INNOVATION OF PHILOSOPHY: GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience - 2013/08

GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience:思えば、2004年9月「海舌」氏とブログ上で遭遇し、不連続的差異論が誕生しました。その後、仮説・理論は紆余曲折的に変転しました。現時点2015年では理論名はGP陰陽哲理学です。




[PR]



2013年08月25日(Sun)▲ページの先頭へ
陰陽球=日光=気(陰陽球内部)+光子(陰陽球球面・表面)
陰陽球=日光=気(陰陽球内部)+光子(陰陽球球面・表面)

テーマ:太陰イデア論:哲学的超科学理論(仮説)

陰陽球について:球面をどう見るか:半透膜としての球面:陽且つ光子としての日光
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11599003256.html

以上の追記を独立させる。
追記:
球面を半透膜とすると述べたが、半透膜にする必要がないかもしれない。
結局、陰陽球の内部を気そのもの、球面外部を日光としたらどうだろうか。
生命体は、この陰陽球=日光を受容するので、実際は日光と同時に、陰陽球の気を受容しているということになるのではないだろうか。
明確にするため、陰陽球の内部を気=生命情報エネルギー(生命イデア・エネルゲイア)、球面外部を光子(電磁波)とし、併せて、日光としよう。即ち、

陰陽球=日光=気(陰陽球内部)+光子(陰陽球球面・表面)

である。
そして、今日の自然科学は陰陽球の球面表面の光子のみを捉えているに過ぎないということになる。





陰陽球について:球面をどう見るか:半透膜としての球面:陽且つ光子としての日光

テーマ:太陰イデア論:哲学的超科学理論(仮説)

陰陽球について:球面をどう見るか:半透膜としての球面:陽且つ光子としての日光

今日は余裕がないので、一言。 
直近において、陰陽球の内部を陰陽界、そして、球面を光子と見た。
なにか疑問がある。
それ以前では、球面は陽=日光=生命=1であった。
今の直観では、陰陽球自体は球面を含めて、内在超越界である。
そこから、現象界が出現するのである。
現象界は内在超越界とは不連続である。

あらたな発想を得たので、それを記す。
球面を一種半透膜とするのである。球面裏面は陽であり、陽が球面半透膜を越えて出てくると、日光になるのである。だから、日光は陽の要素をもつと同時に、物質現象的に光子(電磁波)なのである。
つまり、日光は陽且つ光子なのである。ただし、純粋な陽ではなく、半透膜を越えた陽である。だから、準陽としよう。準陽と光子の混合体である。
とまれ、陽であり、光子であるという、一種の即非体である。
このメカニズムを明らかにする必要がある。
これは後で考察検討したい。



追記:

球面を半透膜とすると述べたが、半透膜にする必要がないかもしれない。

結局、陰陽球の内部を気そのもの、球面外部を日光としたらどうだろうか。

生命体は、この陰陽球=日光を受容するので、実際は日光と同時に、陰陽球の気を受容しているということになるのではないだろうか。

明確にするため、陰陽球の内部を気=生命情報エネルギー(生命イデア・エネルゲイア)、球面外部を光子(電磁波)とし、併せて、日光としよう。即ち、



陰陽球=日光=気(陰陽球内部)+光子(陰陽球球面・表面)



である。

そして、今日の自然科学は陰陽球の球面表面の光子のみを捉えているに過ぎないということになる。





気的物質身体の構成について:日光の二重性:内在超越原理としての陽=生命と球面の光子

テーマ:太陰イデア論:哲学的超科学理論(仮説)

気的物質身体の構成について:日光の二重性:内在超越原理としての陽=生命と球面の光子

気と生命物質体の関係力学に関して、決定打が出ない。
あと一歩のところではあるが。
佐野千遥氏の唱える単極磁石をベースにして、それと太陰を結びつける考え方がありうるが、今はそれをとらない。
 私の直観は、陰陽球の内部がデュナミスの気であり、球面がエネルゲイアの気である。
 そして、球面は電磁波である。物質である。しかし、あくまで、球は陰陽球であり、内在超越原理である。わかりやすく言えば、陰陽球が球面において光子になっているということである。
 これが端的に、陽=日光=生命=1⇒光子である。つまり、日光は内在超越的には、陽=生命=気であるということであり、感覚的には光、物質的には光子ということになる。
 通常に目にする日光は感覚物質的には光子であるが、内在超越的には、陽=生命であるということである。日光はだから、両面的なのである。内在超越的には生命=陽であるが、球面外在的には光子という物質なのである。
 単なる物質光と日光の違いは、内在超越性の陰陽性があるか否かにある。
とまれ、陽=生命を失った光は単に物質となるのではないだろうか。
以上ざっとであるが、陽=生命=日光の両面性を提示して、気と物質の違いを構成的に説明してみた。
 後でさらに検討したい。




気とは生命体の全体力ではないか:生命体を統括する気と生命体の末端である物質

テーマ:太陰イデア論:哲学的超科学理論(仮説)

気とは生命体の全体力ではないか:生命体を統括する気と生命体の末端である物質

気とは総合的な生命情報エネルギー体ではないのか。
身体の全体を通貫している内在超越原理ではないのか。
物質科学は部分を独立させる。
しかしながら、実際、生命体全体を統括的気が通貫しているのではないだろうか。
これは、中国医学、東洋医学の考え方である。
ならば、陽=日光=生命=1には統括・包摂的生命情報エネルギーがあると考えられよう。
仙人は、これと共振・共鳴しているのではないのか。
とまれ、この総括的気=生命イデアは物質現象として発現する。しかし、唯物科学は、単に物質現象を捉えているだけで、根本の統合的気=生命イデアをまったく無視していると考えられる。
 気=生命イデアから見ると、物質とは生命体の部分的末端・末梢に過ぎず、いわば、生命体の材料に過ぎないだろう。
 物質科学から生命を見るのは、いわば、本末転倒と言えよう。物質科学は生命の科学ではなく、死の科学である。
 気=生命イデア科学が必要である。








2013年08月21日(Wed)▲ページの先頭へ
陽と日光と電磁波:日光の物質現象界への刻印を電磁波として観測するのだろう
陽と日光と電磁波:日光の物質現象界への刻印を電磁波として観測するのだろう

テーマ:太陰イデア論:哲学的超科学理論(仮説)

日光が電磁波として検出されるということはどういうことなのか。端的に、日光が物質体ももつということだろう。つまり、陽=日光=生命=気であるが、それが、物質体をもつということになる。

 これは陰陽球で考えるとどういうことだろうか。結局、球面をどう捉えるかということになろう。

 これまでの考え方からは、球面は陽である。そして、陽=日光=生命(=1)としたのである。 

 問題は、陽=日光である。どうも、陽・即非・日光としたい気がある。

 つまり、陽はやはり、形而上原理、イデア原理であり、直接現象ではないのではないのかという思いがあるのである。

 でも、そうすると、陽≠日光である。あるいは、陽⇒日光である。

 しかし、これではそれまでの考えと同じである。

 結局、陽・即非・日光がいいようである。しかし、である。

 やはり、陽=日光ではないか。問題は観測である。

いったい現象界、物質界はどこに存するのか。おそらく、陰 陽球の外部である。

 この外部を日光が伝わるときに、電磁波として観測されるということではないだろうか。つまり、陰陽球の外部である物質現象界を日光が伝搬するときに、電磁波として、観測されるということではないのか。日光は日光であり、陽であり、電磁波そのものではないと考えらえる。思うに、言わば、日光の物質界への刻印が電磁波ということではないのか。

 とまれ、そうならば、陽=日光=生命=1は物質現象三次元空間を貫く形而上原理ということになる。D. H. ロレンスがいうdark sunとは、陰陽球における太陰のことではないだろうか。一般に、人間は日光=陽を見るが、陰陽球の外面だけを見ているのであり、内部・内面を見ていないのである。そして、自然科学、物理学は日光の物質現象界の刻印としての電磁波しか捉えていないと考えられるのである。

 以上で、陽 =日光=生命の等式が確認された。


急速・急激にゾロアスター教的状況化する現代日本社会:顕著な善悪二元論化:独善的父権自我化:全体主義への道:悪魔アーリマンの憑依と悪の善化を目指す日本マニ教
急速・急激にゾロアスター教的状況化する現代日本社会:顕著な善悪二元論化:独善的父権自我化:全体主義への道:悪魔アーリマンの憑依と悪の善化を目指す日本マニ教

半年ぶりの帰省だが、もっとも、川や海に行ったのは、昨夏ぶりであるが、ゴミが一年前に比べて、急増した感じだ。空き缶、ビニール袋、等。人心が急に悪化したようだ。
  また、非を咎め、排除・排斥しようと攻撃的な人が多くなった。人心から寛容性が急速に失われていると診断できる。他者を排除する自我同一性主義の善悪二元 論の力学が強化されていると言える。これは、全体主義状況である。社会閉塞状況である。オーウェルの『1984年』状況である。
  この父権自我化であるが、史的に見ると、狭く見ると、1976年の自我悪魔化の帰結であるが、広く見ると、明治父権自我化の帰結であるが、明治父権自我化 とは、父権自我主義である国学イデオロギーに拠ると考えられる。これは、日本父権民族の自民族中心主義イデオロギーでもある。ヤハウェ父権自我悪魔化とい うことになるが、これは、古代、日本に渡来したユダヤ民族の宗教観念の帰結ということになるのだろう。慎重に言えば、江戸時代において、母権と父権の結合 体であった日本民族が、分裂し出し、新父権主義化と新母権主義化の二つの志向性が生じたのではないかと推測できる(参考:ベースの母権民族と渡来遊牧父権民族の結合としての日本複合民族 http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11596330553.html)。そして、明治維新は前者が後者に勝 利したものであり、萌芽した新母権主義【日本ルネサンスの芽と言えよう】が抑圧排除隠蔽されたと考えられる。第二次大戦は新父権主義に拠るもので、多くの 新母権主義の人間が戦死した。敗戦後、GHQによってまた、新父権主義が強化されるが、民主化によって、新母権主義が自生的に再興する。つまり、敗戦後、 1976年まで、約30年間、新父権主義と新母権主義の拮抗が続いたのであるが、その後、国際戦争金融資本によるヤハウェ父権自我悪魔主義によって、無自 覚的な新母権主義が抑圧されて、新父権主義が増強し、ここ一二年の間で、ヤハウェ父権自我悪魔主義が支配したように考えられる。どうも、アーリマンという 悪霊が憑依するように思えるのである。全体的に、社会一般的に憑依されているので、日本人は憑依されているのに気づかないようである。
 とまれ、いよいよ、日本黙示録的状況になったと言える。当ブログの旧名は、Japonesian Trans-Apocalypse、つまり、「ヤポネシア黙示録を越えて(脱日本黙示録)」であったが、今や、Japonesian Apocalypse(日本黙示録)である。
 簡単に言えば、支配層や大都会層(とりわけ、東京層)は悪魔、民衆層、地方層は天使と見るべきである。
 もっとも、悪魔を善化させるのが、日本マニ教徒の義務・責務であるが。





言語精神文化の誕生:言語と精神(感性、気、魂、霊)の相互形成

近代主義は、カント哲学が明らかにしたように、超越論的外在主義である。自然科学に見られるように、物質中心主義であるが、物質主義は超越論性という主観性に拠っているのである。
 この超越論性は、同一性主義ないし自我同一性主義であり、差異、他者を排除するのである。もっとも、カント哲学は、それを越えて、理性、アンチノミーを問題にしているが。
 結局、メインストリームの近代主義では、物質主義を越えられないと言えよう。結局、精神性を培うには、精神言語文化が必要なのである。精神を説く言語文化によって、読者は精神文化の確認ができるのである。精神文化の学習をするのである。
  今日、言語文化が貧困である。それは、近代科学主義が主流であるからである。精神文化を取り戻すには、言語精神文化が必要である。ルドルフ・シュタイナー の霊学はそのようなものであるし、反近代的言語文化もそうである。言語精神文化の観点から、文学、哲学を含む人文科学、歴史、政治経済を含む社会科学を捉 えなおす必要がある。





気身体力学について:生=気的反エントロピーと死=物質体的エントロピー

陽=生命=気を物質から区別するため、生命イデアないし気イデアという用語を使用する。(生命霊、気霊でもいいが。)
 生命イデアは生命現象を生み出す。生命現象は生成と同時に排出を意味しよう。
生成は反(逆、負)エントロピーであり、排出はエントロピーを意味しよう。
 前者は生命イデア的生命体を意味し、後者は脱生命体、脱生命イデア的物質体を意味しよう。前者は、イデア・エネルゲイアで、生命の更新であり、後者は、イデア・エンテレケイア、廃物、死である。肉体と排泄物と言ってもいい。もっと簡単に、生命と物質である。
 今日の自然科学は後者を対象にしたものであり、前者そのものを見ていない。死体・死物・廃物科学である。生命体科学がないのである。(飯山一郎氏の乳酸菌免疫論、太陽肉体 健康論は生命体科学に属すると言えよう。)
 とまれ、太陰イデア論では、生命体科学は、太陰イデアによる陽=生命による生命現象を対象にすると言えよう。陽=生命は太陰に賦活されているのであり、太陰への螺旋的回帰が生命力学の本質と思える。
 これは、逆エントロピーである。熱力学第二法則に反するものである。そう、生命の本質は反物質体である。(今、ダーク・マターを想起した。)
 とまれ、生成と排出の二元論的力学を考えたい。
 ここでは、数学的にベクトルを考えるといいのではないだろうか。即ち、

         生命生成(生命物質体)・・・逆エントロピー
               ↗                         
生命イデア⇒生命生成・廃物⇒
               ↘
         廃物(死物的物質体)・・・エントロピー

である。
 結局、生命体科学と死物科学の二種類の科学が考えられるが、今日の科学は当然、後者である。前者はメタ・サイエンス、トランス・サイエンス等と呼ばなくてはならないだろう。
 とまれ、生命イデア・エネルギーが抜けるとき、生命体は廃物を生み出すであろう。そう、老廃物である。
 この点については、後でさらに検討したい。

参考:
ネゲントロピー - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/ネゲントロピー‎
ネゲントロピー (negentropy) は、生命などの系が、エントロピーの増大の法則に逆らうように、エントロピーの低い状態が保たれて ... もし生命が系として孤立しているとすると、エントロピーは限りなく増大し(たとえば老化現象)、反対にエントロピーが下がること、 ...
高嶋康豪博士への理論的援護射撃と正統派現代物理学に対する鉄槌 ...
ameblo.jp/allahakbar231/entry-11545859129.html‎
2013/06/06 - フリーエージェント世界革命を提唱するフリーエージェント大学ロシアの有名人・ドクター佐野千遥教授-Ameba ロシアの ... 現代物理学に対する一貫した体系的物理学的批判を完了しており、新しい反エントロピー物理学の提起も完了している。





検討課題:1.気的心身体、2.意識と気と身体

テーマ:太陰イデア論:哲学的超科学理論(仮説)

今日は疲れているので一言。

1)気の領域であるが、それは心であり、また、感覚身体である。
いわば、心身体としての気である。心と身体の境界領域である。
 
2)意識力学の問題がある。
自己意識がある。それは、寒い、暑い、痛い、痒い等々の身体感覚と結びついている。
つまり、意識と感覚はつながっている。唯物科学では、神経がつないでいると見るのである。
 しかし、心的現象から見ると、それをつないでいるのは何かと考えるのである。そう、心的力学の問題である。
 それは気であると仮説しよう。意識と感覚をつないでいるのは気であるとするのである。
 だから、気識という言葉を作るといいかもしれない。そうすると、
意識―気識―感覚という図式ができる。
 そして、気識は、単に体内だけでなく、体外にもつながっていると考えられる。気識は自然、宇宙と通じていると考えられる。
 しかしながら、近代合理主義・近代的自己は、気識を排除しているのである。
 思うに、気識はコスモスの感性である。秩序的感性である。陰陽バランスをもつ感性と思われる。また、健康に関わる感性と思われる。また、美的、芸術的感性と思われる。また、倫理・道徳の源泉と思われる。また、神秘性、霊性、ロマン主義の源泉もここにあると思われる。
 太陰イデア論では、気識のベースは肚に見ているのである。一般には、気識は、せいぜい、胸の心に留まるだろうが、太陰イデア論では、肚が気識の基盤である。
 問題は、気識と身体の関係である。多くの病気は気識の抑圧、排除、隠蔽に関係しているように思われる。
 医療的には、気識と身体の物質的構成の科学が必要である
 これまでの考え方では、気的有機体としての肉体科学が必要である。
 今はここで留める。



2013年08月17日(Sat)▲ページの先頭へ
生命エネルギーと生命情報の二元論の解消:太陰=デュナミス的イデアと陽=エネルゲイア的イデア
生命エネルギーと生命情報の二元論の解消:太陰=デュナミス的イデアと陽=エネルゲイア的イデア

テーマ:太陰イデア論:哲学的超科学理論(仮説)

生命エネルギーと生命情報の二元論の解消:太陰=デュナミス的イデアと陽=エネルゲイア的イデア



作業仮説:太陰渦動が陽的生命物質世界の原動力

http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11593691648.html


以上の説明では、陽と太陰の二元論に見える。陽がエネルギーで、太陰が情報の二元論である。

 太陰イデア論は、言わば、太陰一元論であるから、二元論に見えるのは不本意である。

簡単に説明すると、根源の太陰から陽が対極として形成されるが、主体は前者であり、後者は言わば、前者の派生物である。しかしながら、陽は相対的に独立しているのである。

 とまれ、わかりやすく言えば、陽/太陰である。分母に太陰があり、分子に陽が存すると見るのが適切である。実際のところは、陽(/太陰)であり、(/太陰)の根元領域が隠されているのである。言わば、オカルトである。

 そこで、気=陽=日光=生命=1を考えると、陽の気とは実は(/太陰)かもしれない。

しかし、そうすると、理論的に齟齬となる。何故なら、端的に、太陰=陽=気となってしまうからである。

 どうも、陽=日光が単純過ぎるようだ。陽・即非・日光が適切だと思う。

 陰陽球で考えると、球面が日光であり、裏面が陽である。そして、球面と裏面を表裏一体と見るのである。そう見ることで、陽・即非・日光となる。

 今日の唯物科学では、陰陽球の球面の日光しか見ず、裏面の陽の気を認知していないのである。

 どうも、視点が適切ではないようだ。日光はやはり、陽の気と見なくてならない。

 今日の自然科学が日光の物質的側面の電磁波しか見ていないと考えられる。気と電磁波はまったく別物と見なくてはならない。

 結局、陰陽球の表面は物質界、現象界である。

 しかるに、日光は、単に、物質現象界の事象ではなく、裏面の陽、陽の気でもあると考えるのである。

 そう、生命体の本体は裏面、陽、陽の気に存すると見るのである。

 ここで当初の問題に返るのである。

 私は、陽から太陰への螺旋的回帰が生命体の創造を意味すると述べてきた。

 ここで作業仮説であるが、太陰をデュナミス的イデアとし、陽をエネルゲイア的イデアとするのである。(デュナミス、エネルゲイアともに、アリストテレス哲学の用語である。)

 そうすると、エネルギーと情報イデアの二元論は避けられる。つまり、陽をエネルゲイア的イデアと見ることで、陽=日光=生命=1は、単にエネルギーだけでなく、情報イデアも内在具備していることなる。気は、生命エネルギー、且つ、生命情報イデアであるということである。

 これで、二元論を解消できた。


2013年08月13日(Tue)▲ページの先頭へ
気と光(陽光)と生命体と物質:陽=日光=生命と四元数時空四次元とトーラス
画像は以下を見られたい。
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11591908757.html


気と光(陽光)と生命体と物質:陽=日光=生命と四元数時空四次元とトーラス

テーマ:太陰イデア論:哲学的超科学理論(仮説)


気と物質の関係がまだ曖昧なので、さらに考察する。

 先に、太陰⇒陽⇒陰陽球⇒螺旋⇒宇宙生命体という図式を提示した。

 今日、新たな直観を得たので、それを説明する。

説明の便宜のため、陰陽円で説明する。

 円の中心が太陰(太陰霊ないし太陰イデア)である。円周が陽である。これが、陰陽円である。

 これまでの考えでは、陽が太陰へと牽引されて、螺旋生命体が形成されるというものであった。

 それはいいと思うが、少し工夫する。即ち、陽を光(陽光)と見るのである。

 つまり、陰陽円(この場合は、陰陽球と見た方が適切だが)を太陽と見ることができよう。

 とまれ、光から生命体や物質が形成されると考えられる。そうすると、光とは、陽である気であると同時に、生命体ないし物質であるということになる。

 これが正しいならば、重大な発見となろう。私は日光に気を見ているのであるから、この考え方は外れてはいない。とまれ、陽=日光と作業仮説する。

 そして、日光の方向を円周の点における接線と、半径と同じように、直交すると考える。これが、以前述べた、天地軸になると考えられる。そして、接線が水平軸になる。ここでも、陰陽球で考えれば、直交する二つの接線が水平面を形成すると言えよう。

 これで、地球上の三次元空間が形成されると言えよう。思うに、ここで、四元数が使えよう。i、j、kの三つの虚数(虚軸)は三次元を、そして、実数1は、陽=日光を表わすのではないだろうか。時間はどうなのかであるが、陽=日光=1に内包されるのではないだろうか。正に、アインシュタインの公式E=mc^2が意味をもつように思える。何故なら、光速cは当然、時間を含んでいるのであるから。そうすると、陰陽球は太陽だけでなく、地球をも意味すると言えよう。また、さらに考えると、陽=日光とは別に、太陰自体のエネルギーがあると言えよう。太陰のエネルギーが、ダーク・エネルギーの本体ではないだろうか。また、ダーク・マター(暗黒物質)であるが、それは、太陰自体が本体ではないだろうか。また、ここで、映画スライブのトーラスを考えると、それは、陰陽球に類似するかもしれない。

 さて、以上で、光を天地軸としたが、そうではなくて、三つの虚数(虚軸)の一つが天地軸になるのであり、光は天地軸を中心として、螺旋を描くのではないだろうか。つまり、光、否、日光が生命体自体であるということである。日光が生命体の本体ということである。否、日光が生命の本体ということである。

 しかしながら、要注意は、陽=日光の起源、根源は、太陰であるということである。そう、陽=日光=生命は、太陰を目指しているということになるだろう。ここで、スライブのトーラス像が的げ確なことが理解されよう。何故なら、天地軸の天の方向とは、その言わば無限遠点とは、太陰になるからである。

 以上で、太陰イデア論の科学的側面が、仮説ではあれ、整合的に説明されたと言えよう。



参考:
四元数 - Wikipedia

数学 における四元数(しげんすう、英 : quaternion; クォータニオン)は複素数 を拡張した数体系 である。四元数についての最初の記述は、1843年にアイルランドの数学者ウィリアム・ローワン・ハミルトン によってなされ[1] [2] 、三次元空間 の力学 に応用された。四元数の特徴は、二つの四元数の積が非可換 となることである。ハミルトンは、四元数を三次元空間内の二つの有向直線の商として定義した[3] 。これは二つのベクトルの商と言っても同じである[4] 。四元数をスカラー と三次元のベクトル との和として表すこともできる。

四元数は純粋数学のみならず応用数学、特に3Dグラフィクス やコンピュータビジョン において三次元での回転の計算 (英語版 )でも用いられる。これはオイラー角 や回転行列 あるいはそれらに代わる道具などとともに、必要に応じて利用される。

現代数学的な言い方をすれば、四元数の全体は実数 体 上四次元 の結合的 ノルム多元体 を成し、またそれゆえに整域 となる。実は四元数の全体は、最初に発見された非可換多元体 である[5] 。四元数全体の成すこの代数は、ハミルトンに因んで H(あるいは黒板太文字 で ℍ)と書かれる。またこの代数を、クリフォード環 の分類に従って Cℓ0,2(R) ≅ Cℓ03,0(R) というクリフォード環として定義することもできる。この代数 H は解析学において特別な位置を占めている。というのも、フロベニウスの定理 に従えば H は実数の全体 R を真の部分環 として含む有限次元可除環 の二種類しかないうちの一つ(もう一つは複素数 の全体 C)だからである。

従って、単位四元数は三次元球面 S3 上の群構造を選んだものとして考えることができて、群 Spin(3) を与える。これは SU(2) に同型、あるいはまた SO(3) の普遍被覆 に同型である。
四元数数の単位の積を四次元空間の 90°-回転として視覚的に表現したもの。ij = k, ji = −k, ij = −ji
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%85%83%E6%95%B

  

スライブのトーラス

 
Resurrection : ヤポネシア、夜明けと目覚めの光楽:太陰イデア論と心智学(psychosophy)


●『エーテル空間』ノートpdf (全データ)
●『エーテル空間』ノート (2013.1.16) *終了

「エーテル空間」ノート

■テキスト
ジョージ・アダムス 『エーテル空間』 (石井秀治訳・耕文舎叢書/2012夏発行)

■全体構成
「はじめに」
「I.ユークリッド幾何学と近代幾何学」
「II.反空間とその力」
「III.球面に関する対極性」
「IV.物質とエーテルの力と実体」

●『エーテル空間』ノート

◎『エーテル空間』ノートpdf (全データ)


「III.球面に関する対極性」

note19:物質的な相における点が完全に球面のなかにあるように、
    エーテル的な相における平面は完全に球面のなかにある:空間の質的反転
note20:これまでの議論のイメージ的なまとめ:物質的な相を内的かつ積極的に乗り越えること
note21:球をつくり出していくエーテル的形態形成のプロセス
    エーテル的な側面と物質的な側面との相関と差異
note22:球の中心点から放射する物質空間の諸半径は、
    エーテル空間の中心平面を織り成す天球諸直線に対応している

《間奏あるいは幕間狂言》

note23:
・球は中心点に直角三角形をつくり出すだけではなく、天球周縁にも直角三角形をつくり出す
・プロセスとしての球形形成運動
・球形形成原理は、虚数に関わり、数エーテル(化学エーテル)として現象界に現れる
note24:
・霊的ー魂的な三つ組は、地上でと同じように天上でも作用し、
 宇宙の霊的根源においては思考、感情、意志の三つ組と関連している
・数学的に述べられてきた事柄は、超感覚的作用に関連して「質的ー理念的」に理解する必要がある
・「彫塑的空間」としてのエーテル空間
・形成諸力体としてのエーテル体
・人間を全宇宙から形成されているものとしてとらえる必要性



http://www.bekkoame.ne.jp/~topos/
神秘学遊戯団 - Bekkoame


2013年08月04日(Sun)▲ページの先頭へ
ヤハウェとは何ぞ哉:超越性と父権と自我と物質:父権的強制力:超越的自我、唯物論、世俗主義
テーマ:マイナス・減法の新文明:ポスト聖書文明

思いつきであるが、ヤハウェ(キリスト教では、「父」であるが)とは、物質主義、世俗主義に結びついているのではないかと思えてきたのである。
 超越神であるが、物質主義だと思えるのである。「産めよ殖やせよ。地に満ちよ。」
 では、モーゼの十戒をどう見るのか。その外在的道徳を。
 それはひとまず置いておこう。
 私はヤハウェは自我(父権的自我)の神だと思うのであり、自我による物質的身体とその欲望の肯定があると思われるのである。
 自我を肯定すれば、そこには、マテリアリズム(唯物論)が生まれると考えられるのである。
 皮肉であるが、世俗主義はヤハウェに基づくように思えるのである。(古代ギリシアは実は、太陰から陽へ展開するコスモスの精神が開花した大時代だと思う。つまり、母権的自我の芽生えである。)
 では、保留したモーゼの十戒、外在的道徳はどう説明できるのか。
 十戒の一つの唯一神の教えは正に、極陽、超越的同一性の力学を意味するのであり、道徳というよりは、力学、「物理学」である。更に言えば、強制力である。つまり、一種、物質的な強制力がそこにあると考えられる。正確には自我的強制力である。言い換えると、一種の暴力ではないだろうか。
 つまり、モーゼの十戒から唯一神の教えだけをとって見ると、それは、道徳というよりは、自我、超越的自我の強制力であり、道徳というよりは、暴力である。
 つまり、そこには、モーゼの十戒には、重要な唯一神の教えにおいて、極言すれば、道徳ではなく、強制力・暴力があるということになるのである。
 このことと物質主義(唯物論)、世俗主義とを併せてみると、ヤハウェとは、超越的自我、強制力、暴力、物質主義(唯物論)、世俗主義の「神」である。しかも、ユダヤ民族主義的神、ユダヤ自民族中心主義的神である。
 これは端的に、恐ろしい「神」である。悪魔、悪霊のたぐいである。私は、戦争・破壊の神、アーリマン(悪魔の一種)と結びつけたが、間違い、あるいは、まったく外れているとは言えないだろう。
 思えば、グノーシス主義が、デミウルゴス(創造神)を悪魔と考えたのは、故無きにあらずである。
 もっとも、デミウルゴスとヤハウェをそのまま結びつけることは問題があるが。
 つまり、ヤハウェとエローヒーム(神の複数形)の問題があるからである。両者、混同され、デミウルゴスと見られているが、区別すべきである。本来のデミウルゴスは後者であろう。しかし、ヤハウェは、本来のデミウルゴスではないだろう。
 それは、デミウルゴスを簒奪した父権神と考えられるのである。
 とまれ、以上、ざっとであるが、ヤハウェは物質主義、世俗主義の「神」であり、また、道徳の「神」ではなく、自我的強制力、暴力の「神」であることが解明された。
 私の思いつきは、間違っていなかったことになる。もっとも、さらに検討は必要であるが、以上は仮説となる。
 
参考:
モーセの十戒 - Wikipedia
モーセの十戒
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内 、 検索
ホセ・デ・リベーラ 作『モーセ』(1638年 ):十戒が書かれた石板を持つモーセが描かれている。

十戒(十誡、じっかい、ヘブライ語 עשרת הדיברות‎)とは、モーセ が神 から与えられたとされる10の戒律 のこと。十戒の内容は神の意思が記されたものであり、モーセが十戒そのものを考え出し、自らもしくは他者に記させたものではない[1] 。モーセの十戒とも呼ばれる。二枚の石板からなっている。

二度神から渡されており、最初にモーセが受け取ったものはモーセ自身が叩き割っている。
出典[編集 ]

旧約聖書 の出エジプト記 20章3節から17節、申命記 5章7節から21節に書かれてある。

エジプト 出発の後にモーセ がシナイ山 にて、神より授かったと記されている。
キリスト教
キリスト教
関連記事
原理

イエス・キリスト
降誕 十字架 復活
使徒 教会 聖伝
聖書

旧約聖書 新約聖書
正典 外典
神学
三位一体 (父 、子 、聖霊 )
歴史と伝統

キリスト教の歴史 年表
初代教会 公会議 信条
大シスマ 十字軍 宗教改革
東方教会

正教会 東方諸教会
東方典礼カトリック教会
西方教会

カトリック · 聖公会 · プロテスタント
再洗礼派 · ルター派 · カルヴァン主義
バプテスト · メソジスト · ホーリネス
聖霊派 · ペンテコステ派
自由主義神学 · 新正統主義
根本主義 · 福音派 · 社会派
話題

教派 エキュメニズム
説教 祈り 音楽 暦
礼拝・典礼・奉神礼
キリスト教 ポータル
表 ・話 ・編 ・歴
正教会・プロテスタント(ルーテル教会以外)の場合[編集 ]

1. 主が唯一の神 であること
2. 偶像 を作ってはならないこと(偶像崇拝 の禁止)
3. 神の名を徒らに取り上げてはならないこと
4. 安息日 を守ること
5. 父 母 を敬うこと
6. 殺人 をしてはいけないこと(汝、殺す無かれ)
7. 姦淫 をしてはいけないこと
8. 盗んではいけないこと
9. 偽証してはいけないこと(嘘 を言ってはならない)
10. 隣人 の家をむさぼってはいけないこと

1から4までは神と人との関係であり、5から10までは人と人に関する項目(同時に刑法 の根幹)である。

ユダヤ教 の安息日 は土曜日 であるが、キリスト教会ではイエスの復活 の日である日曜日 を主の日と呼び、日曜日を聖日として礼拝している。
カトリック教会・ルーテル教会の場合[編集 ]

わたしはあなたの主なる神である。

1. わたしのほかに神があってはならない。
2. あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。
3. 主の日を心にとどめ、これを聖とせよ。
4. あなたの父母を敬え。
5. 殺してはならない。
6. 姦淫してはならない。
7. 盗んではならない。
8. 隣人に関して偽証してはならない。
9. 隣人の妻を欲してはならない。
10. 隣人の財産を欲してはならない。

参考[編集 ]

* ユダヤ教
* 旧約聖書
o 出エジプト記
o 申命記

関連[編集 ]
ウィキメディア・コモンズには、モーセの十戒 に関連するカテゴリがあります。

* 十誡 (映画) (1923年米映画)
* 十戒 (映画) (1956年米映画)


執筆の途中です この項目「モーセの十戒」は、キリスト教 に関連した書きかけ項目 です。加筆・訂正 などをして下さる協力者を求めています (P:キリスト教 /PJ:キリスト教 )。
執筆の途中です この項目は、ユダヤ教 に関連した書きかけの項目 です。この項目を加筆・訂正 などしてくださる協力者を求めています (プロジェクト /ポータル )。

1. ^ ただし旧約聖書にはモーセがシナイ山に登り、十戒を授けられ下山した旨記されており、どのようにそれが授けられたか第三者の目撃談という形では記されてはいない。

「http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=モーセの十戒&oldid=46575495 」から取得
カテゴリ :

* 旧約聖書
* ユダヤ教
* 聖書の語句
* キリスト教の法
* 名数10
* 出エジプト記


199:ユダヤ教 - Dokidoki
www.dokidoki.ne.jp/home2/islam/philo/iwata/lb199.htm - キャッシュ
古代ユダヤ教」はウェーバーの宗教社会学の研究の一環として著わされた本ですが、彼
は常に世界史におけるこの民族そして宗教の特異性を意識していたように思います。
この本によるとユダヤ人の由来はベリースという契約によって成立した戦争のための
連合 ...
マックス・ウェーバー 「古代ユダヤ教」(岩波文庫・上)1/3 - 週に一冊
d.hatena.ne.jp/oshimayukinori/20130306/1362528942 - キャッシュ
2013年3月6日 ... マックス・ウェーバー 「古代ユダヤ教」(岩波文庫・上)1/3. 訳者(内田芳明)まえがき.
賤民宗教のユダヤ教が世界宗教に発展したのはなぜか. 近代西洋の文化形成の根底
にはウェーバーの言う「合理的(禁欲的)実践的生活態度」があるが、 ...
バアルとヤハウェ ウエーバー『古代ユダヤ教』ノート(1) | 聖書における愛 ...
8661.teacup.com/agapekainomos/bbs/32 - キャッシュ
2011年6月19日 ... その後、バアル神信仰の詳細がひどく気になってきて、読みかけになっていたマックス・
ウエーバー『古代ユダヤ教』(岩波文庫)を、第1章第13節「バアルとヤハウェ、偶像と神
の箱」を中心にいくらか読み直しました。関連して、山我哲雄氏の『 ...
マックス・ウェーバーと近代 姜尚中 - Pages
www18.atpages.jp/hisao123/newpage189.htm - キャッシュ
資本主義のなれの果てを官僚主義的非人間性に見たウェーバーをプロテスタンティズム
の精神から古代ユダヤ教にまで遡って究明した力作である。 社会主義をねじ伏せたか
に見える資本主義はウェーバーの危惧した官僚的合理主義よりも、その原始的・賭博性
...
Ancient Judaism (book) - Wikipedia, the free encyclopedia
en.wikipedia.org/wiki/Ancient_Judaism_(book) - キャッシュ - 類似ページ
Ancient Judaism, also known as Ancient Palestine: Society and Religion (
German: Das antike Judentum), is a book written by Max Weber, a German
economist and sociologist, in early the 20th century. The original edition was in
German - the ...


2013年08月03日(Sat)▲ページの先頭へ
現代アナキズムの問題:国家主義から新共同体主義へ:国家から個的共同体への「相転移」
現代アナキズムの問題:国家主義から新共同体主義へ:国家から個的共同体への「相転移」

テーマ:新共同体(協同組合)経済:減価共同体通貨

以下、飯山氏の檄の意味しているところは、今日のアナキズムの必然性である。
 私は10年くらい前にアナキズムに興味をもったが、地域通貨失敗の後、考えなくなった。
 しかし、今日、ヤハウェ父権自我グローバル戦争資本主義によって、国家が支配されていることを考えると、国家には頼れないことは明白である。
 国家がリバイアサンならば、それを操作する超リバイアサンがいるのである。
 とまれ、個の独立(知的、経済的、精神的独立)が必要になった時代である。
 そのためには、個同士の共同体が必要になってくるのである。私は個的共同体と呼んできたが。これは、私の最新の理論(仮説)からは、個的母権共同体になるのである。
 思えば、マルクスがコミュニズムを描き、プルードンがアナキズムの協同主義を描いたが、どうも、ポスト国家のあり方を模索する時代になった。正に、アナキズムの時代である。
 アナキズムというと無政府主義、バクーニンの暴力主義が浮かぶが、実は様々である。
 マルクスは実はプルードンのアイデアを相当盗んでいるようである。
 とまれ、問題は、ポスト国家である。個的共同社会の構築である。
 どうやら、時代は19世紀末から20世紀初期に近づいてきたようである。
 とまれ、飯山一郎氏のサバイバル・スタイルはアナキズムであることは確認できるのである。
 そう、ある意味で、マルクス/エンゲルスの共産主義は、方向性は間違っていなかったと言えよう。しかし、集産主義的側面が間違っていたと言えよう。個をベースにする必要があるのである。アナキズム的共同主義である。
 ただし、国家は打倒すべきというよりは、活用すべきである。とまれ、国家主義から個主義への転換である。

アナキズム - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%82%AD%E3%82%BA%E3%83%A0

ja.wikipedia.org/wiki/アナキズム - キャッシュ - 類似ページ
たとえば歴史上のアナキズムの古典とされるプルードン、バクーニン、クロポトキンの三
人においてさえ、思想はまったく異質である。資本主義のシステムを批判したプルードン
のアナキズム(プルードン主義、"無政府連合主義")はフランス流の合理的思考の影響
を ...

リバタリアニズム - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%90%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%82%BA%E3%83%A0

ja.wikipedia.org/wiki/リバタリアニズム - キャッシュ - 類似ページ
ロシア・リバータリアン運動 · 保守党 (デンマーク) · 関連の政党の一覧(英語版). 関連
項目. 市民的リバタリアニズム(英語版) 市民的社会主義(英語版) 立憲主義 · 連合
主義(英語版) リバタリアン保守主義(英語版) リバタリアンの民主党員(英語版)
リバタリアン ...

リヴァイアサン (ホッブズ) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%83%B3_%28%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%96%E3%82%BA%29

ja.wikipedia.org/wiki/リヴァイアサン_(ホッブズ) - キャッシュ - 類似ページ
リヴァイアサン』(Leviathan)は、トマス・ホッブズが著した政治哲学書。1651年に発行
された。題名は旧約聖書(ヨブ記)に登場する海の怪物レヴィアタンの名前から取られた
。正式な題名は"Leviathan or the matter, forme and power of a common-wealth ...

ピエール・ジョゼフ・プルードン - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%BC%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%B3

ja.wikipedia.org/wiki/ピエール・ジョゼフ・プルードン - キャッシュ - 類似ページ
ピエール・ジョセフ・プルードン(Pierre Joseph Proudhon;1809年1月15日−1865年1
月19日)は、フランスの社会主義者、無政府主義者。無政府主義の父と言われる。 目次
. 1 生涯; 2 政治思想; 3 関連; 4 参考文献. 生涯[編集]. ブザンソンにあるムイエールと ...

◆2013/08/02(金)  ダマす選挙、ダマす商品、ダマす人
http://grnba.com/iiyama/index.html#st08021

◆ 2013/08/02(金)  ダマす選挙、ダマす商品、ダマす人間
いま、『放知技』の三宅洋平の選挙を語るスレ が熱い…
放知技
三宅洋平の選挙は、ボランティアが自発的に始めた選挙ではなく…、仕組まれた選挙だった!
三宅洋平の選挙は、ボランティアが自発的に始めた選挙ではなくて、仕組まれた選挙だった! つまり、悪質なヤラセ選挙。

しかも!無垢で無知な有権者から善意のカンパや寄付を巧妙・狡猾に集めるビジネス選挙だった!
な〜んてことがバラされてます。このサイトの掲示板『放知技 』で。

いまの日本の選挙のヤリ方では、日本は絶対に良くならんし、逆に悪くなるばかり!これが日本の選挙なの蛇夜。

「国会は 民意の墓場だ 墓石だ 」。この国を良くしよう!という切実な願いなど、ぜ〜んぶ死に票になっちゃうの夜!

だっから、みんな! 表面の言葉の美しさ にホレて、くだらない選挙にカネだしたり、くだらん商品を買っちゃダメだ象!

放射能にEー!とか、健康にEー!とか、美しい言葉で宣伝する商品にも絶対にカネを出しちゃダメだ。

タダで、カネなど使わずに乳酸菌を自宅で培養できる時代に、乳酸菌食品やサプリなどの高額商品を買うのはヤメロ! 鼠〜こと。

いま、時代は、ダマシの時代に入った!
シトを疑うことを知らない善意あふれる素人を、ダマシ屋の詐欺集団、マルチ、カルトの悪玉たちが狙って、ダマシまくっている。

すべての商品やサービスを、その場で発作的に買っては駄目だ。
買う前に、三日考えろ! 石橋は、叩いて、渡るな!

巧妙に近づいてくる見ず知らずの他人は、詐欺師か泥棒と思え!
「癌の疑いがあります」な〜んて言う医者も、詐欺師の一味だ。
そーゆー恐ろしい世の中になってしまっているんだ夜。この日本は。
分かったな? 慎重に生きていって猪〜大寝!>皆の衆
飯山一郎のLittleHP


2013年08月02日(Fri)▲ページの先頭へ
快感の問題:太陰の突き上げと快感と気的身体理性:酔いの快感から気的快感へ
快感の問題:太陰の突き上げと快感と気的身体理性:酔いの快感から気的快感へ

テーマ:健康&治癒:森気浴:医食同源:小食菜食

後で検討したい。
 人間は快感を求めるが、その方法が問題である。
 私の場合、体調が悪くなり、酒が飲めない状態となり、去年12月から断酒の状態に入った。また、去年10月から森気浴を始めた。断酒後、森の気に触れる快感を積極的に求めたり、また、気的に気持ちのよい菜食をするようになった。
 酒の酔いの快感ではなく、気的快感を求めることにチェンジしたのである。
 当然、体調がよくなり、活力がとてもついたのである。
もし、去年体調が悪くならなかったら、酒を飲み続けていただろう。酔いの快感から気的快感へのチェンジが気的身体理性的にできれば、理想的であるのだが。

追記:太陰の突き上げについて触れていないが、知・感・気の三位一体の太陰を作業仮説して言うと、当然、太陰の突き上げには、感(感性)と気が含まれるので、快感という原理は根本的と考えられる。また、知があるので、感性・気的快感に留まらない。

追記2:そう、うつ病のことにも言及しようと思ったのである。
 うつ病はハイパー自我病の面が強いと思う。太陰の突き上げを救い上げていず、抑圧していると思う。太陰が元気をもたらすのである。太陰を肯定するような心的形成が必要と考えられる。





シュタイナー霊学のアストラル体とは何か:気と感情:根源知と感性と気の三位一体としての太陰

テーマ:太陰イデア論:哲学的超科学理論(仮説) 検討問題である。


一言言うと、太陰の心(霊、スピリット)というとき、そこには、いわば、元識、原識がある。これまで、感識と言っているが。
 元識には、根源知がある。そして、それは、感性(感情、情感、感受性)も入る。
 しかし、私は太陰の心の気波動という言い方をしている。当然、太陰に気を見ているのである。
 つまり、太陰心(霊、スピリット)は、根源知、感性、気を内包していることになる。三重相であるが、相互貫入していよう。
 しかし、根源知は感性でもあり、また、気でもあるように思う。いわば、三位一体である。知と感と気の三位一体である。
 今の段階ではそう作業仮説しよう。 

追記:いわゆる、知情意(知性、感情、意志)であるが、太陰三位一体(知性ー感性ー気)と通じるように思う。
 プラトンは真善美であるが、真は知、善は気、美は感性となるだろう。

参考:
心の気の「量子力学」:心の気の「物理学」
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11580813143.html

参照:以前(約1年3ヶ月前)、以下のようなことを言っていた。
PS理論とシュタイナー精神学:自我とアストラル体とエーテル体と物質 ...

PS理論 とシュタイナー 精神 学:自我 とアストラル体 とエーテル 体と物質 :超越軸と虚軸と実軸の3D 世界

テーマ :シュタイナー 精神 学

以前、本件について比較 論を行なったが、PS理論 から シュタイナー 精神 学を言わば、取り込みたい。

 今は直観 で述べると、



自我 =凸i ・・・ ・・ 純粋 悟性、外的感覚 、空間 、電磁波

アストラル体 =凹i ・・・ ・・ 感情 、欲望、内的感覚 、時間 、(重力波 )

エーテル 体=凸(+1) ・・・ ・・ 生命 、氣、超光、自然 、宇宙

物質 =凹(−1) 

以上のようになるが、それらはガウス 平面に位置付けられている。

 問題は、超越軸z軸の意義である 。それらは、いわば、神霊の領域 であり、感覚 的には、基本的には感知できない領域 である 。

 思うに、カント 哲学 の純粋 理性の領域 に近いが、端的にはそれを超えている。何故なら、純粋 理性とは、純粋 悟性と超越性との境界 に存すると考えられるから である 。超越軸と虚軸の交差するmedia point に存すると考えられる。

 しか しながら、純粋 理性は、その力学 を単にパラドックス である アンチノミー に限定していると考えられるのである 。もっと も、この点は先になるが、厳密に検討 したいと考えている。

 とまれ、超越軸z軸は神霊領域 であり、所謂 、霊界 というもの は、ここに存することになる。他界 、異界、あの世 、彼岸 、天国 ・地獄 、等はそこに存すると言えよう。

 そのように見ると、人間 の魂、霊魂 soul-spirit である が、それは、自我 である 凸iとアストラル体 の凹iの共存 に基本的には存するだろうが、所謂 、生きている間は、実軸x軸(現象界)に存しているが、死んだとき 、あるいは、生まれる以前(前世 )は、そこから 脱して、純粋 に虚軸y軸に回帰 し、また、さら に、media point 化して、超越軸z軸(霊界 )に帰還するのではないだろうか。

 虚軸y軸はmedia point を介して、永劫の情報 を保持しているのではないだろうか。個的霊魂 の情報 のアーカイブ のようなもの ではないだろうか。すると、それは、オカルティストの説くアカ シャ年代 記akashic records(アカシックレコード - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89

)に相当するだろう。

 そして、死後の浄化が超越軸z軸と虚軸y軸とのmedia point で為されて、霊界 への復帰するのではないだろうか。

 以上、思考実験 、作業仮説である 。
http://d.hatena.ne.jp/antares/20120505

エーテル体とアストラル体 - protophilosophy(タイトルタグ) - のブログ
protophilosophy.noblog.net/blog/g/10483787.html - キャッシュ - 類似ページ
2008年1月23日 ... 人智学のシュタイナーは、人間を1.自己(ichが自我と訳されているが、自己が正しいと
思う)/2.アストラル体/3.エーテル体/4.物質身体の四層に分けている。
プラトニック・シナジー理論から見ると、自己認識方程式(+i)*(-i)⇒+1の左辺に ...




私は憐人形眠や春師恩を飲んだことがある:手術後と不眠症のとき:断酒と気的身体理性(森気浴)で治癒
テーマ:病気哲学:心のカオスとコスモス:心アート
◆ 2013/07/27(土)2 またサーバー停止にするの毛?>サーバー会社
↓ これが原因で、再度サーバー停止になる可能性が大だって夜〜〜 ↓
↑ 「消せ!」と言われたら消しまっせ〜。けど、牛〜全国のブロガーが拡散しちまいました夜〜www ↑
上の表↑と、下の表↓、ワクの感じが違うでしょ? これは「削除対策」と「表のデータをアメリカのサーバーに送った」ためです。はい。

クスリの表を公開したのがサーバー停止の理由だったのですがー、
すんげ〜大勢のヒトから「一部だけでも見せろ!」という電話が鷲に殺到したので、ほんの一部を後悔しながら公開したのが上と下の表。

「これで、また来週早々にサーバーが止まるぞ!」
と言って来るシトもいますがー、サーバーを止められたら止められたで、また何かが分かってくるので、それはそれで面黒いのです。はい。
あ、このサイトが見られなくなってもー、
・ http://grnba.secret.jp/iiyama/  (第1ミラーサーバー)
・ http://grnba.web.fc2.com/  (第2ミラーサーバー)
と、別の二つのサーバーで見られます。
「お気に入り」に入れてブックマークしておいてください寝!>皆の衆
これから、殺すか?殺されるか?の闘いが実況で見られますから…。

つーのは…、
クスリを飲んだシトは廃人になるまである。クスリが売れないと製薬会社は大困り…。
当然、製薬会社にとってクスリの害毒を大宣伝する飯山一郎は憎き敵となる。

とにかく、
上と下の表に載ってるクスリは麻薬!ですからー、クスリの名前を知っているヒトと、知らないシトでは、人生にすんげ〜差がでてきます。
だから、みんな! メモするか、コピーしておこ〜寝!

そして、全国のブロガーの皆さん、上と下のクスリ(麻薬)の表、派手に拡散してください。人助けになりますから…。
いじょうです。 ピンチをチャンスにしましょ!

◆ 2013/07/27(土) 自由な民主主義国家&法治国家、ヌッポン万歳!
↓ こんな資料を強引に削除させる勢力が日本にはいる… ↓
■向精神薬
リタリン 10T \20000
■精神賦活剤
ベタナミン 10mg \1500/st
ベタナミン 50r \4000/st
■睡眠導入剤
ハルシオン 0.25r \2000/st
レンドルミン 0.25r \2000/st
グッドミン 0.25r \1800/st
サイレース 2r \3000/st
ロヒプノール 2r \3000/st
エリミン 5r \3000/st
マイスリー(10t) 10r \3000/st
アモバン 10r \2500/st
ユーロジン 2r \2000/st
■精神安定剤 / 抗不安薬
ベゲダミンA \2500/st
ヒルナミン 25r \2000/st
セレネース 0.75r 1500/st
ウィンタミン(20t) 12.5r \3500/st
リスパダール1mg1シート1500円
デパス(10t) 0.5r \1500/st
デパス(10t) 1r \2000/st
レキソタン 2r \1200/st
レキソタン 5r \1500/st
ソラナックス(10t) 0.4r \1500/st
ソラナックス 0.8r \2500/st
メイラックス 2r \2000/st
ワイパックス 0.5r \1500/st
ワイパックス 1r \2000/st
セディール10r \1000/st
■抗うつ剤 (SSRI)
パキシル(10t) 10r \2000/st
パキシル(14t) 10r \2800/st
ルボックス(10t) 25r \1500/st
ルボックス 50r \2000/st
■抗うつ剤 (SNRI)
トレドミン 25r \1500/st ■三環系抗うつ剤
トリプタノール 25r \500/st
アナフラニール 25r \500/st
アモキサン 25r \500/st
■四環系抗うつ剤
テトラミド(21t) 10r \2500/st
テトラミド(10t) 30r \1800/st
■非定型抗精神病薬(SDA)
リスパダール 1r \1500/st
リスパダール 2r \2500/st
■うつ病・うつ状態の治療薬
ドグマチール 50r \500/st
スルピリド 50r \200/st
ベタマック 50r \250/st
ベタマック 100r \500/st
■抗てんかん剤
デパケンR 200r \800/st
※手渡し(新宿)可
※バラ売り可。少量取引歓迎
↑ 昨日、鷲のメイン・サーバー停止されたが、その理由となった資料の一部。 ↑
3年半も前にアップした「クスリ関係の資料」である。
「その資料を削除せよ! さもなくばサーバーは永久に停止する!」
こう脅され、鷲は、やむなく、「クスリ関係の資料」を消したのでR。「やばいサイト みたいなのでビビりました 」
こんな↑書き込みが、ツイッターや掲示板に書かれた。

たしかに「やばいサイト」だ。
向精神薬や抗うつ剤が麻薬のごとく売買される市場がある!という証拠なのだから…。だからこそ、鷲は、その「やばいサイト」の丸ごとコピーを証拠資料として残しておいたのだ。

向精神薬や抗うつ剤は「麻薬のごとく」ではなく、実質的に麻薬そのものなのだが…、その麻薬市場がある!と、鷲は証拠を残しておいた。
「ソレは駄目だ!許さん!削除させろ!」
とサーバー会社に迫った『第三者機関』。この「機関」に逆らうと、豚でもないコトになる!こー考えたので、サーバー会社は、何の前触れもなく、突然いきなり鷲のサーバーを停止にしたのだろう。

「いや!飯山一郎の医療や製薬資本に対する批判があまりに厳しいので、『Eー加減にしないと表現活動が出来なくなるぞ!』 という脅迫と前触れなの鴨夜」
という意見もあった。この意見を言ってきたヒトには…、
「オドシなんかにビビるよーな飯山一郎ではない象!」
とUー本音は言わなかったが…(爆)

向精神薬や抗うつ剤や精神安定剤は実質的には麻薬そのものだ!というのは、すさまじい禁断症状がでている患者がいて、彼らが豚でもなく高額のクスリを買っている!買わされている! その証拠を消せ!とは…。

医者は凄まじい禁断症状がでることが分かっていても軽々に向精神薬や睡眠薬を処方する…鼠〜現実。
1回服用させれば、患者は確実にリピーターになるし、継続的に儲けられる…鼠〜算術。
こーして、この民族は狂っていくのです。
クスリを飲みながら、放射能を浴びながら、ソレを吸い込みながら、食べて応援しながら…。ながらえるはずありませんが…。
ま、いくとこまでいってくらはい!
飯山一郎のLittleHP



2013年08月01日(Thu)▲ページの先頭へ
ママス&パパス:47年前、今でも新鮮である:自由資本主義経済から自由共同体資本経済へ
ママス&パパス:47年前、今でも新鮮である:自由資本主義経済から自由共同体資本経済へ

テーマ:music/dance/ballet

ハリウッド映画もそうであるが、米国(「鬼畜」米英)の作品は今でも視聴できる。
 それに対して、映画は除くと、歌謡曲で今日聴けるのはどれほどあるのか。美空ひばり、都はるみ、テレサテン、他、名歌手はいるが、果たして、古典となる歌謡曲はどれほどあるのか。
 私は学生の頃、洋楽ポップスが好きで、日本のフォーク・ミュージックはウェットな響きが嫌いであった。(演歌は中年くらいで好きになったが。ニューミュージックでは、五輪真弓が大歌手であり、近年では夏川りみが大歌手であるが。)
 今でも、普段聴くのは洋楽である。それも古いものである。70年代初期である。
 とまれ、なぜ洋楽が好きなのか。それも古いものが。
 一言で言えば、心、ハートがあるということである。では、日本の歌謡にはないのかと言われると困る。
 もちろん、あるが、日本の歌謡はウェットなのである。それが重いし、疲れるのである。
 洋楽の心、ハートはカラッとして、爽快なのである。そう、これを私は求めているのである。陰湿な感情は苦手である。
 「カラッとして、爽快」というのは、いい意味でキリスト教から来ているのではないだろうか。

追記:政治経済的に記述すると、ママス&パパスはどうなるのだろうか。自由資本主義の自由市民の音楽ということだろうか。しかし、自由資本主義は今日、世界寡占・独占資本主義になっているのである。時代の大変化があるのである。

追記2:結局、自由資本主義(自由民主資本主義)が世界独占・寡占全体主義的資本主義に変質してしまったのは、自由において、自我、ヤハウェ父権自我が主導・支配しているのからである。これを乗り越えるには、内在超越的主体の立場が必要である。それは、一種のプラトン主義なのである。太陰イデア論(太陰イデア原理)から言うと、太陰イデアへと主体を転換する必要があるのである。
 自我的自由から個=他者的自由(個的倫理)へと転換する必要があるのである。これは、政治経済的には、自由共同体資本経済への転換を意味すると言えよう。

 
The Mamas and The Papas - Monday, Monday 1966 HQ / HD 1080p


夏川りみ−涙そうそう


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2013年8月
       

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:197
昨日:887
累計:4,653,606