 - キャッシュ
2008年10月24日 ... 脱・資本主義の可能性を、政府紙幣・地域通貨制度の導入による”利子”撤廃に見出した
経済学者、シルビオ・ゲゼルに関する投稿を紹介します。(リンク) ーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー>シルビオ・ ...
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=190556

2.
忘れられた経済学者シルビオ・ゲゼルA - るいネット
www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=190558 - キャッシュ
2008年10月24日 ... 実際、彼が提唱した理論を導入し、成功した自治体の事例もあるようです。(リンク) ーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー>ゲゼルの自由
貨幣理論を実践し、大成功をおさめたのが、オーストリア・チロル地方 ...
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=190558

シルヴィオ・ゲゼル『自然的経済秩序』

〜代表作「自然的経済秩序」〜

こちらでは、ゲゼルの代表作「自然的経済秩序」の訳を、校正が済み次第順次公開することにいたします。なお、原文(ドイツ語)はこちら で、英語訳はこちら で、スペイン語訳はこちら で読むことができます。

http://www3.plala.or.jp/mig/gesell/nwo-jp.html

参考2:シュタイナーの難解な経済有機体論であるが、ゲゼルの説く消滅貨幣を導入している。
シュタイナー経済学講座
http://www.geocities.jp/momoforall/booknote1/index.html

*************************

「ドルよ さらば」 非アメリカ化を公式に表明した中国 (10/20)

今回は、上院、下院の議員たち(驚いたことに、アメリカの議員の大半が多国籍企業の操り人形になっている)による臭い芝居によって、アメリカの債務上限は来年3月中旬まで引き延ばされました 。

しかし、この程度の時間では、連邦の国有資産を民間企業に加速度的に投げ売りしたところで、借金は大して減らないでしょう。
すると、来年3月中旬が近づくと、再び債務上限を巡っての混乱が起こるのか。ただし、それで最後の。

大部分のアメリカ国民は、オバマのワシントンの「民営化プログラム」が、バンクホリデーの代わりに巧妙に講じられている「仮面徳政令」とも言うべき詐欺的な手口であることに気がついていないようです。

つまり、ドルの延命を図って時間稼ぎを行い、その間にアメリカの公有資産を、ことごとく民間企業に買い取らせて、アメリカ合衆国をアメリカ株式会社に生まれ変わらせたいのです。そして、デモクラシーからコーポレートクラシーのNWO支配体制を固めようと考えているのです。

http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2424.html
カレイドスコープ


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2013年10月
   
26
   

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:440
昨日:592
累計:4,905,870