INNOVATION OF PHILOSOPHY: GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience - 2008/09/18

GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience:思えば、2004年9月「海舌」氏とブログ上で遭遇し、不連続的差異論が誕生しました。その後、仮説・理論は紆余曲折的に変転しました。現時点2015年では理論名はGP陰陽哲理学です。




[PR]



2008年09月18日(Thu)▲ページの先頭へ
偽装自民党総裁選は即刻やめて、解散選挙すべきである。又は超党派的大共立(差異共鳴)をすべきである
偽装自民党総裁選は即刻やめて、解散選挙すべきである。又は超党派的大共立(差異共鳴)をすべきである

テーマ:福田政権とポスト福田

偽装自民党総裁選は即刻やめて、解散選挙すべきである。あるいは、超党派的に、大共立(差異共鳴)して、危機に取り組むべきである。自民党員が小沢氏を総理に選んでもいい。

*****************

太田農水省謝罪 事故米ずさん調査認める

9月18日16時3分配信 産経新聞

 米粉加工販売会社「三笠フーズ」(大阪市)による汚染された事故米の不正転売問題をめぐり、衆院農林水産委員会の閉会中審査が18日午前開かれ、出席した太田誠一農水相は冒頭、「消費者の『食の安全』に対する不安を招いたことに責任を痛感している」と述べ、陳謝した。また、農林水産省側は三笠などに対するこれまでの調査がずさんだったことを認めた。国会で同問題を取り上げるのは今回が初めて。

 同省は、過去5年間で96回も三笠の加工作業に立ち会っていたが不正を見抜けなかった。町田勝弘総合食料局長は同委員会で、調査が在庫量や伝票の確認にとどまり、流通経路を把握していなかった点を問われ「結果をみれば明白で、その通りだ」と答弁、ずさんな調査だったことを認めた。

【関連記事】
・ 農水省は公表しないと…汚染米流通先の自殺した社長「公表恐れていた」
・ 【事故米不正転売】コンビニおにぎりにも混入
・ コメ輸入を当面見合わせ 農水省
・ 農水省、流通先をHPでも公表 訂正重ねてやっと…
・ 米だけじゃない!牛肉も豚肉も… 特集「食の偽装」

肝炎原告の福田衣里子氏、小沢代表出馬要請を受け入れ

2008年9月18日13時6分



写真福田衣里子さん(右)と面会する民主党の小沢代表=18日午前10時58分、長崎市、水野義則撮影

写真民主党からの衆院選出馬を表明した福田衣里子氏(左)は、小沢代表に突然握手を求められ、驚いた表情を見せた=18日午後、長崎市、水野義則撮影

写真民主党からの衆院選出馬を表明した福田衣里子氏(左)と、小沢代表=18日午後、長崎市、水野義則撮影

 薬害肝炎九州訴訟原告の福田衣里子さん(27)=長崎市=が18日、次の総選挙で長崎2区に民主党公認で立候補することを正式に決めた。同市内で面会した民主党の小沢代表の要請を受け入れた。

 長崎2区には、自民党の久間章生元防衛相(67)が10期目をめざして立候補する予定。久間氏は朝日新聞の取材に対し、福田さんの立候補について「政治は大変だから苦労するのではないか。地域の代表として背負って立たないといけないことは多い。その期待に応えられるかどうか」と述べた。

 福田さんは、出生直後に投与された血液製剤でC型肝炎に感染。04年に国と製薬会社を相手取って提訴し、実名を公表して闘い続けた。全国原告団の中心となって活動し、今年1月、超党派による薬害肝炎被害者救済法成立に貢献した。

 福田さんはこれまで、超党派に働きかけてきた原告団や弁護団への影響などを心配し、立候補については慎重に検討していた。だが、「肝炎問題はまだ解決していない。政治の力で救える命はある」と決断した。

 長崎2区では、諫早市議の相浦喜代子(44)、会社員の山崎寿郎(28)の両氏がいずれも無所属で立候補する意向を示している。

http://www.asahi.com/politics
/update/0918/SEB200809180003.html

年金問題:標準報酬月額、6万9000件改ざんの疑い 厚労相、「組織的関与」調査へ

 舛添要一厚生労働相は18日、厚生年金保険料の算定基準となる標準報酬月額(給与水準)の記録の改ざんが疑われる事例が6万9000件に上ることを参院厚労委員会で明らかにした。また、舛添厚労相は「私自身は組織的関与があるだろう、非常に疑わしいと思っている」と述べ、来年にも社会保険庁職員の組織的関与を本格調査する方針を示した。

 蓮舫議員(民主)らの質問に答えた。

 改ざんの疑いが強いケースとして、▽標準報酬月額がさかのぼって下げられたのと同じ日か翌日に会社の年金からの脱退処理がされている▽月額が5等級以上も極端に下げられている▽6カ月以上もさかのぼって月額が改められている−−の3点が共通していたという。

 舛添厚労相は「クロに近い」と指摘し、社会保険庁のコンピューター内の全年金記録から同様のケースを拾い出したところ、判明したという。

 また、舛添厚労相は、総務省年金記録確認第三者委員会が「社会保険事務所の処理が不適正」と指摘するなどした計88件を分析した結果、「9割以上が疑わしかった」と述べた。

 標準報酬月額の改ざんをめぐっては、同庁は1件だけ職員の関与を認め、組織の関与は確認できないとしていた。【野倉恵】

毎日新聞 2008年9月18日 東京夕刊

http://mainichi.jp/select/wadai/news
/20080918dde001010073000c.html


サブプライムローンをガン細胞に喩え、それが、全身に転移して、御陀仏だと述べことがある。
以前、サブプライム問題で下した私の推測的診断であるが、サブプライムローンをガン細胞に喩え、それが、全身に転移して、御陀仏だと述べことがある。
 金融商品として証券化であるが、確かに、個々の証券のリスクが量的に小さくなったが、結局、質的リスクは変わらなかったのではないだろうか。そして、リスクが量的に小さいことを質的にリスクが小さいことと勘違いしたために、この「劇薬」を超大量に飲んでしまったのはではないだろうか。だから、そうならば、リスクは逆に、怪物的に巨大なものとなったと言えるだろう。

p.s. 今日の黙示録的時代であるが、以下の「東海アマチュア・・・」氏が述べることから思うと、生とは、ないしは、現世とは、修行・苦行の場であるということだと思う。一見理不尽なことで、そう、自分では分けのわからないことで苦しむ(又は、悲しむ)のは、身心骨髄に徹した差異共鳴叡知を得るためである。利己主義を徹底的に削ぎ落とすためである。そう、伝統的な意味での、乃至は、心理学者ユングが説く錬金術である。身心の錬成である。超絶的苦を通して、介して、叡知を身心に彫刻するのである。そこから、利己主義文明を乗り越えた叡知文明が生まれるのである。宝瓶宮文明とはそのように到来するのだろう。

警句:苦とは神の愛である。


参考:
錬金術
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション , 検索

錬金術(れんきんじゅつ、Alchemy)とは、最も狭義には、化学的手段を用いて卑金属 から貴金属 (特に金 )を精錬しようとする試みのこと。

広義では、金属に限らず様々な物質や、人間の肉体や魂をも対象として、それらをより完全な存在に錬成する試みを指す。錬金術の発達の過程で、硫酸 ・硝酸 ・塩酸 など、現在の化学薬品の発見が多くなされ、その成果は現在の化学 (Chemistry) にも引き継がれている。歴史学者フランシス・イェイツは16世紀の錬金術が17世紀の自然科学を生み出した、と指摘した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9
%8C%AC%E9%87%91%E8%A1%93



参考:

錬金術
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション , 検索

錬金術(れんきんじゅつ、Alchemy)とは、最も狭義には、化学的手段を用いて卑金属 から貴金属 (特に金 )を精錬しようとする試みのこと。

広義では、金属に限らず様々な物質や、人間の肉体や魂をも対象として、それらをより完全な存在に錬成する試みを指す。錬金術の発達の過程で、硫酸 ・硝酸 ・塩酸 など、現在の化学薬品の発見が多くなされ、その成果は現在の化学 (Chemistry) にも引き継がれている。歴史学者フランシス・イェイツは16世紀の錬金術が17世紀の自然科学を生み出した、と指摘した。

http://ja.wikipedia.org/wiki
/%E9%8C%AC%E9%87%9
1%E8%A1%93


*****************

米モルガン:ワコビアと合併協議 金融再編が活発化

 【ワシントン斉藤信宏】米証券大手モルガン・スタンレーが米金融大手ワコビアと合併に向けた協議に入ったと、複数の米メディアが17日報じた。経営危機に陥っている貯蓄貸付組合(S&L)最大手のワシントン・ミューチュアルも事実上の「身売り」に向けて複数の大手金融機関と接触を始めたという。米金融市場で信用不安が深刻化する中、金融機関の再編に向けた動きが活発化してきた。

 報道によると、モルガンはワコビアのほか複数の金融機関に合併を打診しており、条件が折り合った段階で本格交渉に入る方針。米証券大手のうち破綻(はたん)や買収を免れ、独立して存続しているのはモルガンとゴールドマン・サックスだけで、17日のニューヨーク株式市場では2社とも株価が大幅に下落した。

 ワコビアも低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)関連の損失が膨らんでいることから株価が下落している。証券大手リーマン・ブラザーズの破綻後、市場の圧力にさらされている両社が、生き残りをかけた再編を模索しているとみられる。

 一方、株価が2ドル台に低迷しているワシントン・ミューチュアルはゴールドマンに身売り先探しを依頼、米金融大手シティグループなどが関心を持っているという。

http://mainichi.jp/select/world/news
/20080918k0000e020030000c.html

参考1:転載被許可記事

★ 2008年9月18日 木曜日  7時半更新

 当地は久しぶりの雨、携帯メールブロッキング、ガイガーカウンター数値、10分平均1割マイナス、掲示板に鹿児島上村さんの危険レポートなどあり、大阪からも超大型接近宏観レポート。
 1週間ほど外出していたので、宏観状況は確認できていない。上の電波掲示板にも目立った異常伝播が報告されていないが、東北における宏観は、岩手〜北海道方面の超大型発生を疑わせるものだった。また山野井君を襲ったように、熊の出没被害激増、こうした状況はスマトラ前に酷似している。


■ リーマン破綻の影響について 評論家須田慎一郎氏コメント (ラジオ番組、宇宙の法則研究会御協力)

■ 救済によってもAIG破綻は避けられない!
 【ネバダ引用: 今、金融市場では【リーマン】・【AIG】に続く餌食を探していますが、その候補は以下の会社です。<日本時間午前1時半時点>
【シティ】       $13.35(−15%:安値更新)【モルガンスタンレー】 $17.75(−38%:安値更新)
上記巨大金融会社2社が市場の餌食になりつつあり、今や金融市場は異常な"興奮"につつまれています。
しかしながら市場はわかっていません。自分達が何を行っているのかを。ひとつ、そしてまた一つと巨大金融機関を"食べて"いけば確かに自分達は美味しい思いをするでしょうが、最終段階では食べ過ぎて動けなくなり、そこに巨大津波が襲い、窒息死することになるのです。ところで、今日、肝心の【AIG】株ですが、45%以上も暴落しており、$2.06となっており、終値でも$1台に落ち込むこともあり得ます。そうなれば【AIG】を救うことは不可能であり、米国政府はメンツをつぶすことになり、世界は【AIG】の破綻に震撼することになります。今日のNY市場の引け値は今後の動向をすべて語ってくれます。】

● 大恐慌こそ最高の金儲けどき! と喜悦しているみなさん(松浦民輔が自慢げに言った)
 上のネバダの指摘の意味が分かりますか? あなたが喜んで食べている美味しい獲物、食べ進むうちに、その正体が見えてきた。そう、それは自分自身の体だったのです。金儲けを唯一の価値と勘違いして、他人を出し抜いて狂奔してきた人たちが本当に食べたもの・・・・・ それは恐ろしい怪談になりそうです。 (-_-)


● 余談 今後、社会はどのように遷移するのか?

 リーマンに続いてAIG・USB・フリディ&マック・メリル・シティ・GM・フォードの破綻は、その額の巨大さから、いかなる救済も不可能であって決して避けられない。これが金融市場を知る者の常識である。もはや一政府ごときが、知恵を絞り出してなんとかできるレベルではない。
 この結果、証券・金融市場が閉鎖され、世界的な再編、都合の良いルール変更が行われるはずだが、それも成功しないだろう。各国の利己主義が衝突し、妥協など不可能であって、結局、軍事的対立を煽る結果にしかならない。

 世界を影で支配し続けてきたユダヤ資金集団、ロスチャイルド・ロックフェラーたちも、この大恐慌で致命的な深手を負ったはずだ。密かに集め続けた財産の大半が蒸発してしまったのだ。
 もとより、この恐慌の原因を作ったのは、彼らユダヤ秘密結社が、世界中のカネを独占し、全人類をユダヤの家畜として支配を目論んだ陰謀が、それ自身の矛盾によって破綻したということなのだ。世界を作っているのは一人一人の幸福へのモチベーションであるというのに、世界中の人々を不幸に追い込み、世界を支えてきたモチベーションを根底から破壊したことにより、ユダヤも、その基盤を失ったという、あまりに壮大で、あまりに滑稽な喜劇になったわけだ。
 つまり、彼らは金儲けのうまいエサを食べ続けた結果、それが自分自身の手足そのものであったことに気付かなかったということなのである。

 しかしながら、この大恐慌で起きる事態は、世界中の人々を巨大な地獄に貶めるものだ。莫大な数の人々が、戦火のなかで、もだえ苦しんで死んでゆかねばならない。
 世界中の財産が消滅し、あらゆる虚構が消滅するのだ。人々は人間の本当の実体が何であるのか思い知るときまで、喪失の悲劇を味わい続けることだろう。権威や金儲けが唯一の価値だと勘違いしてきた人たちの目が覚め、鱗が落ちるそのときまで、地獄が続くのである。
 だが、ある日、人々は、人生の本当の意味、真実の価値が、苦難に対して連帯して立ち向かう、そのプロセスにあることに気付き、その瞬間から人類社会の再生が始まると信じている。

 今後、年末までに、日本も含む世界中の金融機関が倒産・凍結に追い込まれるだろう。このため、世界中の企業が連鎖倒産し、生き残った企業、組織体も大きな痛手を負うことになる。
 しかし、人間が生きているうちに、その社会を支える経済が必要になるわけで、これまでのように、一部の人々が特権を手中にし、その欲望を満たすために経済社会を利用するということは不可能になる。 ただ、人々の生活を支えるために、人の善意を流通させるシステムが生き残るだけだ。

 今後、世界的な為替・金融システムが崩壊するため、国際貿易は凍結され、鎖国経済の様相を示すようになる。しかし、衣食住の必然的な需要から、第一次産業を中心とする国内産業が活性化し、当分の間、流通網は生き残り、より合理的な規模の小さいシステムに遷移してゆくだろう。
 若者の多くが、農業共同体に吸収され、第一次産業が半世紀ぶりに息を吹き返すことになる。次に死滅しかけた衣料産業も復活するだろう。

 流通の基本システムは、再び鉄道輸送が復活し、自動車は燃料確保の困難さから衰退することになる。本当に必要なものだけしか自動車を使えないことになるだろう。代わりに爆発的に伸張するのが自転車である。
 もちろん、日本は山国なので電動自転車に頼ることになり、そのインフラである太陽光発電と自転車道路網の建設が進むだろう。シャープやサンヨー電気が大躍進を遂げるだろう。

 商品流通は、基本的にインターネットによる通販が主流になるだろう。ネット販売は、店舗や雇傭などの面倒が少なく、必要なインフラはネットだけで、後は流通業者が主役となる。他の販売店舗主体の事業者よりも圧倒的に有利であって、スーパーなど大規模店が個人商店を駆逐したように、今度は個人ネット業者が大規模店舗販売システムを淘汰する結果になるだろう。

 つまり、世界は、電動自転車と太陽光発電、インターネットと農業の世界へと変わると予想している。
 さらに、ネット社会によって国境の塀はますます低いものになり、外国人の流入が激増するだろう。やがて日本列島の主役は中国人になると、これまで繰り返し指摘してきたが、あらゆる形で中国人の流入が加速するはずだ。
 これは社会的エントロピーの法則による自律的推移の必然性であって、意図的にどうにかできるものではない。つまり、水が高いところから低いところに流れるように、社会も、貧しい者は豊かなものを目指すのであり、これが社会のモチベーションとなるのだ。

 今後、世界人民の娯楽は、スポーツ以外には、登山ハイキング・温泉湯治が主流になり、日本の温泉地が中国人などに次々と買収され、日本は観光王国になるだろう。日本は、世界人民の標準的生活・娯楽を模範として示す地域になるはずだ。


書きかけ
http://www1.odn.ne.jp/~cam22440/yoti01.htm

東海アマチュア無線  地震予知研究会

参考2:
09/18/2008
闇の向こうには朝日が近い

アメリカ政府がAIGを救済したが、当面の止血策にすぎない。実際は大勢の解約者が出ており、いずれは破綻するのが目に見えている。アメリカが倒産することにより日本株の投売りなど、当然暫くの間は打撃を受けるだろう。
BenjaminFulford 

参考3:転載被許可記事
◆ 2008/09/18(木) 「焼け石に水」というか「おぼれる者にワラ」
 アメリカ合衆国は,自壊し,自滅していくだろう.
 世界一豊かな金持ち国家,史上最強の軍国主義国家.世界中をアメリカ文化で染め(アメリカナイズ),世界中の知識人が憧れた,…あのアメリカが崩壊していくのだ.
 それにしてもなさけない!
 絶対に破綻させてはいけないリーマンを救えず,AIGを救おうとしたが,救済資金がたったの9兆円では「焼け石に水」というか「おぼれる者にワラ」.
 田中 宇 ではないが,アメリカは自滅したがっているようだ.
 事実は,金融危機に対処する資金と能力がなくなった,という国家としての末期症状だ.
 アメリカ (とアメリカの植民地・日本)の没落は,既定の路線になった.
 そして,経済恐慌がはじまった! …こう思ったほうがいい.
 どうしたらいいか?
 簡単だ.耐乏生活を覚悟して,平常心でいることだ.たまげることは何もない.
 あ,株は絶対に買ってはいけない! (…と,もう半年以上も前から叫んできた.)
 「アメリカ経済は大丈夫,もうすぐおさまる」…といった御用学者の評論は無視して,
 『金融危機時の賢い世渡り法』 などを,もう一度読んでほしい.
.
 ともかく,今となってはアメリカ経済の末期症状をなおす特効薬はない.
 ただし,恐ろしい劇薬がある.
 戦争とテロだ.
 突如,イスラエルがイランを爆撃し,戦争状態になる.
 羽田発大阪行きのJAL機,成田発上海行きのANA機が同時にハイジャックされて,
そのまま東京と横浜の人口密集地帯に墜落・炎上・爆発する…
 (パパブッシュとCIAが得意な)911自作自演テロの再現だ.
 苦境から脱出するために,アメリカは何でもやる.何でもやってきた.
 おそろしい国である.自滅・自壊したほうがほうがいいのだ.
http://www.geocities.jp/o1180/index.html
飯山一郎の小さなHP:低下低下=てげてげ

参考4:
米国金融産業のメルトダウン - オルトAと商業用不動産の危機へ
NY株が昨日(9/17)、また大きく値を下げた。米当局によるAIGに対する救済措置が発表され、一日だけ安堵感が漂ったが、すぐに信用不安が再燃してパニック的な株の投げ売りとなった。証券大手のUBS(スイス)に不安説が出ている。
http://critic5.exblog.jp/9520862/
世に倦む日日


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年9月
 
18
       

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:1,163
昨日:2,176
累計:4,612,481