INNOVATION OF PHILOSOPHY: GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience - 2012/11/17

GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience:思えば、2004年9月「海舌」氏とブログ上で遭遇し、不連続的差異論が誕生しました。その後、仮説・理論は紆余曲折的に変転しました。現時点2015年では理論名はGP陰陽哲理学です。




[PR]



2012年11月17日(Sat)▲ページの先頭へ
気と量子: We are all mad.:マニ教の光
物質科学がつきとめた量子に、気の力学を解く鍵があるかもしれない。
 私は以前、長距離相関の問題は気の高次元、超次元を考えれば解明できると述べた。
 つまり、量子の本体とは気である。気を物質科学は量子として観測していると考えられる。
 つまり、量子とは気の現象体であるということである。波動と粒子の二重性をもつという量子であるが、それは、気を考えれば、明解になるだろう。
 陰陽の気は波動であり、また、実軸+1で物質粒子となると考えられる。
 つまり、

霊「数」、陽✡、陰✪を仮説して、また、陰陽共振を✇で表わし、以下のように公式化する。無双PS原理公式である。
✪✇✡⇒a + bi + cj + dk 
or
✪✇✡⇒+1 + i + j + k
 
上記における+1が粒子ということになる。(だから、当然、+1は時間ではない。時間は、⇒であろう。そして、三つの虚数i, j, kは空間三次元を意味しよう。結局、四元数とは、物質空間三次元を表象しているということになろう。)
 しかし、気は本来、波動と見るのが的確であろう。粒子は結果、エネルギーの放出の結果であると考えられる。
 結局、気は現象界に満ち満ちているのに、物質科学は、いわば、お馬鹿に、物質的観測によって、量子しか認証できない状態と考えられる。
 これは、直観、直感という感覚を無視している結果に拠ると考えられる。物質科学は、直観、直感を恐れているのだ。(その理由は、物質科学とは父権主義であり、直観、直感という母権主義を恐れているということと考えられる。)
 数式で言えば、

✪✇✡⇒+1 + i + j + k

右辺、+1 + i + j + kが目に見える現象体であり、左辺✪✇✡が気である。
 直観とは、左辺を見ていることになる。不可視様態の視覚である。
 そして、左辺を量子論はなんとか説明しようとしているのであるが、気という高次元・超次元を認めないので、整合性が欠落するのである。
 そう、陰陽共振という現象原理を認めれば、量子は気であると明確になると考えられる。
 ここできっぱりと言おう。ユダヤ・キリスト教西洋文明とは、父権主義文明であり、右辺中心の物質文明を形成した。しかし、20世紀に入り、左辺に迫る探究を行なったものの、基本は右辺であるので、左辺を真に理解できないのである。
 そう、左辺とは東洋、母権である。西洋、父権には、それが、認識できないのである。ここには、絶対的差異がある。東洋・母権・精神(霊)と西洋・父権・物質(現象)の絶対的差異、分離、乖離があるのである。
 資本主義という経済体制も結局は、右辺経済である。しかし、資本主義の本体は、左辺である。この左辺を右辺である金融資本が破壊しているのである。つまり、陰陽差異共振主義が資本主義の本体でありながら、物質的金融資本がそれを侵しているのである。
 とまれ、本題に戻れば、結局、現象界とは、気の充溢する現象界であり、気の現象としての自然物質界が形成されていると考えられる。
 気とは言い換えれば、霊であり、陰陽霊である。神々である。神霊である。神道は本来、これを崇拝してきたのである。気宗教、気霊宗教である。森(杜)の宗教、森気宗教、森霊宗教である。
 物質文明、物質科学・技術文明とは気なし文明、無気文明であり、悪魔の文明である。狂気の文明と言ってもいい。
 『不思議の国のアリス』でチェッシャー・キャットが「僕はきちがいだ。君もきちがいだ。ぼくたちはみんなきちがいだ。I am mad. You are mad, too. We are all mad.』と言っているのは、正鵠を射ているのである。
 以上で、現象界とは気的現象界であるということで、先の疑問が解明できたと言えよう。つまり、現象界、物質界の本体とは気であるということである。不可視の気が本質なのである。しかし、気は直観、直感で察知できるものである。
 陰陽気の流動、渦動が世界を形成しているのである。それを今日まったく認識していない無知状態なのである。
 終わりに、先に述べた光の問題であるが、当然、光の本体は、気である。気の「光」である。以前述べた、超越光、超光である。不可視の光、直観の光である。これが、宗教の光でもあると考えられる。
 いわば、陰陽光、太極光が根本である。天照大御神、キリストとは、気の光である。そう、アフラ・マズダである。
 私は、結局、マニ教の徒である。マニ教は、光の世界を伝えるが、光とは気の光であったのである。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2012年11月
       
17
 

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:532
昨日:2,085
累計:4,786,737