INNOVATION OF PHILOSOPHY: GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience - 2010/09/19

GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience:思えば、2004年9月「海舌」氏とブログ上で遭遇し、不連続的差異論が誕生しました。その後、仮説・理論は紆余曲折的に変転しました。現時点2015年では理論名はGP陰陽哲理学です。




[PR]



2010年09月19日(Sun)▲ページの先頭へ
色を感じる:色彩の精神性:トランス・モダン東洋的身体意識形成
陽光を受けた田園の風景は色彩の精神的エネルギー(気)を視覚者の「心」にもたらすようである。
 この精神的エネルギーは何だろうか。Media Point(MP)のエネルギーである。凸iと凹iとの振動エネルギーと考えられる。
 しかしながら、日常において(近代的世界において)、視覚は同一性=物質的に限定されている。本来、MP自体の視覚があるが、それが、抑圧されているのである。
 ⇒の先端にいわば同一性=物質のスクリーン(精神的フィルター)が発生する。この同一性=物質のスクリーンがMPの色彩の精神的エネルギーを制止して、同一性=物質的な濾過を行なうのではないだろうか。
 つまり、色彩の同一性=物質化があるのである。これが、近代的色彩と考えられる。
 ここで絵画を考えると、今日の絵画はこの色彩の精神的エネルギーを喪失していると思われる。理由は色彩の近代主義化があるからと言えよう。(現代クラシック音楽、現代文学においても、同様のことが言えよう。)
 当然、凸iの傾斜が、同一性化をもたらしていると考えられる。本来、MPのエネルギーが生起するが、それを、凸i主導に、濾過しているのである。
 では、排除されたエネルギーはどこに「存する」のだろうか。簡単に言えば、無意識領域である。これは、-1ではないだろうか。即ち、凸i*凹凹i⇒-1である。
 ここで、ロレンスのdark God やdark sunを考えると、それは、やはり、-1を指しているのではないだろうか。Kaisetsu氏の人間認識図で言えば、第3象限であろう。
 結局、本源的なエネルギーを近代主義は排除しているのであり、それは、精神的枯渇をもたらす。精神的不毛化である。
 現代芸術が一般に低調であるのは、これが要因であると考えられる。また、芸術だけでなく、その他、学術や社会生活においてもそうである。とりわけ、現代日本は、精神的砂漠化を起こしている。(うつ病等、精神病理が蔓延するのもここから説明できよう。)
 とまれ、-1ないし第3象限を開くには、認識の内的身体化が必要である。肚や胸を陶冶する必要があるのである。即ち、東洋的身体の形成である。
 このdark Worldを開くこと、ここに個人、社会の未来がかかっていると言っても過言ではない。
 日本人は「闇」を失い、「闇」の社会を生んだと言えよう。もっとも、-1、第3象限は、比喩的に闇であり、本来は、光も闇を超越した世界と考えられる。
 私が以前使用した、超越光はここに適用されるべきではないだろうか。そう、超越光=超越闇である。

補記:MPエネルギーであるが、それは、双極エネルギーである。しかし、差異共振エネルギーとは違うと思う。しかし、後者が、+1を結果にもつということに留意するならば、差異共振エネルギーでもいいだろう。双極共振エネルギーということもできる。

補記2:-1と第三象限の関係であるが、私が考える-1の領域の「感知」とは、凹iを介しているのである。先に、凹i⇒-1と述べた。だから、その方向性において、私が考える-1と第三象限領域はほぼ一致すると言えよう。
 この視点から言えば、凸iの傾斜と+1の結合は、凸i⇒+1ということで、第一象限を意味していると考えられよう。
 また、凸i⇒-1、凹i⇒+1もあり、それぞれ、第二象限、第四象限となる。凸i⇒-1と第二象限の作用がわかりにくいだろう。これは、西洋哲学を考えるとわかりやすいだろう。未知の世界-1を凸iの理性ないしロゴスで捉えようとしているのである。しかしながら、これは永遠の矛盾であり、西洋哲学は完成しないのである。プラトンのイデア論のイデア界は、MPと第三象限と見るといいのかもしれないが、イデア自体は、凸i⇒+1のロゴスの影響をもっているだろう。(第二象限については後で補足したい。)
 凹i⇒+1、第四象限はわかりやすい。感情的なものが、+1の物質と結びつくのである。貪欲、強欲、淫乱、腹黒さ(石原都知事)、策謀等は確かに、ここに存するだろう。
 

田園風景
田園風景

岐阜の田園風景は世界に誇れますね。

http://pics.livedoor.com/u/nadia_ld/3006543


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年9月
     
19
   

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:1,261
昨日:1,974
累計:4,689,129