INNOVATION OF PHILOSOPHY: GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience - 2008/11/13

GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience:思えば、2004年9月「海舌」氏とブログ上で遭遇し、不連続的差異論が誕生しました。その後、仮説・理論は紆余曲折的に変転しました。現時点2015年では理論名はGP陰陽哲理学です。




[PR]



2008年11月13日(Thu)▲ページの先頭へ
陰山英夫とは何ぞ哉:ヨーロッパの国の数の知識で世の中が動く?:オバカ三損像
陰山英夫とは何ぞ哉:ヨーロッパの国の数の知識で世の中が動く?
東の愚将が石原で、西の愚将が橋下である。

P.S. そして、御本損が、アーソーウーである。オバカ三損像である。


【教育】大阪府学力向上へ喝 陰山氏ら「つまづき調査」実施へ
産経新聞 2008年11月12日(水)08:05
 大阪府の橋下徹 知事が教育改革のブレーンと位置づける府教育委員の陰山英男氏(立命館小学校副校長)らが大阪市内で開かれた小中学校長対象の研修会で講演し、「それでも教育のプロですか。子供に申し訳ないと思いませんか」と厳しい“喝”を入れた。

 終了後、陰山氏らは、小中学生がどんな学習項目で理解が不足しているか探る「つまずき調査」を今月中に実施する方針を明らかにした。

 今月6日に行われた研修会は、全国学力テスト の成績が2年連続で低迷したことを受け府教育委員会が開催。府教育委員として陰山氏のほか、小河(おごう)勝氏(大阪樟蔭女子大 非常勤講師)、府特別顧問の藤原和博氏(東京都杉並区立和田中学校前校長)が参加し、校長、教頭ら約950人が出席した。

 講演で陰山氏は、中学校の地理で教えているヨーロッパの国の数を質問。大半の参加者が間違えると、「だからダメなんです。プロたる教師がそんなことを知らずして世の中がまともに動くはずがない」と語気を強めた。さらに、学校をとりまく現状について「金を出さない政府、しつけの悪い親、無責任なテレビ局…。なぜ教師が怒られないといけないのか」と述べ、「皆さんが学力の数値を落としているから反論できない。目くそは鼻くそを笑えないのです。この悔しさを晴らしましょう」と呼びかけた。

 藤原氏は、和田中時代に考案した塾講師を招く特別授業「夜スペシャル 」に対し、「成績上位者を引き上げると下位層が損をする」との批判があったことを明かし、「そんなわけはない。(成績が)上の子が下の子を教えるようになり、底上げにつながる」と主張。「遠慮なく、大胆に上の子を引っ張り上げてほしい」と注文をつけた。小河氏は「子供たちが荒れる理由は基礎学力の崩壊にある」と持論を述べた。



* 陰山英男 Official Web Site

http://news.goo.ne.jp/article
/sankei/nation/m2008
1112034.html


検討問題:進化とは何か:コスモス進化論:内的宇宙進化論
私は、今、進化のヴィジョンが心に浮かんでいる。コスモス的進化論である。しかし、コスモスは宇宙というのではきわめて不十分である。
 霊学者のシュタイナーの説いた霊的進化論に近いが、私はシュタイナーの進化論はそのままは受け取らない。
 PS理論による進化論である。Media Point進化論とも言えよう。超越界の変化があり、それが、物質界=現象界の変化をもたらして行くと思えるのである。エメラルド・タブレットにあるように、「上にあるごとく、下も」である。「占星術」はこのヘルメス的世界観の下にある。
 どうも、ここ数日で、なにか精神界が変化したように思えるのである。眠気が強くなり、夢を見るようになった。


参照:

エメラルド・タブレット
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション , 検索

エメラルド・タブレット(Emerald Tablet、Emerald Table)は、錬金術 の基本思想(あるいは奥義)が記された板のこと。エメラルド板、エメラルド碑文とも。ラテン語 では、Tabula Smaragdina。

13世紀にアラビア語 からラテン語 に翻訳された。

伝説によると、この碑文はヘルメス 神自身がエメラルド の板に刻んだもので、ギザ (ギゼー)の大ピラミッド の内部にあったヘルメス・トリスメギストス の墓から、アブラハム の妻サラ あるいはテュアナのアポロニウス によって発見されたものであるという。

あるいは、洞窟の中でエメラルドの板に彫りこまれたのをアレキサンダー大王 が発見したともいう。

これに記されたうちで最も有名な言葉は、錬金術の基本原理である「下のものは上のもののごとく、上のものは下のもののごとし」であろう。これは万物照応、外宇宙と内宇宙の相似について述べられたものである。
第2のエメラルド・タブレット

アメリカの神智学者のモーリス・ドリール が1939年、1948年に編集出版した『エメラルド・タブレット』(林鐵造訳、1980年(昭和55)、霞ヶ関書房 )によると、1925年にメキシコ のユカタン半島 のピラミッド ので12枚のエメラルド色のタブレットを発見し写しとって翻訳後にタブレットをピラミッドにもどしたという。これはオリジナルのエメラルド・タブレットであり、著者はアトランティス 人トート(紀元前5万年から紀元前3万6000年の約1万6000年間古代エジプト を支配し大ピラミッドを作ったという)で、彼が5万歳のとき(ヘルメス・トリスメギストスの2回目の転生 であるという)著したという。タブレットIに『われ、アトランティス人トートは、諸神秘の精通者、諸記録の看守者、力ある王、正魔術師にして代々代々生き続けるものなるが、今やアメンティーのホールに去り行かんとするにあたり、後世の手引きとせんため、偉大なるアトランティスの強大なる智恵の記録を書きとどめんとす』と記載されているとされ、このエメラルド・タブレットはアトランティスの巨大なる智慧 の記録であるとされている。なお通常のエメラルド・タブレットはヘルメス・トリスメギストス3回目の転生時のもので劣るものだという。

しかしこの説を疑問視する声は多い。

[編集 ] 第3のエメラルド・タブレット

日本の作家、上坂晨が『エメラルド・タブレット大予言』(三笠書房1984年)でエジプト旅行中にアラビア人から購入したエメラルド・タブレットパピルスがある。これは写真撮影した後ユダヤ系アメリカ人に翻訳を依頼したところ抄訳のみ帰ってきたという。

[編集 ] エメラルド・タブレットが登場するフィクション

* 11eyes -罪と罰と贖いの少女-
* 3days 〜満ちてゆく刻の彼方で〜
* ナイトウィザード
* 遊戯王デュエルモンスターズGX …大徳寺公康が死に際に遊城十代 に託した書の名前に用いられている。

[編集 ] 外部リンク

* エメラルド・タブレットについて エメラルド・タブレットのラテン語版、日本語版(途中)。
* エメラルド・タブレットのEverard Annotatedとニュートンの英語訳とラテン語版
* THE EMERALD TABLETS OF THOTH M・ドリール博士の訳したエメラルドタブレット英語版

執筆の途中です この「エメラルド・タブレット」は歴史 に関連した書きかけ項目 です。この記事を加筆・訂正 などして下さる協力者を求めています (P:歴史 /P:歴史学 /PJ歴史 )。
"http://ja.wikipedia.org/wiki
/%E3%82%A8%E3%83%A1%
E3%83%A9%E3%83%AB%E
3%83%89%E3%83%BB%E3
%82%BF%E3%83%96%E3
%83%AC%E3%83%83%E
3%83%88 " より作成
カテゴリ : 歴史関連のスタブ項目 | 錬金術

Emerald Tablet
From Wikipedia, the free encyclopedia
Jump to: navigation , search

The Emerald Tablet, also known as Smaragdine Table, Tabula Smaragdina, or The Secret of Hermes, is a text purporting to reveal the secret of the primordial substance and its transmutations . It claims to be the work of Hermes Trismegistus ("Hermes the Thrice-Great"), a legendary Egyptian sage or god, variously identified with the Egyptian god Thoth and/or the Greek god Hermes .

This short and cryptic text was highly regarded by European alchemists as the foundation of their art, in particular of its Hermetic tradition.
The tablet text

[edit ] Newton's translation
A 17th century depiction of the Tablet by Heinrich Khunrath, 1606

One translation, by Isaac Newton , found among his alchemical papers as reported by B.J. Dobbs in "Newton's Commentary on the Emerald Tablet of Hermes Trismegistus" in Merkel, I and Debus A.G. Hermeticism and the Renaissance. Folger, Washington 1988.:

1. Tis true without lying, certain most true.
2. That wch is below is like that wch is above that wch is above is like yt wch is below to do ye miracles of one only thing.
3. And as all things have been arose from one by ye meditation of one: so all things have their birth from this one thing by adaptation.
4. The Sun is its father, the moon its mother,
5. the wind hath carried it in its belly, the earth its nourse.
6. The father of all perfection in ye whole world is here.
7. Its force or power is entire if it be converted into earth.
7a. Separate thou ye earth from ye fire, ye subtile from the gross sweetly wth great indoustry.
8. It ascends from ye earth to ye heaven again it desends to ye earth and receives ye force of things superior inferior.
9. By this means ye shall have ye glory of ye whole world thereby all obscurity shall fly from you.
10. Its force is above all force. ffor it vanquishes every subtile thing penetrates every solid thing.
11a. So was ye world created.
12. From this are do come admirable adaptations whereof ye means (Or process) is here in this.
13. Hence I am called Hermes Trismegist, having the three parts of ye philosophy of ye whole world.
14. That wch I have said of ye operation of ye Sun is accomplished ended.

[edit ] Beato translation

Another translation from Aurelium Occultae Philosophorum by Georgio Beato :

1) This is true and remote from all cover of falsehood.
2) Whatever is below is similar to that which is above. Through this the marvels of the work of one thing are procured and perfected.
3) Also, as all things are made from one, by the consideration of one, so all things were made from this one, by conjunction.
4) The father of it is the sun, the mother the moon.
5) The wind bore it in the womb. Its nurse is the earth, the mother of all perfection.
6) Its power is perfected.
7) If it is turned into earth,
7) Separate the earth from the fire, the subtle and thin from the crude and coarse, prudently, with modesty and wisdom.
8) This ascends from the earth into the sky and again descends from the sky to the earth, and receives the power and efficacy of things above and of things below.
9) By this means you will acquire the glory of the whole world, and so you will drive away all shadows and blindness.
10) For this by its fortitude snatches the palm from all other fortitude and power. For it is able to penetrate and subdue everything subtle and everything crude and hard.
11) By this means the world was founded
12) And hence the marvelous cojunctions of it and admirable effects, since this is the way by which these marvels may be brought about.
13) And because of this they have called me Hermes Tristmegistus since I have the three parts of the wisdom and Philosophy of the whole universe.
14) My speech is finished which I have spoken concerning the solar work.

[edit ] Latin text

Original edition of the Latin text. (Chrysogonus Polydorus , Nuremberg 1541): Verum, sine mendacio, certum et verissimum: Quod est inferius est sicut quod est superius, et quod est superius est sicut quod est inferius, ad perpetranda miracula rei unius. Et sicut res omnes fuerunt ab uno, meditatione unius, sic omnes res natae ab hac una re, adaptatione. Pater eius est Sol. Mater eius est Luna. Portavit illud Ventus in ventre suo. Nutrix eius terra est. Pater omnis telesmi[1] totius mundi est hic. Virtus eius integra est si versa fuerit in terram. Separabis terram ab igne, subtile ab spisso, suaviter, magno cum ingenio. Ascendit a terra in coelum, iterumque descendit in terram, et recipit vim superiorum et inferiorum. Sic habebis Gloriam totius mundi. Ideo fugiet a te omnis obscuritas. Haec est totius fortitudinis fortitudo fortis, quia vincet omnem rem subtilem, omnemque solidam penetrabit. Sic mundus creatus est. Hinc erunt adaptationes mirabiles, quarum modus est hic. Itaque vocatus sum Hermes Trismegistus, habens tres partes philosophiae totius mundi. Completum est quod dixi de operatione Solis.

[edit ] Contemporary rendering of Latin text

1. True, without error, certain and most true
2. That which is below is as that which is above, and that which is above is as that which is below, to perform the miracles of the one thing.
3. And as all things were from [the] one, by [means of] the meditation of [the] one, thus all things of the daughter from [the] one, by [means of] adaptation.
4. Its father is the sun, its mother[,]the moon, the wind carried it in its belly, its nurse is the earth.
5. The father of all the initiates of the whole world is here.
6. Its power is integrating if it be turned into earth.
7. Separate the earth from the fire, the fine from the dense, delicately, by [means of/to] the great [together] with capacity.
8. It ascends by [means of] earth into heaven and again it descends into the earth, and retakes the power of the superior[s] and of the inferior[s].
9. Thus[,] you have the glory of the whole world.
10. Therefore[,] may it drive-out by [means of] you of all the obscurity.
11. This is the whole of the strength of the strong force, because it overcomes all fine things, and penetrates all the complete.
12. Thus[,] the world has been created.
13. Hence they were wonderful adaptations, of which this is the manner.
14. Therefore[,] I am Hermes the Thrice Great, having the three parts of the philosophy of the whole world.
15. What I have said concerning the operation of the Sun has been completed.

[edit ] Textual history

The oldest documentable source for the text is the Kitab Sirr al-Asrar , a compendium of advice for rulers in Arabic which purports to be a letter from Aristotle to Alexander the Great . This work was translated into Latin as Secretum Secretorum (The Secret of Secrets) by Johannes "Hispalensis" or Hispaniensis (John of Seville ) ca. 1140 and by Philip of Tripoli c. 1243 .

In the 14th century, the alchemist Ortolanus wrote a substantial exegesis on "The Secret of Hermes," which was influential on the subsequent development of alchemy. Many manuscripts of this copy of the Emerald Tablet and the commentary of Ortolanus survive, dating at least as far back as the 15th century.

The Tablet has also been found appended to manuscripts of the Kitab Ustuqus al-Uss al-Thani (Second Book of the Elements of Foundation) attributed to Jabir ibn Hayyan , and the Kitab Sirr al-Khaliqa wa San`at al-Tabi`a ("Book of the Secret of Creation and the Art of Nature"), dated between 650 and 830 AD.

[edit ] Influence

In its several Western recensions, the Tablet became a mainstay of medieval and Renaissance alchemy. Commentaries and/or translations were published by, among others, Trithemius , Roger Bacon , Michael Maier , Aleister Crowley , Albertus Magnus , and Isaac Newton .

C.G. Jung identified "The Emerald Tablet" with a table made of green stone which he encountered in the first of a set of his dreams and visions beginning at the end of 1912, and climaxing in his writing The Seven Sermons to the Dead in 1916.

Because of its longstanding popularity, the Emerald Tablet is the only piece of non-Greek Hermetica to attract widespread attention in the West. The reason that the Emerald Tablet was so valuable is because it contained the instructions for the goals of alchemists. It hinted at the recipe for alchemical gold, as well as how to set one's level of consciousness to a new degree.

[edit ] References

1. ^ Sometimes written Thelesmi. This indicates a Greek origin. The Latin word "Tela" (ae,fem.) roughly means "loom" or "incomplete cloth". The true meaning of the word is somewhat obscure.

* Holmyard, E.J. "The Emerald Table" Nature, No. 2814, Vol. 112, October 6th 1923, pp 525-6.
* Holmyard, E.J. Alchemy, Pelican, Harmondsworth, 1957. pp95-8.
* Needham, J. Science and Civilisation in China, vol. 5, part 4: Spagyrical discovery and invention: Apparatus, Theories and gifts. CUP, 1980.
* Ruska, Julius . Die Alchimie ar-Razi's. n.p., 1935.
* Ruska, Julius. Quelques problemes de litterature alchimiste. n.p., 1931.
* Stapleton, H.E., Lewis, G.L, Sherwood Taylor, F. "The sayings of Hermes quoted in the Ma Al-Waraqi of Ibn Umail. " Ambix, vol. 3, 1949, pp 69-90.
* M.Robinson. "The History and Myths surrounding Johannes Hispalensis," in Bulletin of Hispanic Studies vol. 80, no. 4, October 2003, pp. 443-470, abstract.

[edit ] External links

* Historical overview of the tablet
* Various translations of the tablet
* Emerald Tablet - an introduction to Hermetic philosophy
* Sir Isaac Newton's translation of The Emerald Tablet with analysis and contemporary commentary
* The Emerald Tablet of Hermes Trismegistus Ed. Vladimir Antonov .
* Comments on the 13 sentences of Tabula Smaragdina and Introductions to Alchemy (hermetic thinking) by Béla Hamvas .

Retrieved from
"http://en.wikipedia.org
/wiki/Emerald_Tablet "
Categories : Alchemical documents | Hermeticism | Late Antiquity


オバマ/米国は同一性主義資本経済を解体させて、差異共振主義資本経済へと大転換を行っている。
これは、重要な政策変更である。不良資産の買い上げを止めて、消費者救済へと向かったのである。これも、同一性主義資本主義から差異共振主義資本主義への変換である。
 やはり、見るところ、オバマ/米国は同一性主義資本経済を解体させて、差異共振主義資本経済へと大転換を行っている。
 後で、米国/世界金融崩壊について整理してみたいが、今思っているのは、結局、「ロックフェラー」VS「ロスチャイルド」は、表層的な対立に過ぎず、深層は、やはり、差異共振主義資本経済VS同一性主義資本経済である。


U.S. Shifts Focus in Credit Bailout to the Consumer
By DAVID STOUT
Published: November 12, 2008


WASHINGTON ― The Treasury Department on Wednesday officially abandoned the original strategy behind its $700 billion effort to rescue the financial system, as administration officials acknowledged that banks and financial institutions were as unwilling as ever to lend to consumers.

But with a little more than two months left before President Bush leaves office, Treasury Secretary Henry M. Paulson Jr. is hoping to put in place a major new lending program that would be run by the Federal Reserve and aimed at unlocking the frozen consumer credit market.

The program, still in the planning stages, would for the first time use bailout funds specifically to help consumers instead of banks, savings and loans and Wall Street firms.

http://www.nytimes.com/2008
/11/13/business/economy/
13bailout.html?_r=1&hp&oref=slogin


Economic Scene
Buying Binge Slams to Halt
Just as one crisis of confidence may be ending, another may be coming.
The panic on Wall Street has eased in the last few weeks, and banks have become somewhat more willing to make loans. But in those same few weeks, American households appear to have fallen into their own defensive crouch.
Economic Scene: Buying Binge Slams to Halt

http://www.nytimes.com
/2008/11/12/business/
economy/12leonhardt.html?em


差異共振進化過程の米国と世界:同一性主義の残滓と差異共振進化エネルギー
これは、私の直感にも響く「予言」である。つまり、今、世界は、とりわけ、米国は、差異共振進化過程にあるということなのである。
 以下のキリスト教原理主義者とは、当然、私のいう同一性主義に入る。

@@@@@@@@@@@@@@@@

・キリスト教原理主義者の「見捨てる」行為は、さらに秋から冬にかけて起こる米国民全体の変化と深く結び付いている。これから4カ月に起こることは、あとで振り返ると「長々と続く」「時間のない」感じがして、短い時間でよくこんな大きな変化が起こったと驚いてしまうだろう。

・「原理主義的な考え」の影響を受けていない米国民は、いまの時期を「混乱」し「ストレスに満ちている」と受け止めるだろうが、それは同時に「活力」と「目標の再構成」を行うきっかけとなる。これは2009年夏に起こる「革命」につながる流れである。

・さらに「長期的な繁栄」のキーワードが存在するが、このキーワードは2011年の末にならないと活性化しない。「長期的な繁栄」は「4世代、82年間」続くが、この繁栄は「新しい電力」によってもたらされるが、「長期的な繁栄」は「2018年」以降にならないと訪れない。この時期が到来するには、2009年から2010年の「精神的な試練の時期」を通過しなければならず、その時期には「社会契約のカタルシス」が起こる。
http://ytaka2011.blog105.
fc2.com/blog-entry-99.html
ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年11月
           
13
           

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:331
昨日:602
累計:4,948,786