INNOVATION OF PHILOSOPHY: GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience - 2010/03/27

GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience:思えば、2004年9月「海舌」氏とブログ上で遭遇し、不連続的差異論が誕生しました。その後、仮説・理論は紆余曲折的に変転しました。現時点2015年では理論名はGP陰陽哲理学です。




[PR]



2010年03月27日(Sat)▲ページの先頭へ
検討問題:樹木等の植物が上昇する力と情報
これは、気=エーテル体であり、電磁波、植物情報的電磁波ではないだろうか。
 それは、Media Pointの共振エネルギーであるから、虚軸から実軸へと向かう。それは、⇒+1であるが、+1にベクトル・モードが描かれるのである。その反対の-1 は、鏡像ではないだろうか。
 つまり、+1と-1のベクトル・モードが現象するということになる。だから、実軸の垂直線と直交する平面が生起して、三次元モードとなるのではないだろうか。
 そうならば、Media Pointを介した虚軸次元は四次元である。また、根源情報の軸、Z軸を想定すると、それが五次元である。
 しかし、その必要があるだろうか。電磁波は⇒であり、情報は虚軸の対極虚数に存するのではないのか。
 しかしながら、対極虚数(陰陽)は情報を産み出すのか。例えば、易を考えると、上下に三元、全部で六元があり、陰爻と陽爻の順列となる。すなわち、2^6=64通りである。
 このような順列の情報が虚軸の対極虚数に存するだろうか。直感ではそれは難しいのではないだろうか。
 ならば、やはり、根源情報軸として、Z軸を想定した方がいいことになる。
例えば、電波放送ならば、周波数を変調させて、情報を送るのである。だから、変調にあたるものがZ軸にあるのではないだろうか。虚軸はいわば搬送波ではないのか。
 ならば、Z軸情報がMedia Pointにおいて、虚軸に変調を与えて、それが、共振して、電磁波を放出するということになるのではないのか。
 精神科学的に言えば、Z軸に精神情報(霊的情報)があることになる。今はここで留める。

参照:
変調方式
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション , 検索
変調方式
アナログ変調
AM | SSB | FM | PM
デジタル変調
OOK | ASK | PSK | FSK | QAM | APSK
DM | MSK | CCK | CPM | OFDM
パルス変調
PWM | PAM | PDM | PPM | PCM
スペクトラム拡散
FHSS | DSSS
関連項目
復調

変調方式(へんちょうほうしき)は、変調すなわち情報 を記録・伝送するにあたり、情報および記録・伝送媒体の性質に応じて情報を最適な電気信号に変換する操作の方式である。

無線通信では一定周波数の電波を発生し、それを変調することにより情報を伝送する。この変調を受ける電波を搬送波(キャリア)という。有線通信においても伝送媒体が電線になるほかは同様なことを行い、媒体として光ケーブル を用いる光通信でも、搬送波が電気信号でなく光 になる以外は同様である。尚、変調により、特に光通信の場合は多くのチャンネルを確保できるという有用性もある。一般に一つの伝送路を多くの回線として使う目的も大きい。

キャリアを用いないベースバンド伝送 でも情報信号を何らかの形で変化させて送るのが一般的である。これらはラインコーディング (符号化方式の分類の一つ)とも呼ばれる。
基本的な変調方式 [編集 ]
アナログ変調 [編集 ]

詳細は「アナログ変調 」を参照
情報信号がAM信号またはFM信号によって搬送されている例

アナログ変調は、アナログ情報信号に対応して連続的に適用される。

一般的なアナログ変調を、各種の変調方式でどのような変化を用いて情報を送るか簡単に以下に示す。

* 振幅変調 (AM; Amplitude Modulation) :搬送波の振幅の変化で変調するものである。
* 角度変調
o 周波数変調 (FM; Frequency Modulation) :搬送波の周波数 の変化。
o 位相変調 (PM; Phase Modulation) :搬送波の位相 の変化。

デジタル変調 [編集 ]

詳細は「デジタル変調 」を参照

デジタル信号 で搬送波を変調するものである。 搬送波を最終的に変化させる操作は上記の振幅や位相などを不連的に変化させて用いる。

* 位相偏移変調 (PSK; Phase Shift Keying) :一定周波数の搬送波の位相を変化させることで変調するもの。変調1回あたりの送信ビット数を増やすごとに、BPSK、QPSKなどと呼ばれる。
* 周波数偏移変調 (FSK; Frequency Shift Keying)
* 振幅偏移変調 (ASK; Amplitude Shift Keying)
* 直角位相振幅変調 (もしくは直交振幅変調 ) (QAM; quadrature amplitude modulation)

パルス変調 [編集 ]

詳細は「パルス変調 」を参照

パルスの振幅・幅・位相・符号などで変調するものである。パルス符号変調はデジタル 情報を、他はアナログ 情報またはデジタル情報を伝送可能である。

* パルス符号変調 (PCM; Pulse-code modulation) (アナログ-デジタル変換)
* パルス幅変調 (PWM; Pulse-width modulation) (アナログ-アナログ変換)
* パルス振幅変調 (PAM; Pulse-amplitude modulation) (アナログ-デジタル変換)
* パルス位置変調 (PPM; Pulse-position modulation) (アナログ-アナログ変換)
* パルス密度変調 (PDM; Pulse-density modulation) (アナログ-アナログ変換)

変調方式の応用 [編集 ]

* 直交変調 :複数の独立な情報を互いに干渉することなく同時に伝送するための多重変調方式である。
* 同期放送 (通信)(Single Frequency Network) :同期した同一の周波数を発信する無線局を多数配置し、広いサービスエリアを得る方法である。

関連項目 [編集 ]

* 電波型式の表記法
* 無線工学 ・伝送工学 ・通信工学
* 搬送波

ウィキメディア・コモンズ
ウィキメディア・コモンズ には、変調方式 に関連するカテゴリがあります。
「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%89%E8%AA%BF%E6%96%B9%E5%BC%8F 」より作成
カテゴリ : 変調方式 | 無線 | 無線工学 | 通信工学 | データ転送


自然美(自然造形美)とは精神的数学的美である:西洋美学から東洋美学への転換
これまでのベクトル・モード論の検討から、何故、自然(正確に言うと、人の手を適度に加えた、より自然化された自然)が美しいのか明晰、明快な答えを得たと言えよう。
 黄金比が自然に発露しているのであり、そのために、美的なのである。
 私はずいぶん昔(学生の頃)から西洋美学に疑問を抱いてきた。つまり、芸術の方が自然よりも美的であるという思想である。しかしながら、私は自然美は、凡庸な芸術よりもはるかに美的であると感じてきた。そして、日本美術は、つまり、伝統的日本美術は、自然美から生まれた(自然美と共振して美的創造力が喚起され、制作された)と感じてきたのである。
 ここで想起するのは、オノ・ヨーコ氏の「わたしがいくらがんばっても、青空の青にはかなわない」というような言葉である。まったく同感である。
 ユダヤ・キリスト教的思想を考えれば、芸術が自然よりもすぐれていると判断するのは当然である。(追記:ギリシア・ローマの伝統も考えないといけない。それは、しかしながら、人体が中心であるが、自然的であると言えよう。)
 今は余裕がないので、詳述しないが、ひと言付け加えれば、原生林や雑木林の方が、人工的な木立、例えば、公園で見られるようなシンメトリカルに「秩序」立てられたものより、はるかに日本人の本来の美的感覚には合うのである。もっとも、原生林や雑木林も放っておけば、野放図に蔓延るが、そこに適度な間伐等を行なえば、より美的な森林にはなりうると言えよう。
 とまれ、植物(だけではないが)のもつ黄金比等の美的電磁波が複雑に共振して、無限に美的な印象をもたらすのだと思う(池泉回遊式庭園はそのような美学を感じる)。

追記:私は東京や大都市の大半の機械的、無機質な建物は、近代合理主義、つまり、唯物論に基づくもので、醜悪醜怪なものだと思う。つまり、+1の同一性=物質の論理、アンラ・マンユ(アーリマン=悪神、悪霊、悪魔)の論理に基づくのである。
 それは、自然の造形美をまったくもたない反美的なものである。それは、日本人の伝統的精神的感覚を損なう害悪である。
 アーリマンの東京や大都市の「景観」である。結局、同一性の悪魔、正確に言うと、連続的同一性の悪魔(ルシファー/アーリマン)にとり憑かれたのである。
 この原因は明治維新からの封建的父権的国家主義と戦後の近代合理主義の結合にあると思う。前者がルシファーが強く、後者がアーリマンが強いと言えよう。
 神仏習合の差異共振の精神原理が排除されたのである。これは、基本的には戦後近代合理主義に拠ると考えられる。唯物論教育が支配したからである。
 とまれ、日本が生まれ変わるには、先ず、東洋的身体精神教育が必要である。そして、哲学・科学・芸術教育が必要である。

回遊式庭園
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション , 検索
桂離宮庭園

回遊式庭園(かいゆうしきていえん)は、日本庭園 の形式のひとつで、園内を回遊して鑑賞する庭園 。園内を回遊する形式の庭園は日本以外にも存在するが、回遊式庭園という語は主に日本庭園のみを指して用いられる。
概要 [編集 ]

回遊式庭園は、江戸時代 に大名 によって造営された大名庭園 において発達した形式であり、日本庭園の集大成とも位置づけられる。

最も一般的な形式は池泉回遊式庭園(ちせんかいゆうしきていえん)と呼ばれるもので、大きな池を中心に配し、その周囲に園路を巡らして、築山 、池中に設けた小島、橋、名石などで各地の景勝などを再現した。園路の所々には、散策中の休憩所として、また、庭園を眺望する展望所として、茶亭、東屋などが設けられた。
代表的な回遊式庭園 [編集 ]

* 桂離宮 庭園(京都府 京都市 西京区 )
* 京都御所 庭園(京都府京都市上京区 )
* 小石川後楽園 (東京都 文京区 ) - 特別史跡 ・特別名勝
* 浜離宮恩賜庭園 (東京都中央区 ) - 特別史跡・特別名勝
* 一乗谷朝倉氏庭園 (福井県 福井市 ) - 特別史跡・特別名勝
* 偕楽園 (茨城県 水戸市 ) - 史跡 ・名勝
* 兼六園 (石川県 金沢市 ) - 特別名勝
* 後楽園 (岡山県 岡山市 北区 ) - 特別名勝
* 玄宮園 (滋賀県 彦根市 ) - 特別史跡・名勝
* 足立美術館 庭園(島根県 安来市 )
* 栗林公園 (香川県 高松市 ) - 特別名勝

執筆の途中です この「回遊式庭園」は日本の文化 に関する書きかけ項目 です。この項目にさらなる加筆、訂正 などをして下さる協力者を求めています (ポータル 日本 /ウィキプロジェクト 日本文化 )。
「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E9%81%8A%E5%BC%8F%E5%BA%AD%E5%9C%92 」より作成
カテゴリ : 日本庭園


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年3月
 
27
     

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:583
昨日:1,333
累計:4,689,784