INNOVATION OF PHILOSOPHY: GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience - 2013/04/06

GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience:思えば、2004年9月「海舌」氏とブログ上で遭遇し、不連続的差異論が誕生しました。その後、仮説・理論は紆余曲折的に変転しました。現時点2015年では理論名はGP陰陽哲理学です。




[PR]



2013年04月06日(Sat)▲ページの先頭へ
キリストの愛とプラトンのエロース:美と他者
テーマ:無双陰陽原理/トランス・サイエンス

プラトンのエロース(恋慕)とキリストの愛:無双陰陽原理の気的身体理性:プラトン・ネオルネサンス
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11505093121.html

先に以上で、キリストの愛を批判し、プラトンのエロースを肯定した。
 短絡的な判断だと今思う。キリストの愛は他者の問題が全面にあると思う。それに対して、プラトンのエロースは美が全面にある。
 他者は無双陰陽原理では、陰である。プラトンのエロースは、他者の美、陰の美を問題にするのであり、他者自体ではない。もっとも、究極的には他者の肯定へと帰結するのであるが。
 キリストの愛は当然ながら、エロースではない。返って、アンチ・エロースである。つまり、表面的には、キリストの愛とプラトンのエロースは齟齬を来すのである。
 二つの「愛」の衝突があるのである。これは、人生の矛盾である。
 しかし、今ふと思ったが、キリストの愛の上に、プラトンのエロースを載せることはできるのではないか。
 他者肯定的エロースである。キリスト的エロースである。
 今はここで留める。

追記:詩人ヘルダーリンが、キリストとパン神の融合を詩で述べていたと思う。これは、キリスト的エロースになるのではないだろうか。問題は、キリストをベースにすることである。
 ところで、聖霊の問題であるが、それは、根源のイデアと一致するのではないだろうか。しかしながら、問題は微妙である。エロースとイデアと一致させることはできるのか。できないだろうか。後で検討したい。


物質とは何か:その2:気と電磁波は全く別ものである:生命原子(気的原子)と純粋原子
テーマ:science:物質とは何ぞ哉

今日も森の小道を掃除しながら歩き、いつもの、小道の両脇を杉が聳える思索の場で、哲学した。
 今日は、物質についてさらに考察をした。
 陽大化によって同一性=物質化が起きると作業仮説している。ここから考えられるのは、陽大化の同一性化は、原粒子の形成である。それを生命原子ないし気原子と呼びたい。そして、陽が陽子となり、陰が電子となると考えるのである。
 しかしながら、本質的なポイントは、これが単なる原子ではないことである。中核には、陰陽螺旋=気的螺旋ないしそのような原動力が存すると考えられるのである。簡単にざっと言えば、中核には、気が存するのである。(おそらく、気渦流ないし気渦動のようなものである。とりあえず、気渦動と呼ぶ。)
 つまり、原粒子は、生命体を構成する生命原子(気原子)であり、中核に気渦動をもつということになる。(だから、一般の物理学の原子とは、この生命原子から生命・気の脱落したものと考えられる。言い換えると、核心の気渦動が抜けているのである。ということは、気渦動が「魂」、「プシュケー」と言えそうである。)
 さて、陽が陽子となり、陰が電子へと変換する。では、原子核に相当するのは何だろうか。物理学的に言えば、陽子の位置に原子核が来るだろう。
 しかしながら、以上の考えから、原子核とは別に、陰陽螺旋、陰陽原動力、気渦動を中心に見ているのである。それを生命核ないし気核と呼ぶ方が明快であろう。
 このような考え方から、螺旋的生命物質体は、あるいは、生命物質は、生命原子(気原子)から構成されるのであり、生命原子(気原子)のコアには、生命核(気核)があるのであり、それは、気のエネルギーをもっていると思われるのである。
 だから、それは明らかに、電磁波とは異なるのである。電磁波とは、生命原子における物質体(物質外装体)であり原子において発出されるのであり、生命原子の中核の生命核(気核)からは、気波動が発出されると考えられるのである。
 言い換えると、生命体は、中心から生命波動=気波動を、そして、物質体からは電磁波を発生させると考えられる。
 これで、これまで長い間の疑問、気と電磁波の関係の問題の解決に向けて、大きく前進したと考えられる。
 気と電磁波は全く異なるものである。気はオカルティストが言うエーテル体に当たると考えられる。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2013年4月
  6
       

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:469
昨日:481
累計:4,947,704