INNOVATION OF PHILOSOPHY: GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience - 2013/08/03

GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience:思えば、2004年9月「海舌」氏とブログ上で遭遇し、不連続的差異論が誕生しました。その後、仮説・理論は紆余曲折的に変転しました。現時点2015年では理論名はGP陰陽哲理学です。




[PR]



2013年08月03日(Sat)▲ページの先頭へ
現代アナキズムの問題:国家主義から新共同体主義へ:国家から個的共同体への「相転移」
現代アナキズムの問題:国家主義から新共同体主義へ:国家から個的共同体への「相転移」

テーマ:新共同体(協同組合)経済:減価共同体通貨

以下、飯山氏の檄の意味しているところは、今日のアナキズムの必然性である。
 私は10年くらい前にアナキズムに興味をもったが、地域通貨失敗の後、考えなくなった。
 しかし、今日、ヤハウェ父権自我グローバル戦争資本主義によって、国家が支配されていることを考えると、国家には頼れないことは明白である。
 国家がリバイアサンならば、それを操作する超リバイアサンがいるのである。
 とまれ、個の独立(知的、経済的、精神的独立)が必要になった時代である。
 そのためには、個同士の共同体が必要になってくるのである。私は個的共同体と呼んできたが。これは、私の最新の理論(仮説)からは、個的母権共同体になるのである。
 思えば、マルクスがコミュニズムを描き、プルードンがアナキズムの協同主義を描いたが、どうも、ポスト国家のあり方を模索する時代になった。正に、アナキズムの時代である。
 アナキズムというと無政府主義、バクーニンの暴力主義が浮かぶが、実は様々である。
 マルクスは実はプルードンのアイデアを相当盗んでいるようである。
 とまれ、問題は、ポスト国家である。個的共同社会の構築である。
 どうやら、時代は19世紀末から20世紀初期に近づいてきたようである。
 とまれ、飯山一郎氏のサバイバル・スタイルはアナキズムであることは確認できるのである。
 そう、ある意味で、マルクス/エンゲルスの共産主義は、方向性は間違っていなかったと言えよう。しかし、集産主義的側面が間違っていたと言えよう。個をベースにする必要があるのである。アナキズム的共同主義である。
 ただし、国家は打倒すべきというよりは、活用すべきである。とまれ、国家主義から個主義への転換である。

アナキズム - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%82%AD%E3%82%BA%E3%83%A0

ja.wikipedia.org/wiki/アナキズム - キャッシュ - 類似ページ
たとえば歴史上のアナキズムの古典とされるプルードン、バクーニン、クロポトキンの三
人においてさえ、思想はまったく異質である。資本主義のシステムを批判したプルードン
のアナキズム(プルードン主義、"無政府連合主義")はフランス流の合理的思考の影響
を ...

リバタリアニズム - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%90%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%82%BA%E3%83%A0

ja.wikipedia.org/wiki/リバタリアニズム - キャッシュ - 類似ページ
ロシア・リバータリアン運動 · 保守党 (デンマーク) · 関連の政党の一覧(英語版). 関連
項目. 市民的リバタリアニズム(英語版) 市民的社会主義(英語版) 立憲主義 · 連合
主義(英語版) リバタリアン保守主義(英語版) リバタリアンの民主党員(英語版)
リバタリアン ...

リヴァイアサン (ホッブズ) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%83%B3_%28%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%96%E3%82%BA%29

ja.wikipedia.org/wiki/リヴァイアサン_(ホッブズ) - キャッシュ - 類似ページ
リヴァイアサン』(Leviathan)は、トマス・ホッブズが著した政治哲学書。1651年に発行
された。題名は旧約聖書(ヨブ記)に登場する海の怪物レヴィアタンの名前から取られた
。正式な題名は"Leviathan or the matter, forme and power of a common-wealth ...

ピエール・ジョゼフ・プルードン - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%BC%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%B3

ja.wikipedia.org/wiki/ピエール・ジョゼフ・プルードン - キャッシュ - 類似ページ
ピエール・ジョセフ・プルードン(Pierre Joseph Proudhon;1809年1月15日−1865年1
月19日)は、フランスの社会主義者、無政府主義者。無政府主義の父と言われる。 目次
. 1 生涯; 2 政治思想; 3 関連; 4 参考文献. 生涯[編集]. ブザンソンにあるムイエールと ...

◆2013/08/02(金)  ダマす選挙、ダマす商品、ダマす人
http://grnba.com/iiyama/index.html#st08021

◆ 2013/08/02(金)  ダマす選挙、ダマす商品、ダマす人間
いま、『放知技』の三宅洋平の選挙を語るスレ が熱い…
放知技
三宅洋平の選挙は、ボランティアが自発的に始めた選挙ではなく…、仕組まれた選挙だった!
三宅洋平の選挙は、ボランティアが自発的に始めた選挙ではなくて、仕組まれた選挙だった! つまり、悪質なヤラセ選挙。

しかも!無垢で無知な有権者から善意のカンパや寄付を巧妙・狡猾に集めるビジネス選挙だった!
な〜んてことがバラされてます。このサイトの掲示板『放知技 』で。

いまの日本の選挙のヤリ方では、日本は絶対に良くならんし、逆に悪くなるばかり!これが日本の選挙なの蛇夜。

「国会は 民意の墓場だ 墓石だ 」。この国を良くしよう!という切実な願いなど、ぜ〜んぶ死に票になっちゃうの夜!

だっから、みんな! 表面の言葉の美しさ にホレて、くだらない選挙にカネだしたり、くだらん商品を買っちゃダメだ象!

放射能にEー!とか、健康にEー!とか、美しい言葉で宣伝する商品にも絶対にカネを出しちゃダメだ。

タダで、カネなど使わずに乳酸菌を自宅で培養できる時代に、乳酸菌食品やサプリなどの高額商品を買うのはヤメロ! 鼠〜こと。

いま、時代は、ダマシの時代に入った!
シトを疑うことを知らない善意あふれる素人を、ダマシ屋の詐欺集団、マルチ、カルトの悪玉たちが狙って、ダマシまくっている。

すべての商品やサービスを、その場で発作的に買っては駄目だ。
買う前に、三日考えろ! 石橋は、叩いて、渡るな!

巧妙に近づいてくる見ず知らずの他人は、詐欺師か泥棒と思え!
「癌の疑いがあります」な〜んて言う医者も、詐欺師の一味だ。
そーゆー恐ろしい世の中になってしまっているんだ夜。この日本は。
分かったな? 慎重に生きていって猪〜大寝!>皆の衆
飯山一郎のLittleHP


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2013年8月
        3

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:240
昨日:457
累計:4,860,940