INNOVATION OF PHILOSOPHY: GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience - 2008/11/24

GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience:思えば、2004年9月「海舌」氏とブログ上で遭遇し、不連続的差異論が誕生しました。その後、仮説・理論は紆余曲折的に変転しました。現時点2015年では理論名はGP陰陽哲理学です。




[PR]



2008年11月24日(Mon)▲ページの先頭へ
差異共振経済と社会主義経済:「資本主義」から自然的合理主義経済へ
私は、ハトから学んだと思う。ハトの子育ては、先に述べたように、自然的合理性を本能から実現する、正に、「天才」的なものである。
 その視点から、世界経済を見ると、今日、米国が行っている救済策は、確かに、一見、社会主義的に見えるが、実は、自然的合理主義だと思われる。
 救済がうまく言えば、当然、市場主義に復帰すると考えられるのである。結局、同一性主義金融資本主義が問題なのであって、それを、プラグマティズム的にクリアすれば、「自由主義」に復帰すると思われるのである。
 もっとも、それは、差異共振主義としての「自由主義」と考えられるのである。アメリカは学習能力があると考えられる。
 そう、思うに、世界経済は、自然的合理主義的経済へと進化すると考えられる。この点は後で検討したい。

@@@@@@@@@@@@@@@@

米財務省がシティへの1.9兆円の出資発表、優先株取得へ

11月24日14時43分配信 ロイター

米財務省がシティへの1.9兆円の出資発表、優先株取得へ

拡大写真

 11月23日、米財務省はシティグループ支援策の一環として200億ドルを出資する方針を明らかに。写真はシティバンクのニューヨークの支店(2008年 ロイター/Shannon Stapleton)
 [ワシントン 23日 ロイター] 米財務省は23日遅く、米金融大手シティグループ支援策の一環として、同社に200億ドル(約1兆9000万円)を出資し、優先株を取得する方針を明らかにした。
 シティグループの支援策をめぐる週末の協議後、明らかにした。
 発表によると、同省と米連邦預金保険公社(FDIC)は、シティのバランスシート上のローンおよび証券約3060億ドル相当を保証する方針。
 同省はまた、米連邦準備理事会(FRB)が、この資産プールの追加リスクについて、ノンリコースローンの提供を通じて保証する用意があるとしている。
http://headlines.yahoo.co.jp
/hl?a=20081124-00000624
-reu-bus_all

U.S. Approves Plan to Help Citigroup Weather Losses
By ERIC DASH
Regulators approved a radical plan to stabilize the bank in an arrangement in which the government could soak up billions of dollars in losses.

POLITICAL MEMO
Rubinomics Recalculated
By JACKIE CALMES
Barack Obama’s choices for economic advisers are past protégés of former Treasury Secretary Robert E. Rubin, but they are setting aside some old orthodoxies.


小泉容疑者はダミーである:口封じした闇の集団がある
テレビのニュースを見て、小泉容疑者は犯人ではないと直感した。何故なら、あまりにも、つじつまが合うからである(p.s. ペットのことは、まったく無関係である。これはまったく辻褄が合わない。つまり、ニュースでは、辻褄をあわせようとしていたというのが本当のところだろう)。いかにも作ったようである。そう、とってつけたようである。これは、真犯人ではない。先に述べたように、口封じと見るのが正しいのであり、小泉容疑者は、金で動かされたのだろう。

@@@@@@@@@@@@@@@@

年金テロ否定、あだ討ちと説明=小泉容疑者か・テレビ局HP

11月23日16時19分配信 時事通信

 「今から自首する」「年金テロではない。34年前のあだ討ち」。小泉毅容疑者(46)が警視庁に出頭する約2時間前の22日午後7時すぎ、TBSや日本テレビのホームページに本人からとみられる書き込みが寄せられていたことが23日、分かった。
 TBSによると、書き込みは番組へ意見を寄せたり問い合わせたりするフォームで22日午後7時9分に送信された。差出人の氏名、問い合わせる番組名、件名を書く欄には、いずれも「元厚生次官宅襲撃事件」と記されていた。住所や年齢、メールアドレスは空欄だった。
 「逃げる気はない。今から自首する」とした上で、「34年前、保健所に家族を殺されたあだ討ちである」と書き込んでいた。
 元次官宅襲撃事件の犯人については右利きではないかとの報道があったが、「自分は左利きである」としていた。
 日本テレビによると、同時刻に「NEWSリアルタイム」のサイトの情報募集欄から書き込みがあった。「今回の決起は年金テロではない」とし、殺害された元厚生事務次官山口剛彦さん(66)の自宅所在地を住所として記していた。ただ、市名は現在のさいたま市ではなく、合併前の浦和市と書かれていた。 
http://headlines.yahoo.co.jp
/hl?a=20081123-00000070
-jij-soci

参考:
替え玉説と小泉元政権の元厚生事務次官殺し
テーマ:日本の政治/ポスト小泉
<替え玉が出頭したと思われる厚生労働省事務次官殺害事件>
そして今回
厚生省の事務次官関係者が殺害された。
年金に詳しい人物でかつ小泉純一郎が厚生大臣だったころ
の人物である。

実は今回、小沢一郎氏と麻生太郎氏が会談した頃、
つまり国会延長が決定したときに
長妻議員の方で、得意の年金問題で
ある二人の年金改悪の当事者を証人喚問する予定だった
という。
実はその二人が、コイズミ厚生大臣のときに
年金を改悪した当事者なのである。
もしその二人が証人喚問されてしまったら、
厚生大臣のときにいかにコイズミの側近が
悪い改悪をしたかがばれてしまうところだったという。
実は今回、殺されてしまった二人が、その
「国会に証人喚問する予定の当事者」だったという。
これでコイズミ厚生大臣時にいかに
その側近が悪い年金改悪をしたかが
やみにほうむりさられた。


<社会保険庁売り飛ばしの真相を知る二人>
http://archive.mag2.com/
0000154606/2008112406
2828000.html
国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」


 


検討問題:太陽系や惑星の力学について
太陽系の力学は、重力で説明されるだろう。しかし、重力だけでは、回転(公転)は説明できない。惑星の重力とは垂直の動きが必要である。
 ここではまったく思いつきであるが、反重力を考えると、重力とは正反対の方向をもつだろう。もし、惑星が反重力をもつならば、それが、回転運動を発生させる可能性はないのか。
 思うに、+iがMedia Pointへの重力をもつと同時に、Media Pointへの反重力をもつとしたならば、+iは、+i↓と+i↑の2つのベクトル性をもつということではないのか。思うに、+i↓と-i↑との共鳴と+ i↑と-i↓との共鳴がありうるのではないのか。集中共鳴と拡散共鳴となるのではないのか。
 今は問題提起で留める。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年11月
           
24
           

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:329
昨日:602
累計:4,948,784