INNOVATION OF PHILOSOPHY: GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience - 2008/10/01

GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience:思えば、2004年9月「海舌」氏とブログ上で遭遇し、不連続的差異論が誕生しました。その後、仮説・理論は紆余曲折的に変転しました。現時点2015年では理論名はGP陰陽哲理学です。




[PR]



2008年10月01日(Wed)▲ページの先頭へ
新しい世界へ向けて:トランス・ヤハウェ主義:人類史の大厄
現代のカオス、これは、実は、叡知、真理、そう、本源を失っていることから発していると言える。
 プラトニック・シナジー理論から言えば、すべては実に、シンプルな様相である。
 そう、すさまじい知の混乱があるのである。これは、父権制、一神教によってもたらされたと言える。つまり、同一性に価値をおく同一性主義である。
 今はっきりした視点からいうと、この狂気の文明には深い意味があるのである。ヤハウェ文明は重大な意味をもつのである。
 これまで述べたように、ヤハウェ文明とは、物質主義文明であり、近代科学・技術を興隆させたのである。これはおそらく人類史上、空前絶後の達成である。
 しかし、これは、正に、諸刃の剣である。パラドクシカルな達成である。
 私はヤハウェを最大限に批判しているが、実は、これは、最大の評価なのである。ヤハウェはおそらく最高度に偉大なのである。しかし、逆に最高度に危険なのである。
 思うに、ヤハウェの功績は認めなくてはならない。しかし、同時に、その悪を裁断しないといけない。
 結局、現代は、トランス・ヤハウェ主義の時代なのである。人類史上、もっとも、スリリングな時代と言えるだろう。

P.S. 思うに、ヘーゲル哲学が想起されるのである。大枠では正しいだろう。精神があり、疎外としての物質化があり、そして、新たに精神化される。この弁証法は強力である。
 しかし、PS理論から見ると、精神とは、同一性ではなく、差異、超越的差異なのである。ここで、ヘーゲル弁証法とは決定的に異なるのである。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年10月
      1
 

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:210
昨日:657
累計:4,954,056