INNOVATION OF PHILOSOPHY: GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience - 2008/11/07

GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience:思えば、2004年9月「海舌」氏とブログ上で遭遇し、不連続的差異論が誕生しました。その後、仮説・理論は紆余曲折的に変転しました。現時点2015年では理論名はGP陰陽哲理学です。




[PR]



2008年11月07日(Fri)▲ページの先頭へ
検討問題:オバマ新大統領と差異共振経済
差異共振主義の勝利であるが、これから、差異共振経済をどう新構築していくかが問題である。同一性主義金融資本は、国有化によって延命しているが、早晩、衰滅する。その大破壊する前に、どう差異共振経済を建築するかである。

Barack Obama in Grant Park, Chicago as news broke of his election victory.
Obama appoints advisers including Buffett

US President-elect Barack Obama named a team of high-level advisers including billionaire investor Warren Buffett.

http://www.telegraph.co.uk/news
/newstopics/uselection2008/
3394087/Obama-appoints-
advisers-including-Buffett.html


オバマ氏のハワイ的アジア・アフリカ差異共振文化・社会
知人から聞いたのだが、オバマ新大統領の出身高校付近へ行ったことがあるというので、オバマ氏に親近感があるということであるが、ハワイの社会文化が、多様なもので、多民族多文化が混合していていて、白人の方がマイノリティーのようであるということであった。そのような多民族多文化共存性からオバマ氏を理解できるということであった。
 ということは、育った環境において、オバマ氏は、差異共振社会を生きてきたと言えよう。それは、いわば、アジア的差異共振文化と言えるのではないだろうか。そう、正に、アジア・アフリカ的差異共振文化と言えそうである。

バラック・オバマ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション , 検索
半保護
このページは荒らし を理由として方針 に基づき、新規ユーザーおよび未登録 (IP ) ユーザーによる編集が禁止 されています。
半保護を解除しても問題ない状態 になった場合、半保護解除を依頼 してください。
この項目は現在進行中の事象 を扱っておりますが、ウィキペディアはニュース速報ではありません 。性急な編集をせず 検証可能な事実 を確認し、正確な記述を心がけてください。またウィキニュース への投稿も検討してみてください。なお、この内容は不特定多数のボランティアにより自由に編集されていることを踏まえ、自身の安全利害に関わる情報は自己責任 でご判断ください。
バラック・フセイン・オバマ・ジュニア
Barack Hussein Obama, Jr.
バラック・オバマ
アメリカ合衆国 44代大統領当選者
任期: 2009年 1月20日 (予定) –
アメリカ合衆国上院 議員
任期: 2004年 1月3日 –
イリノイ州上院議員
任期: 1997年 1月3日 – 2004年 1月3日
出生:
配偶: ミシェル・オバマ
サイン:

バラック・フセイン・オバマ・ジュニア(Barack Hussein Obama, Jr.[1] 、1961年 8月4日 - )はアメリカ合衆国 の政治家 である。第44代アメリカ合衆国大統領 当選者。現在イリノイ州 選出のアメリカ合衆国上院 議員である。政党は民主党 。
現在、唯一のアフリカ系アメリカ人 の上院議員 であり選挙により選ばれたアメリカ史上3人目のアフリカ系上院議員でもある。また、初のハワイ州生まれの大統領となる。
経歴

生い立ち

ハワイ州 ホノルル 生まれ。実父のバラク・オバマ・シニア(Barack Obama, Sr.) (1982年 没)はケニア のニャンゴマ・コゲロ(Nyang'oma Kogelo) 生まれのイスラム教徒(ムスリム )であり母親はカンザス州 出身の白人、アン・ダナム (1995年 没)。2人はハワイ大学 で知り合う。

イスラム教の戒律では(少なくとも建前の上では)ムスリムの子はムスリムであらねばならないとされているが、本人は現在キリスト教 徒(プロテスタント )である。これについてバラックは自伝で「父はムスリムだったが殆ど無宗教に近かった」と説明している。両親は1964年 に離婚し、1965年 に実父はケニアへ帰国。異父妹が1人。異母兄弟8人(うち4人死没)。なお、バラック自身は1971年 に実父と再会している。

人類学者 の母がインドネシア人 地質学者のロロ・ソエトロ(Lolo Soetoro) と再婚したことに伴い、1967年 にインドネシア ・ジャカルタ へ移住。地元の学校に通う[2] 。1970年 に母と継父の間で異父妹のマヤ・カッサンドラ・ソエトロ が誕生している。1971年 、母がソエトロと別居したためホノルルへ帰国。ハワイにおいて白人の母親と母方の祖父母によって育てられたという出自である。母方の祖父母はスタンリー・ダナム (1992年 没)とマデリン・ダナム (2008年 没)。1980年 に母のアンと継父のソエトロとの離婚が成立。


地元の私立高校卒業後、カリフォルニア州 ロサンゼルス のオクシデンタル大学[3] に入学。2年後、ニューヨーク州 のコロンビア大学 に編入し政治学、特に国際関係論を専攻する。1983年 に同大学卒業後、イリノイ州シカゴ に渡り出版社やNPO に勤務などで4年間を過ごした。

その後、1988年 にハーバード大学ロースクール に入学。1990年 2月にはアフリカ系として史上初の「Harvard Law Review 」の編集長を務めた。1991年 、法学博士の学位を取得、同ロースクール をmagna cum laude で修了[4] しシカゴ大学 の法学フェローとなる。1992年 、シカゴの弁護士事務所で知り合ったミシェル・ロビンソン と結婚。2人の娘がいる。1995年 、自伝『Dreams from My Father』(邦題「マイ・ドリーム」)を出版。

政界に

イリノイ州議会議員

ハーバード大学ロー・スクールを修了後、シカゴ に戻り有権者登録活動(voter registration drive)に関わった後、弁護士 として法律事務所に勤務。またシカゴ大学 ロースクール講師 (lecturer)として合衆国憲法 を講じていた。人権派 弁護士 として頭角を現し、貧困層救済の草の根社会活動を通して1996年 にイリノイ州 議会上院の議員に選出され2004年 1月まで務めた。

合衆国上院議員
2006年連邦支出金透明化法案提出者として(左から2番目)

2003年 1月に連邦議会上院議員に民主党から出馬を正式表明し、2004年 3月に予備選挙を勝ち抜き同党の正式候補となる。2004年11月には、対立候補を得票率70%対27%の大差で破り、イリノイ州選出の合衆国上院議員 に初当選した。

2004年のアメリカ大統領選挙 ではジョン・ケリー 上院議員を大統領候補として選出した8月の民主党大会で「リベラル のアメリカも保守 のアメリカもなく、ただ“アメリカ合衆国”があるだけだ。ブラック のアメリカもホワイト のアメリカもラティーノ のアメリカもアジア人 のアメリカもなく、ただ“アメリカ合衆国”があるだけだ」「イラク戦争 に反対した愛国者 も、支持した愛国者も、みな同じアメリカに忠誠を誓う“アメリカ人”なのだ」との基調演説を行い、その模様が広く全米に中継されるとともに高い評価を受けた。なお基調演説に抜擢されたのはバラックがアフリカ系上院議員でありマイノリティーの有権者を引きつけられるであろうこと、若くエネルギッシュで雄弁であるなどの理由からだった[5] [6] 。

合衆国大統領候補

大統領予備選
スプリングフィールドで立候補宣言を行うバラック
アメリカン大学 で遊説を行うバラック

2004年以降、2008年アメリカ合衆国大統領選挙 の候補として推す声が地元の上院議員や新聞などを中心に高まっていった。本人は当初出馬を否定していたが2006年 10月、NBC テレビのインタビューに出馬を検討すると発言。

翌2007年 1月、大統領選出馬へ向けた準備委員会設立届を連邦選挙委員会 に提出、事実上の出馬表明となった。そして2007年2月10日 、イリノイ州スプリングフィールド にて正式な立候補宣言を行った。有権者に対し、建国当初のフロンティア 精神へ回帰することを呼びかけ支持を集めている。

出馬の演説で彼は「ここ6年間の政府決定や放置されてきた諸問題は、われわれの国を不安定な状態にしている」と述べ医療保険制度 や年金制度 、大学授業料、石油 への依存度を取り組みが必要な問題として挙げた。グローバル資本主義 に懐疑的であり大量の失業者を生んだ新自由主義 経済政策の象徴であるNAFTA に反対し、国内労働者の保護を訴えるなどヒラリー・クリントン よりもリベラル な政治姿勢で知られている。

大統領予備選の第1弾が行われるアイオワ州 の地元紙(電子版)により、予備選直前の2007年12月に行われた世論調査では支持率がヒラリー・クリントンを下してトップであった。その後の2008年 1月3日 に行われた大統領予備選のアイオワ州党員集会 では、保守傾向にある下位候補の支持者や20代の若者などの幅広い層からの支持を集めてジョン・エドワーズ やヒラリー・クリントンら他の候補者を10ポイント近い大差で破りバラックが勝利した。

同年1月8日 に行われたニューハンプシャー州 党員集会ではヒラリー・クリントンに僅差で敗北。しかし本人は「私はまだまだやりますよ」と今後の選挙戦勝利に意欲をのぞかせた。同月26日 に行われたサウスカロライナ州 予備選で、アフリカ系や若い白人及びヒスパニック 層などから圧倒的な支持を受けてヒラリー・クリントンに圧勝。CNN では投票締め切りと同時に「オバマ勝利」と報じるほど他候補を圧倒した。
セントポール で予備選の勝利宣言を行うバラック

この頃、ジョン・F・ケネディ 元大統領の娘のカロラインがニューヨーク・タイムズ 紙で支持を表明したが、スーパー・チューズデー ではヒラリー・クリントンとの決定的差はなかった。しかしスーパー・チューズデー後は予備選で9連勝し、一気に指名争いをリードした。その後も優位が揺るぐことはなく、5月には特別代議員数でもヒラリー・クリントンを逆転し指名を確実にした。

2008年 6月3日 に全予備選が終了し全代議員数の過半数を集めたバラックはヒラリー・クリントンを下し、候補者指名を確定させ2008年8月29日 、民主党の大統領候補指名を正式に獲得した。

大統領予備選挙期間中の資金集めも企業や団体系の献金組織「政治行動委員会 」(PAC)から受け取らず、インターネット を通じた個人献金 を重視。200ドル以下の小口献金が全体の45%を占め、企業団体献金などを重視したヒラリー・クリントンを予備選挙の後半戦で引き離した。なお予備選の最中に、2006年に次いでグラミー賞 朗読 部門賞を受賞している。

大統領選挙本選へ
左からバラックと夫人のミシェル、バイデン夫人のジルとバイデン

長い予備選の戦いの末、民主党の大統領候補者の地位を確定的にしたバラックは2008年8月、副大統領 候補として上院外交委員長を務めるジョゼフ・バイデン 議員を指名した。

民主党大会最終日の8月28日 、バラックはデンバー にて支持者の前で指名を受諾する演説を行った。バラックは「次の4年を過去8年と同じにしてはならない」「未来に向けて行進しよう」と呼びかけ、党内の結束を呼びかけた。外交問題については「粘り強い直接外交を復活させる」とし、「明確な使命が無い限り、戦地に軍を派遣することは無い」と表明した。イラク戦争 については、「責任を持って終結させる」とした。

共和党のジョン・マケイン を、「ブッシュ大統領を90%支持してきた。残り10%に期待するわけにはいかない」と批判した。バラックは1963年 のこの日にマーティン・ルーサー・キング・ジュニア が演説した時に語った「夢」についても話しており、キングが人種差別 撤廃への夢について語った話を踏まえて「われわれの夢は1つになることができる」と述べた。10月29日 のプライムタイム には、全米4大TVネットワーク のうちの3つ(CBS 、NBC 、FOX )およびユニビジョン (スペイン語ネットワーク)などで30分のテレビCMを全米に放映した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/
%E3%83%
90%E3%83%A9%E3%83%8
3%E3%82%AF%E3%83%B
B%E3%82%AA%E3%83%
90%E3%83%9E



検討問題:音楽と精神:現代日本における音楽の死:「断絃の時」と日本の死と復活
後で検討したい。
 三島由紀夫が心血を注いだ『文化防衛論』の中で、何度も言及したが、日本文化に関して「断絃の時」があったと述べている。つまり、「音楽」の死滅した時が日本文化において生じたということである。音楽の死があるのである。
 これは、日本だけではないが、とりわけ、日本において、顕著であると考えられる。魂の死と言ってもいい。
 これの意味するものは何か。端的に、日本の死であろう。そうすると、日本の復活が考えられてくるのである。

@@@@@@@@@@@@@@@@

検討問題:オバマ新大統領と差異共振経済

テーマ:トランス・モダン社会の創造・構築

差異共振主義の勝利であるが、これから、差異共振経済をどう新構築していくかが問題である。同一性主義金融資本は、国有化によって延命しているが、早晩、衰滅する。その大破壊する前に、どう差異共振経済を建築するかである。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年11月
           
7
           

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:331
昨日:602
累計:4,948,786