INNOVATION OF PHILOSOPHY: GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience - 2011/04/02

GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience:思えば、2004年9月「海舌」氏とブログ上で遭遇し、不連続的差異論が誕生しました。その後、仮説・理論は紆余曲折的に変転しました。現時点2015年では理論名はGP陰陽哲理学です。




[PR]



2011年04月02日(Sat)▲ページの先頭へ
光と物質:ならば、心(精神)が光である:肉体は闇である
後で検討したいが、簡単に所見に触れたい。
 物質界が闇ならば、物質界の光とは何かが大問題である。
 これは、「哲科学」的な最重要な問題の一つであろう。
 「光」とは物質なのか精神なのか?
 思うに、凸i*凹i⇒凸において、凸は物質である。そして、「光」は⇒である。
 故に、「光」は物質ではなく、前物質である。精神である。
 ならば、光子は何か。それは、media pointとしての「光」ではないか。media pointは点となるので、この点が光子という素粒子ではないか。
 以上のようであれば、「光」とは、第三象限の根本光に属するのである。
 ならば、この世は闇であり、光である。

追記:では、「気」と光との関係はどうなるだろうか。直観で言えば、「気」が光となって出現するのである。だから、「気」=光と考えていいのだろう。光の根源が「気」ということになる。

追記2:結局、物質界・現象界の「心」とは、media point(凸i*凹i⇒)と連続的同一性(⇒凸)が混淆・混濁・連続化しているのである。そう、ポスト・モダンないしポスト構造主義とはほぼこれに注目したと言えよう。
 しかしながら、media pointの超越性を排除してしまったのである。そう、やはり、近代主義=唯物論なのである。
 

Japonesian Apocalypse:日本黙示録
《ガウス平面で表した人間認識の図》http://photozou.jp/photo/show/240326/40644208  


世の人の極め付けの愚かさは自分が生まれる以前、死んだ以降のことを考えないことだ:この世主義者
テーマ:マニ教とPS理論:光と闇の陰陽双極子

世人は、自分が生まれる前は何であったか、考えたことがあるのだろうか。あるいは、死んだ以降どうなるのかということを。
 もし、自己がこの世だけの存在ならば、いったい、誕生前は何であったのか自問すべきである。
 無から有、そして、有から無?
物質界に染まった人間は、物質界を越える視野をもたない。
 明らかに、精神は超越界、光の世界に所属する。それが、物質界という闇に包まれているのだ。
 この闇の支配が近代文明を生んだと言える。悪魔アーリマンの仕業である。
 物質界に支配されているので、「死」を恐れるのである。しかし、本体は、精神界=光の国(ウルトラマンみたいだ。光の王国と言うべきである。)に属するのである。
 そう、「わたし」は精神界=光の国から生まれ、そして、そこへと帰還するのである。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年4月
          2

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:477
昨日:481
累計:4,947,712