INNOVATION OF PHILOSOPHY: GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience - 2010/01/17

GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience:思えば、2004年9月「海舌」氏とブログ上で遭遇し、不連続的差異論が誕生しました。その後、仮説・理論は紆余曲折的に変転しました。現時点2015年では理論名はGP陰陽哲理学です。




[PR]



2010年01月17日(Sun)▲ページの先頭へ
三つの路線:ロックフェラー路線と「ロックフェラー路線」と自由共同体路線
東京地検特捜部による小沢幹事長の資金団体「陸山会」の元秘書逮捕事件の政治力学については、特捜部は、ロックフェラー路線(戦争屋)であり、小沢一郎は「ロックフェラー路線」であると先に訂正的に述べた。
 それ以前には、小沢一郎もロックフェラー路線と判断した。この齟齬を説明しないといけない。(尚、その前は、「ロックフェラー路線」と言った。)
 JAL再生支援の方法を見ると、それは、売国・亡国路線であり、単純には、ロックフェラー路線に見える。そして、鳩山・小沢政権は、オバマ政権の環境帝国主義路線を踏襲している。これをどう見るかである。ここで、田中宇氏の隠れ多極主義の視点が役立つかもしれない。
 環境帝国主義路線は、ロックフェラー路線である。しかし、これは、「ロックフェラー路線」のオバマ政権の表面・表層でもある。これを、鳩山・小沢民主党政権はなぞっている。しかしながら、なぞると、売国・亡国路線になるのである。つまり、これは、米国の罠である。
 結局のところ、本家本元のロックフェラー路線が特捜部を駆動させているとすると、オバマ政権の「ロックフェラー路線」は、鳩山・小沢民主党政権を支援するという図式になるだろうが、「ロックフェラー路線」の表層はロックフェラー路線である。つまり、擬態である。そして、「ロックフェラー路線」=オバマ政権のコアとは、自由共同体路線、トランス・モダン路線である。
 この深層を鳩山・小沢民主党政権は見えているのか。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年1月
         
17
           

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:340
昨日:747
累計:4,629,387