INNOVATION OF PHILOSOPHY: GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience - 2011/03/25

GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience:思えば、2004年9月「海舌」氏とブログ上で遭遇し、不連続的差異論が誕生しました。その後、仮説・理論は紆余曲折的に変転しました。現時点2015年では理論名はGP陰陽哲理学です。




[PR]



2011年03月25日(Fri)▲ページの先頭へ
日本民族の問題:「二つの民族」仮説:母権的民族と父権的民族
テーマ:日本伝統文化:神話・宗教祭礼・民俗・芸能

先にも触れたが、日本とは二つの民族が混在しているのではないだろうか。
 それは、母権的民族と父権的民族である。しかし、また、私は、日本とは、古代ギリシアと同じように、両者の「結合」によって成立したと思うのである。
 だから、母権的民族と父権的民族の統合としての日本民族である。 
 しかしながら、歴史の進展によって、後者の父権的民族が力をもつようになったのではないだろうか。それは、江戸時代以降である。
 しかし、明治維新は、何度も述べるように、母権的民族の業績であり、その後、父権的民族が牛耳ったのである。
 そして、今の国難は父権的民族の支配の帰結ではないかと思われるのである。
 では、日本の父権的民族とは何かと思うと、それは、日ユ同祖論におけるユダヤ民族の可能性が考えられるのである。
 私は仮定される日本のユダヤ民族を貶める考えはまったくない。返って、それが、日本民族の知性を促進したと思う。
 しかしながら、日本文化において、母権的民族と父権的民族の均衡においてこそ、真の日本的知(差異共振的知)、日本的文化が生まれたのであり、後者が支配的になり、前者を抑圧すると、「狂気」が始まるのではないだろうか。
 その表出が第2次世界大戦であり、今回の東日本大地震の対応(原発路線も含めて)である。
 完全に「一神教」化したとき、狂信・妄想となるのではないだろうか。
 因みに、ユダヤ教は複雑である。ヤハウェとエローヒーム(神の複数形:つまり、神々)の二つの神が旧約聖書に存するのである。


エウレカ!:風向が極めて重要である:ほとんど悟りである:悟りとは直観だ
テーマ:三千世界の立替え立直し:艮うしとらの金神

3月24日21時現在、福島原発付近の風向は北西の風であり、いわば、「神風」である。
 今日は、私が予測した通り、放射能風(造語)は、少なかったと直感された。なぜなら、爽やか大気だったからだ。そう、私は自分の(気的)身体が放射能のセンサーになると思った次第である。
 呼吸器系、循環器系が弱い(弱かった:心臓手術した)私は、空気、大気、「気」に敏感である。
 本当に今日は久しぶりにさわやかであった。冒頭に述べたが、明日は関東は「神風」状態で、放射能風は少ないだろう。
 ところで、私が思ったのは、この放射能風であるが、偏西風のある日本において、それは、東へと進み、米国を直撃するということである。
 そう、広島、長崎の、いわば、仇討ちである。米国が放射能汚染される可能性はあるのである。
 シュタイナーの霊学では、悪徳のブーメラン効果ということが説かれている。悪事した人間には、後で、悪事に相当するものがお返しに来るということである。 
 私は時間をかけて観察した結果、それは、(かなり)法則的である。米国は日本に悪事を働き、今や、ブーメラン効果で放射能風の直撃を受けるのではないだろうか。
 広島の原爆、長崎の原爆のブーメラン効果で、福島の原発事故が米国の原爆となるのではないだろうか。

* 関東地方の風向:気象庁
* 福島第一、第二原発の避難半径地図と風向き:マピオン
* HAARPグラフ(現状)
* 福島県の風向


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年3月
   
25
   

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:236
昨日:457
累計:4,860,936