INNOVATION OF PHILOSOPHY: GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience - 2008/09/07

GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience:思えば、2004年9月「海舌」氏とブログ上で遭遇し、不連続的差異論が誕生しました。その後、仮説・理論は紆余曲折的に変転しました。現時点2015年では理論名はGP陰陽哲理学です。




[PR]



2008年09月07日(Sun)▲ページの先頭へ
躁鬱病と差異共鳴エネルギー:Media Pointの開閉と差異エネルギーの放出
自己愛性人格障害と言われているものの症状であるが、私の感じでは、躁病に近いのではないかと思う。うつ病であるが、躁鬱病という方が適切ではないだろうか。(p.s.  以下の説明では、うつ病と躁鬱病が別の病気である。私も、そう見た方がいいと思う。思うに、躁鬱病の場合、Media Pointの何らかの開きがあり、差異エネルギーが賦活されてはいるが、それを、同一性主義が抑圧する様態であるが、差異エネルギーが抑圧のダムを超えた時が躁状態で、それの放出が終った時が、鬱状態ではないだろうか。)
 後で、PS理論ないしは精神経済(宇宙精神経済)の視点から検討したい。予見を言うと、やはり、同一性主義が個人のMedia Pointを抑圧しているが、しかし、差異エネルギーが賦活されるとき、同一性主義が増進して、躁状態になり、差異エネルギーが枯渇すると、鬱状態になるのではないだろうか。

****************

躁病
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション , 検索
ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。免責事項 もお読みください。

躁病(そうびょう、mania)とは、精神疾患 の気分障害 の一つ。気分が高揚し支離滅裂な言動を発したりする状態になる。

自分では精神科医による治療の必要は感じないが、放っておくと極端なうつ状態に落ち込む(症状は人それぞれ)ために早期の治療が必要である。

躁病の症状は人間関係を著しく損ねる可能性があるため、その社会的予後はうつ病よりも悪いとされる。

[編集 ] 症状

躁病の主な症状を以下に挙げる。

感情障害

* 気分の異常な高揚
* 自己の過大評価
* 他者への干渉

思考障害

* 観念奔逸(考えが次から次へと浮かび、話題の方向性が変わる)
* 錯乱
* 妄想(誇大妄想、血統妄想、発明妄想、宗教妄想など)

欲動障害

* 多動・多弁
* 行為心迫(何か行動しなければと急いている状態)→行為未完成
* 作業心迫(何か作業しなければと急いている状態)→作業未完成

その他

* 睡眠障害(早期覚醒、睡眠時間減少、不眠の訴えなし)
* 食欲・性欲の亢進
* 錯覚(幻覚なし)
* 集中力がなくなる

[編集 ] 関連項目

* うつ病
* 双極性障害

執筆の途中です この項目「躁病」は、医学 に関連した書きかけの項目 です。加筆・訂正 などをして下さる協力者を求めています(ポータル 医学と医療 /ウィキプロジェクト 医学 )。
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BA%81%E7%97%85 " より作成
カテゴリ : 医学関連のスタブ項目 | 精神疾患

*****************

躁病 mania
 躁病についての研究は少ない。
 だいたい、躁ってのは見かけが楽しそうであんまり深刻そうには見えないせいか、不当に軽視されているようだ。実際、分裂病やうつ病の研究は山ほどあるし、うつ病がメインで躁には申し訳程度に触れただけの論文も掃いて捨てるほどあるんだけど、躁病に焦点をあてた研究ってのは非常に少ない。だから、代表的な論文を20本も読めば、躁病に関しては全貌が見渡せてしまうといってもいいくらいだ。
http://homepage3.nifty.com
/kazano/mania.html

*****************

双極性障害
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション , 検索

半保護 このページは半保護の方針 に基づき、一部ユーザーによる編集から保護 されています。
ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。免責事項 もお読みください。

双極性障害(そうきょくせいしょうがい、英:bipolar disorder)は、躁状態とうつ状態を繰り返す精神疾患 であり、気分障害 の一つである。躁うつ病(そううつびょう)あるいは双極性感情障害(そうきょくせいかんじょうしょうがい)とも言う。WHO国際疾病分類第10版(ICD-10 )ではF31。双極性障害の生涯有病率は0.2〜1.6%であるとされ、うつ病 の6〜15%と比べると、低めではあるが、けっして珍しい疾患ではない。一旦回復しても、再発することが多く、生涯にわたる薬物投与による予防が必要となることが普通である。
症状と診断

双極性障害は、躁状態を伴う双極I型障害と、軽躁状態を伴う双極II型障害に区分される。

後述の躁状態が1回認められれば、双極I型障害と診断がなされる。1回の躁状態で終わる症例は稀であり[要出典 ]、一般には、うつ状態と躁状態のいずれかが、症状のない回復期を伴いつつ、繰り返していくことが多い。躁状態から次の躁状態までの間隔は数カ月単位という場合から、数十年という場合もある。また、うつ状態と躁状態が混ざって存在する混合病相が生じる場合もある。

これに対して、うつ状態と軽躁状態のみが認められる場合を、双極II型障害と呼ぶ。ただし、この双極II型障害については、軽躁状態そのものが、患者や家族には認識されていないことも多く、自覚的には反復性のうつ病であると考えている患者も多い。

症例によっては季節に左右されることもある。うつ状態から急に躁状態になること(躁転)はまれでなく、一晩のうちに躁転することもある。また1年のうちに4回以上うつ状態と躁状態を繰り返すものを急速交代型(Rapid Cycler)と呼ぶ。これがひどくなると、躁とうつが混ざった「混合状態」に陥ることもある。

躁状態

躁状態とは、気分の異常な高揚が続く状態である。躁状態の初期には、患者は明るく開放的であることもあるが、症状が悪化するとイライラして怒りっぽくなる場合も多い。本人の自覚的には、エネルギーに満ち快いものである場合が多いが、社会的には、種々のトラブルを引き起こすことが多い。DSM-IV-TR による躁状態の診断基準は、以下の症状が3ないし4つ以上みられる状態が1週間以上続き、社会活動や人間関係に著しい障害を生じることである。

1. 自尊心 の肥大:自分は何でも出来るなどと気が大きくなる
2. 睡眠欲求の減少:眠らなくてもいつも元気なまま過ごせる
3. 多弁:一日中喋りまくったり、手当たり次第に色々な人に電話をかけまくる(メールのやりとりをするケースもある)
4. 観念奔逸:次から次へ新しい考え(思考)が浮かんでくる
5. 注意散漫:気が散って一つのことに集中できない
6. 活動の増加:仕事などの活動が増加し、良く動く
7. 快楽的活動に熱中:クレジットカードやお金を使いまくって買物をする、性的逸脱行動に出るケースもある

1)、2)、6)の症状によって事業を起こすなどの行動をとり、ごく例外的に大きな成果をあげることもあるが、たいていは失敗に終わり、負債 を抱えたり社会的信用を失う結果に終わる。3)の症状では電話をかけられる人が迷惑なばかりか、電話で約束したことを本人が忘れていることが多く、患者本人の信用失墜につながる。本人が忘れている場合はもちろん、躁状態であるが故に架電の相手方に不審に思われ本人ではなく家族や親近者に苦情が行きまわりが苦労することも多い。また、7)の症状は、本人ばかりか家族や会社等も巻き込んで後に経済的に苦しむこととなり注意を要する。

軽躁状態

基本的に躁状態と同じ症状であるが、社会的・職業的機能に影響のない程度のものを、軽躁状態と定義する。

うつ状態

詳細はうつ病 を参照

基本的には、エネルギーが高まった躁状態に対して、うつ状態はエネルギーの低下状態と理解できる。

その他の症状

不安(不安障害 )、強迫観念(強迫性障害 )、などが同時に現れることもある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/
%E5%8F%8C%E6%A5%B5
%E6%80%A7%E9%9A%9C%
E5%AE%B3

****************

躁うつ病ってなに


どんな病気なの

医学的には「気分障害」というジャンルに入ります。うつ病と同じジャンルですが、うつ病とは全く違う病気です。
普通のうつ病は、「単極性うつ病」(うつの症状のみ)。
躁うつ病は、躁(ハイ状態)とうつ(ロー状態)を繰り返す病気です。最近は「双極性障害」と呼ばれます。
http://www.seri.sakura.ne.jp
/~lisa/souutu/souutu.html
躁鬱病とこころの部屋
Living with Bipolar Disorder


生命場とMedia Point共鳴圏:宇宙生命とMP Resonance Dimension
たまたま見たが、生命場の考え方が興味深い。ホリスティック医学を提唱されているが、私は、PS理論から解明を試みたい。
 結局、造語して、Media Point Resonance Sphere(Media Point共鳴圏)がポイントであろう。これは、伝統的には、コスモス、宇宙霊anima mundiと呼ばれたものであろう。結局、宇宙生命の問題であるが、これを、PS理論的に精緻化したい。
 因みに、帯津良一氏の本を「気」関係から90年代には読んだことがある。明快に整理されて本であった。しかし、まだ、理論的にはかなり不十分だと感じたし、今も感じる。詰めが弱いのである。
 結局、生命場、総合的な生命場は、集合的観念である。しかし、個・差異の問題がそこには欠けていると感じる。だから、差異共鳴生命場というように、個と総合性を統合する発想が必要だと思う。

******************

こころの時代〜宗教・人生「いのちへの旅路」
チャンネル :教育/デジタル教育1
放送日 :2008年 9月 7日(日)
放送時間 :午後2:00〜午後3:00(60分)
ジャンル :ドキュメンタリー/教養>カルチャー・伝統文化


▽臓器中心の医学から全人的な医療へ。患者と共に歩んで見いだした、虚空へと続くいのちのエネルギー 【出演】帯津三敬病院名誉院長…帯津良一,【きき手】山田誠浩
詳細
出演者ほか
帯津三敬病院名誉院長…帯津 良一, 【きき手】山田 誠浩
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program
/p.cgi?area=001&date=
2008-09-07&ch=31&eid=30290



アメリカ自由主義経済の破綻:同一性主義資本主義から差異共鳴資本主義へ:トランス資本主義へ向けて
アメリカ自由主義経済破綻:国家資本主義へ:問題は何か。後で検討。一言いうと、自由主義経済という同一性主義のもつ、差異共鳴性の破壊、言うならば、差異合理性を破壊する非合理主義性が問題点である。
 同一性合理性と差異合理性(差異共鳴合理性)の二つの合理性があるが、同一性主義は、同一性合理主義によって、差異合理性を破壊して、非合理主義に陥るのである。
 政治・経済に、差異合理性を導入する必要があるのである。

*****************

実質的な政府管理下に=公的資本注入を検討−米住宅金融会社支援で最終調整

 【ワシントン5日時事】米財務省は5日、政府系住宅金融会社、連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)を実質的に政府管理下に置く方向で最終調整に入った。四半期ごとに段階的に公的資本を注入することも検討されているという。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)などが関係筋の話として報じた。米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)によると、両社への支援は「全米史上最大の企業救済」となり、納税者の負担は数百億ドル(数兆円)に上る恐れがある。政府管理下に置かれた場合、両社の普通株、優先株はほとんど無価値になるという。
 経営陣も刷新し、ファニーメイのマッド、フレディマックのサイロン両最高経営責任者(CEO)は辞任する見通し。支援策は早ければ今週末にも発表され、低所得者向け高金利型(サブプライム)住宅ローン問題は連邦政府が米住宅金融の中核を担う両社を直接救済するという異例の事態に発展することになる。(2008/09/06- 12:45)

http://www.jiji.com/jc/zc?k=200
809/2008090600076&rel=j&g=int


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年9月
 
7
       

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:279
昨日:601
累計:4,862,235