INNOVATION OF PHILOSOPHY: GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience - 2008/10/19

GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience:思えば、2004年9月「海舌」氏とブログ上で遭遇し、不連続的差異論が誕生しました。その後、仮説・理論は紆余曲折的に変転しました。現時点2015年では理論名はGP陰陽哲理学です。




[PR]



2008年10月19日(Sun)▲ページの先頭へ
大琳派展とケルト文様:東洋的美学へ向けて
大琳派展とケルト文様:東洋的美学へ向けて

テーマ:日本伝統文化:神話・宗教・民俗・芸術他

大琳派展とケルト文様:東洋的美学へ向けて
テーマ:日本伝統文化:神話・宗教・民俗・芸術他
今日、本展覧会に行ってきた。なかなか盛況である。若者が意外に目立った。人いきれがかなりあった。
 あるブログで、酒井抱一の紅白梅図屏風を特に気に入ったと述べられていたが、同感であった。
 また、いわゆる光琳波は、なにかケルト文様的である。そう、私は琳派は、イギリスのウィリアム・モリスの文様やアール・ヌーヴォーに似ているし、先取りしているし、また、それ以上だと思ったが、考えると、ケルト的文様に似ているという視点は大事だと思った。 
 とにかく、優れた作品が数多く展示されていて、豪華な、贅沢な展覧会であり、近年では稀に見る充実した展覧会ではないかと思う。
 とにかく、琳派とは天才揃いである。少しズレるかもしれないが、手塚治虫や宮崎駿はこの伝統を無意識に継承しているのではないだろうか。端的に、日本美学の継承である。
 湾曲する流線的な曲線の美学があると思った。中井正一的に言えば、流動するさらさら流れる美学である。

参考:
尾形光琳-主要作品の解説と画像
http://www.salvastyle.com/
menu_japanese/korin.html

次の代表作は「毒舌」の岡本太郎が大絶賛していたもので、ゆらゆらと垂直に揺らぐ川面は正に、ケルト文様と通じよう。超越次元を表現しているのである。そう、Media Pointから表現しているのである。これは雪舟にも感じられる。日本美術の粋は、伝統的に、Media Pointを介して、超越次元を表現していると考えられる。

尾形光琳作『紅白梅図屏風』
http://www.salvastyle.org/
menu_japanese/view.cgi?file
=korin_blossoms00&picture=
%8Dg%94%92%94~%90%7D%
9B%A0%95%97&person=%94
%F6%8C%60%8C%F5%97%
D4&back=korin_blossoms


***************

尾形光琳生誕350周年記念 
特別展「大琳派展−継承と変奏−」 平成館 2008年10月7日(火)〜11月16日(日)

風神雷神図屏風
重要文化財 風神雷神図屏風
尾形光琳筆
江戸時代・18世紀
東京国立博物館蔵
 2008 年は、江戸時代の芸術家尾形光琳が生まれて350年目にあたります。光琳は、斬新な装飾芸術を完成させ、「琳派」という絵画・工芸の一派を大成させました。琳派は、代々受け継がれる世襲の画派ではなく、光琳が本阿弥光悦、俵屋宗達に私淑し、その光琳を、酒井抱一らが慕うという特殊な形で継承されてきました。

 本展は、その琳派を代表する本阿弥光悦・俵屋宗達・尾形光琳・尾形乾山・酒井抱一・鈴木其一の6人の優品により、琳派芸術を展望しようとするものです。同じテーマの作品を比較しながら見ることで、琳派の系譜を具体的にたどると同時に、各作家の独自性も明らかにしようという企画です。絵画、書跡、工芸など、各分野の名品により、琳派の豊かな芸術世界をお楽しみください。

 ※会期中、作品の展示替があります。展示作品一覧をご覧ください。
http://www.tnm.go.jp/jp/servlet/
Con?pageId=A01&processId=
02&event_id=5705

http://www.rinpa2008.jp/

****************

琳派
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション , 検索
俵屋宗達 風神雷神図
俵屋宗達 風神雷神図

琳派(りんぱ)とは、俵屋宗達 、尾形光琳 ら江戸時代 に活躍し、同傾向の表現手法を用いる美術家 ・工芸家 らを指す名称である。

かつては尾形光琳・乾山 とその作風を継承した酒井抱一 らを一つのグループとみなし「光琳派」と呼んだり、その先駆者と考えられる俵屋宗達・本阿弥光悦 らを含めて「宗達光琳派」と呼んでいた。現在は「琳派」という呼称が一般的である。

背景に金銀箔を用いたり、大胆な構図、型紙のパターンを用いた繰り返し、たらしこみの技法などに特色が見られる。宗達・光琳・抱一の3人が著名であるが、この3人は生存時期が違い直接の師弟関係は無い。光琳が宗達を、抱一が光琳をそれぞれ私淑し、影響を受けている。(この点で狩野派 や円山派 といった流派とは異なる)
尾形光琳 紅白梅図屏風(紅梅図、部分)
尾形光琳 紅白梅図屏風(紅梅図、部分)

琳派はヨーロッパの印象派や現代の日本画、デザインにも大きな影響を与えている。

* 俵屋宗達 (江戸初期)
* 尾形光琳 (1658年 - 1716年)
* 酒井抱一 (1761年 - 1828年) 江戸琳派とも。

2004年に東京国立近代美術館で開催された「琳派 RIMPA」展では、明治以降の日本画の作品(菱田春草 、横山大観 など)のほか、クリムト やウォーホル の作品にも「琳派的なもの」が見られるとされた。

[編集 ] 関連項目

* 日本美術史

執筆の途中です この「琳派」は日本の文化 に関する書きかけ項目 です。この項目にさらなる加筆、訂正 などをして下さる協力者を求めています(ポータル 日本 /ウィキプロジェクト 日本文化 )。
"http://ja.wikipedia.org/wiki
/%E7%90%B3%E6%B4%BE " より作成
カテゴリ : 日本文化関連のスタブ項目 | 日本美術史 | 日本の画家 | 日本の美術家

酒井抱一
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション , 検索

酒井 抱一(さかい ほういつ、 宝暦 11年7月1日 (1761年 8月1日 ) - 文政 11年11月29日 (1829年 1月4日 ))は、江戸時代 後期の絵師。権大僧都 。本名は忠因(ただなお)、字は暉真。鶯村、雨華庵とも号する。狂歌での名前は、尻焼猿人。姫路藩 主・酒井忠以 (ただざね)の弟。

[編集 ] 略歴

神田小川町 の姫路藩 別邸にて藩主世子酒井忠仰 の次男に生まれた抱一は、17歳で元服して1,000石を与えられる。若い頃から俳諧 や狂歌 、浮世絵 等に才能を発揮し、30歳の時句集「軽挙館句藻」を刊行する。37歳で西本願寺 の法主 文如 に随って出家した後は尾形光琳 に私淑する。琳派 の装飾的な画風を受け継ぎつつ、円山四条派 や土佐派 などの技法も積極的に取り入れた独自の洒脱で叙情的な作風を確立し、いわゆる江戸琳派の創始者となった。その一方で、光琳の事績の研究や顕彰に努め、彼の没後100年に当たる文化 12年(1815年 )6月2日に百回忌記念の光琳展覧会を催した。その時の縮小版展覧図録である『光琳百図』上下は、当時の琳派を考える上での基本資料である。また、この図録は後にヨーロッパ に渡り、ジャポニズム に影響を与えた。

代表作の銀屏風「風雨草花図」(「夏秋草図屏風」の題名で広く知られる)は、一橋徳川家がかつて所持していたもので、俵屋宗達 の名作に影響を受けた光琳の金屏風「風神雷神図 」(重要文化財 )の裏面に描かれたものである(現在は保存上の観点から「風神雷神図」とは別々に表装されている)。風神図の裏には風に翻弄される秋草を、雷神図の裏には驟雨に濡れる夏草を描き、「風神雷神図」と見事な照応を示している。

門人に鈴木其一 、池田孤邨 らがいる。また、太田南畝 ・谷文晁 ・亀田鵬斎 ・市川団十郎 とも親しく、向島百花園 や八百善 にも出入りしていた。

墓所は築地本願寺 (東京都指定旧跡)。

[編集 ] 主な作品

* 『風雨草花図』(通称:夏秋草図屏風)東京国立博物館 蔵、重要文化財
* 『月に秋草図屏風』重要文化財
* 『白繻子地梅樹春草模様描絵小袖』国立歴史民族博物館 蔵、重要文化財
* 『波涛図屏風』静嘉堂文庫 美術館蔵
* 『三十六歌仙図色紙貼付屏風』プライス・コレクション蔵
* 『八橋図屏風』出光美術館 蔵
* 『紅白梅図屏風』出光美術館蔵
* 『四季花鳥図屏風』陽明文庫 蔵
* 『十二か月花鳥図』宮内庁 三の丸尚蔵館蔵
* 『十二か月花鳥図』プライス・コレクション蔵
* 『四季花鳥図巻』東京国立博物館蔵
* 『絵手鑑』静嘉堂文庫美術館蔵
* 『飛雪白鷺図』(通称:芦に白鷺図)山種美術館 蔵
* 『月夜楓図』静岡県立美術館 蔵
* 『雲雀に春草図』姫路市立美術館 蔵 1817年頃
* 『播州室明神神事棹歌之遊女行列図』姫路市立美術館蔵

"http://ja.wikipedia.org/wiki/%
E9%85%92%E4%BA%95%E6%
8A%B1%E4%B8%80 " より作成
カテゴリ : 日本の画家 | 江戸時代の人物 | 酒井氏 | 1761年生 | 1829年没

参考:

ケルズの書
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション , 検索
このページはヨハネによる福音書であり、豪華な装飾がなされている
このページはヨハネによる福音書 であり、豪華な装飾がなされている

ケルズの書(ケルズのしょ、The Book of Kells)は、8世紀 に制作された聖書 の手写本 。

「ダロウの書 」、「リンディスファーンの福音書 」とともに三大ケルト 装飾写本のひとつとされ、アイルランド の国宝となっており、世界で最も美しい本とも呼ばれる。

縦33cm、横24cm。豪華なケルト文様による装飾が施された典礼 用の福音書 で、四福音書(マタイによる福音書 、マルコによる福音書 、ルカによる福音書 、ヨハネによる福音書 )が収められている。

聖コルンバ の偉業を称えるために、スコットランド のアイオナ修道院 で制作が着手され、その後アイルランドのケルズ修道院 で完成された。現在は、ダブリン大学 のトリニティー・カレッジ博物館 に所蔵されている。
ウィキメディア・コモンズ
ウィキメディア・コモンズ には、ケルズの書に関連するマルチメディア およびカテゴリ があります。

"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%
82%B1%E3%83%AB%E3%82%BA
%E3%81%AE%E6%9B%B8 " より作成
カテゴリ : 聖書写本 | ケルト系キリスト教 | ダブリン

Image:KellsFol034rChiRhoMonogram.jpg
From Wikipedia, the free encyclopedia
Jump to: navigation , search

* Image
* File history
* File links

Image:KellsFol034rChiRhoMonogram.jpg
Size of this preview: 438 × 599 pixels

Full resolution ‎ (1,077 × 1,473 pixels, file size: 483 KB, MIME type: image/jpeg)
http://en.wikipedia.org/wiki/
Image:KellsFol034rChiRho
Monogram.jpg



   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年10月
     
19
 

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:226
昨日:657
累計:4,954,072