INNOVATION OF PHILOSOPHY: GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience - 2013/10/15

GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience:思えば、2004年9月「海舌」氏とブログ上で遭遇し、不連続的差異論が誕生しました。その後、仮説・理論は紆余曲折的に変転しました。現時点2015年では理論名はGP陰陽哲理学です。




[PR]



2013年10月15日(Tue)▲ページの先頭へ
植物と動物と人間の成形力学について:太陰と陽の陰陽力学?
植物と動物と人間の成形力学について:太陰と陽の陰陽力学?

テーマ:太陰氣学:太陰イデア論:氣=イデア=生命

太陰氣学(太陰生命=イデア論)から、生物の成形の力学について考えている。
 植物は、太陰と陽の共振で説明つくだろう。思うに、植物の摂取通するエネルギーは日光であり、それは、陽である。つまり、植物自体は太陰で、日光が陽であり、日光=陽を取り入れて、太陰=植物は成長することでいいだろうか。植物は太陰ではなく、陰と見るべきようにも思われるのが、今は措いておく。
 とまれ、植物は太陰と陽が調和共振していると思われるのである。これはこれまでの考えであるが。
 問題は動物の成形である。
 先に自転車乗っていて、思いついたのは、陽が優位化したときに、動物が生起するのではないかということである。
 私がイメージしているのは、陰陽球から陽が飛び出すようなものである。陽的生命体である。しかしながら、太陰が劣位にあるので、植物のように、陽=日光を浴びても、エネルギーを作りだすことはできないということではないだろうか。(理屈的であるが。)
 とまれ、陽に傾斜した生命体として、動物存在を考える。
 それは、陰陽球から飛び出した存在なのであり、太陰=大地から切り離されて、いわば、根から切り離されて、可動的になったと考えるのである。
 そして、可動的になった代償に、エネルギーを自給することができなくなったということになるのである。
 つまり、太陰が過小であり、陽が主要なので、確かに、陽のエネルギーはあるが、それを補充する必要があるということなのである。もし、太陰が強くあれば、日光=陽を吸収して(同化して)、植物のようにエネルギーを作れたと考えれるのである。
 では、動物を超えていると思われる人間、人類はどう成形できたのだろうか。
 当然、動物的ベースはあるだろう。(だからとは言え、進化論的に、類人猿から人類が進化したとは考えない。)
 結局、問題は、自己意識の成形が人類を造るという点にあるだろう。
 動物には自己意識はないだろう。「わたし」はないだろう。しかし、それに微かに似たものはあるかもしれないが、基本的にはないと考えるのである。
 自己意識とは「わたし」という個の意識と言っていいだろう。
 特定される存在の意識ないし認識である。
 動物は英語の不定冠詞a、anであり、人間は定冠詞theに喩えられよう。
 さて、意識の問題であるが、先に、太陰ー陽における原意識について述べた。これは、太極的一元的意識、融合的意識である。認識主体と認識客体が一致するのである。コスモス的意識と言ってもいいし、即非の論理は近いと言えようし、思うに、メビウスの輪(帯)的な意識と言った方がよりよいかもしれない。
 図式化すれば、

原意識=太陰(主体)⇄陽(客体)

ないし太陰(主体)∞陽(客体)

である。
 私は暫定的に、あるいは、作業仮説的に、植物はこの原意識をもっていると考えている。一種、氣の意識である。
 しかし、動物の場合、陽が優位となり、太陰が劣位化される。そう、陽中心となり、太陰は弱体化している。
 だから、太陰(主体)の原意識は脆弱であると考えられる。思うに、反射的な動的な反応が発生するのであり、思考という貯めのある知はないと考えられる(例外はあるだろうが)。
 思うに、直観が発達しているのではないだろうか。(私は動物の部類に近いのか。)
 さて、人類の場合であるが、これは動物とは異なり、太陰(主体)が戻ってきていると思われるのである。
 直観では直立姿勢が、例えば、樹木の垂直性と類似するのである。今は直観だけであるが、植物の原意識、即ち、太陰⇄陽(太陰∞陽)が人類にも内在しているのである。
 しかしながら、動物の身体に内在しているために、不安定である。即ち、動物の陽傾斜、陽中心主義に、植物の原意識、いわば、陰陽バランスが組み合わさっていることになるのである。
 しかし、正確に言えば、原意識自体は無意識であり、原意識がいわば、物質化ないし陽化するのであり、それは、もはや、原意識ではなく、通常の意識になっていると思えるのである。
 つまり、それが、自己意識の原初と思われるのである。即ち、太陰⇄陽ではなく、太陰⇒陽の方向性をもち、これが、さらに、陽⇒外界というように作用するのではないだろうか。
 思うに、正確に言えば、原意識と陽意識の二重性が存するのであり、原意識の宇宙性と陽意識の物質性の二重の意識・認識性がそこにあるように思えるのである。
 原意識はループを形成する。太陰⇄陽のループである。そして、この陽と動物の陽が結合して、物質界への意識が形成されたのではないだろうか。
 言い換えると、人類の陽は一方では太陰につながり、他方では、外界、物質界へと通じているということになるだろう。
 今は精緻、厳密には言えないが、一つ一番の問題をあげれば、植物的原意識が人間において、動物の陽意識と結合する力学の仕組みの解明である。
 どうやって原意識が到来するのか、である。これは、簡単に陰陽力学で説明していいのではないだろうか。
 つまり、動物の場合は陽に傾斜したのであり、陰陽の運動は次は、陰に振れることが考えられよう。つまり、陽から陰への転換である。この陰は太陰のことである。
 今はそのように考えておく。
 そして、今の原意識と陽意識の結合としての人類意識、自己意識であるが、これは原初人類自己意識である。
 これから決定的段階は、父権化である。これは、再び、陽へ傾斜する。否、極大の陽へ傾斜するのであり、陰が消えるのである。典型がヤハウェと考えれる。
 このとき、父権的自己、独立した自己、即ち、自我が形成されると思われる。
 これは、太陰から切り離された極陽の意識である。思うに、これは、動物の陽意識を極端にした面をもつ言えるように思えるのである。
 以上、ざっとであるが、ここで留める。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2013年10月
   
15
   

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:498
昨日:903
累計:4,748,916