INNOVATION OF PHILOSOPHY: GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience - 2008/09/23

GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience:思えば、2004年9月「海舌」氏とブログ上で遭遇し、不連続的差異論が誕生しました。その後、仮説・理論は紆余曲折的に変転しました。現時点2015年では理論名はGP陰陽哲理学です。




[PR]



2008年09月23日(Tue)▲ページの先頭へ
アメリカ万事休す:貧すれば鈍す:とにかく日銭がほしいということである
いかにも姑息な対処である。とにかく、日銭が欲しいということだろう。これでは、足下を見られる。アメリカ万事休すである。
 根本問題は、投資銀行型ビジネスモデルが崩壊したことであり、以下は弥縫策、一時しのぎである。

米銀への出資規制を緩和=増資努力を支援−FRB

 【ワシントン22日時事】米連邦準備制度理事会(FRB)は22日、銀行への出資に関する規制を緩和した。これまで25%以上の株式を保有した場合、出資者は「銀行持ち株会社」としてFRBの監督下に置かれた。今後は出資比率が3分の1未満かつ議決権が15%未満であれば、監督の対象にはならない。低所得者向け高金利型(サブプライム)住宅ローン問題で痛んだ財務の改善のため増資を必要としている米銀に対する資金の呼び込みを狙う。(2008/09/23 -15:01)

http://www.jiji.com/jc/c?g
=int_30&k=2008092300270

安定策に呼応する国なし=財務長官、要請継続−米紙

9月23日15時21分配信 時事通信

 【ワシントン23日時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は23日、米政府が先に打ち出した総額7000億ドルの金融安定化策について、米政府が同様の措置を日本や欧州諸国に求めているものの、これまでに応じた国はないと報じた。
 同紙は「日本や欧州諸国は、(自国内で)米国と同種の救済策に乗り出すつもりはない」と伝えた。ポールソン財務長官は引き続き外国政府に協力を要請しているというが、同紙は「欧州では、米国で発生した問題は米国内で解決すべきだとの意見がある」との識者の見方を紹介した。http: //headlines.yahoo.co.jp/hl?a
=20080923-00000067-jij-int

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年)9月24日(水曜日)
         通巻第2331号  (9月23日発行)
△△△△△△△△△△△△△△△△

 やはり株式市場の復活は難しい。ウォール街、再下落を始める
  ブッシュ政権の総合的な救済策へ懐疑論の合唱。次はGM、GEに飛び火か

*****************

 日本は市場が休みだが、ウォール街は株価が再び下降局面へ(米国時間=22日)、最後の優良株と言われたGM株は11・5%下げ、アメックスも7・7%下げた。かわって原油が一日に25ドルもの暴騰を演じ、1バーレル=130ドル台へ。
 しかも通貨市場では鮮明なドル安傾向に流れが変わった。
http://www.melma.com/
backnumber_45206_4234424/


人文科学の「科学」の意味について:PS理論の諸科学総合性
副島隆彦氏の以下の歯に衣着せぬ言葉から少し考えたい。

『「馬鹿。×人文科学(じんぶんかがく) などというコトバは無いんだ。人文(じんぶん。ヒューマニティーズ、あるいは、リベラル・アーツ)が、科学(サイエンス?)のわけが無いだろうか。アホども」 と、私が10年以上前、書いたので、文部科学省や、大型書店も、やがて、この×人文科学 を使わなくなった。本当だ。』
[989]「資本主義(しほんしゅぎ)」というコトバの由来(ゆらい)を教えておきます。
・気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板
http://www.soejima.to/

私は先に人文科学という言葉を、いくぶん不用意に使用したが、そのとき、人文学にしようかと迷った。問題は、「科学」という言葉・概念である。自然科学の「科学」は思うに、同一性=物質のデータを中心として形成される。しかし、人文科学の「科学」は差異を中心として形成される。前者を客観性、後者を主観性と言ってもいいかもしれない。
 しかしながら、カント哲学からわかるように、客観性も超越論的主観形式なのである。客観性と言われるものも、主観形式なのである。
 人文科学の「科学」は、そのような主観形式ではなく、直感・直観性に依存するものである。この点で、自然科学とは異なってくるだろう。
 直感とは、端的に言えば、Media Pointの感性である。だから、人文科学は、自然科学とはズレることになると考えられる。
 とまれ、そういうことで、副島氏の発言は、いささか、自然科学中心的である。
 PS理論は、自然科学、社会科学、人文科学等を融合する理論である。なぜなら、それは、Media Pointという諸事象の根本を基盤としているからである。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年9月
 
23
       

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:336
昨日:878
累計:4,825,448