INNOVATION OF PHILOSOPHY: GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience - 2008/01

GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience:思えば、2004年9月「海舌」氏とブログ上で遭遇し、不連続的差異論が誕生しました。その後、仮説・理論は紆余曲折的に変転しました。現時点2015年では理論名はGP陰陽哲理学です。




[PR]



2008年01月07日(Mon)▲ページの先頭へ
検討問題:近代主義の狂気とは、専門分化に拠るところが大きいのではないのか
検討問題:近代主義の狂気とは、専門分化に拠るところが大きいのではないのか

テーマ:ポスト近代的自我/ポスト近代合理主義

後で考察したいが、近代主義の狂気、今日、発現している狂気は、専門分化に拠る部分が多いのではないのか。
 教養がなくなっている。かつては、文学、哲学、漢籍、等々とあったが、教養文化が消滅して久しい。
 私は、あえて教養に換わる概念として、先にもあげたが、心養をあげたい。心育、心識性、心知性という言葉も浮かぶ。心を識る(知る)教育が必要である。
 また、脱領域的知性ということも必要だと思う。科学教育は必要であるが、科学主義になっては、洗脳である。このような人たちを近代主義は生んだのである。
 とまれ、専門分化について言うと、専門分化は確かに、それぞれ、専門分化知性をもっている。しかしながら、それらは、基本的には、権威主義で固まってしまっているのである。つまり、権威主義的視点が覇権をもっていて、それ以外の独創的な視点を抑圧しているのである。
 この権威主義的視点が硬直・石化しているのであり、学ぶ者を洗脳化しているのである。それ以外の視点を禁じているのである。思うに、ポスト・モダンとは、このような知に対して、脱領域的な知を追求したものであるが、それは頓挫してしまった。
 後、足りないのは、自然体験、自然との融合的な体験が欠落していると思うのである。日本では、自然が破壊されて、天然自然が深山等へ行かないとほとんど残っていない状態になってしまっている。自然体験の希薄さが、狂気を生んでいると思う。
 つまり、Media Point体験である。これが心養とともに欠落して、日本・東洋文化を衰退させているのでもある。
 後でまとめたいが、とりあえず、次の三点が原因であると思う。

1)心養の欠落
2)専門分化の硬直した知
3)自然融合体験の欠落

**********************

宇宙人や五次元アセンションとは何ぞや。

テーマ:新霊性new spirituality

宇宙人や五次元アセンションとは何ぞや。
 「宇宙人」とは、Media Pointにおける諸超越エネルギー(エネルゲイア)ないしは高次元エネルギー(エネルゲイア)のことだと思う。諸精霊、聖霊、天使、菩薩、等々と言っていいのかもしれない。
 「五次元アセンション」は、端的には、胡散臭い。私は「アセンション」はないと思う。「アセンション」とは、五次元が大きく啓かれるということではないかと思う。五次元へ移行するというのではなくて、この四次元時空間において、高次元の五次元が加わるということだと思う。
 でも、どうして、精神世界に関与する人は、こう胡散臭くなってしまうのだろうか。それは、やはり、Media Pointを明確に捉えていず、高次元と現象界を連続化するために、高次元に囚われて、現象界を否定することになるのだと思う。そう、グノーシス主義もこの面があるだろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨年5月に「まもなく宇宙人が到着します」を出版された田村珠芳さん。
わずかな期間ですが著書は大フィーバーで既に数版重ねているようです。

田村珠芳さんは・中国易理文化研究会主幹、米国催眠療法協会公認カウンセラーでいらっしゃる。
とりわけ幻の運命学といわれていた『淵海子平:えんかいしへい』に出会い、現在、その第一人者。
主な著書に「カード易占いイーチン」、「運命を変える法則」、「基本四柱推命学」ほか多数の著書を発表している。

サトルでは毎回年初に田村さんをお招きしている。
今回は2008年(戊子:つちのえね)の政治経済のみならず、地球全体を易断していただく。

今年は新しい時代の幕開け。face02
十二支は子からはじまり亥で終わりますが、いよいよ21世紀の本番の年となります。
田村さんは、これからの数年が正念場となり、地震、噴火、経済の変動はますます激しくなると話される。

それは地球人に新しい時代への心構えをしてもらうため、気付きを起させるためのようだ。
戦争をしないと国の運営が出来ないアメリカアですが、宇宙の人たちは戦争を許すことはないという。
戦争をしている場合ではない。
あと数年で太陽系は五次元へと次元上昇すると言い切る。face08

地球人は肉体の波動を細やかに上昇させて、三次元世界から五次元世界へと飛翔できるようにする必要がある。
それは人類は地球と共に覚醒して新しい文明を創る役目があるからで、皆さんと一緒にこの激動期を乗り越えましょうと訴える。
http://subtleeng.thd-web.jp/e6106.html

鈴木 俊輔 の サトルの泉

************************



cosmic webとMedia Point
テーマ:太陽系/宇宙

研究資料として貼り付けさせていただく。
cosmic web、「宇宙の蜘蛛の巣」とは、Media Pointと関係すると思う。Media Pointでは、超越的エネルギーと連続的エネルギー、超越的光と連続的光が即非態にある。思うに、Media Pointを時間の方向に移動させていくと、cosmic webになるのかもしれない。とまれ、検討課題にしたい。

p.s. 結局、ダークマター(暗黒物質)とは何か、ということになると思う。ダークエネルギーは、Media Pointにおける超越的エネルギーで簡単に説明できるが、ダークマターは、プラトニック・シナジー理論からどう説明できるだろうか。
 これは、ダークエネルギーよりも、精妙な考え方が必要であるようだ。先に私は、Media Pointの実軸点について言及した。それは、デリダの痕跡が生じる場所として考えたのであり、また、構造の原点であると見たのである。それは、同一性の原型である。どうも、これが、ダークマター(暗黒物質)か、それに関わるのではないだろうか。
 Media Pointの実軸点から、直接に、同一性現象・物質現象が発生するのであり、また、これは、物質の原点であり、いわば、プロト・マター(原物質)である。つまり、一種の空となっているのである。これが、cosmic webの暗い穴だと思えるのである。今は、ここで留める。

p.p.s. 二番目の資料の最初の画像において、脳神経のシナプスに見るものがあるが、それは、メディア共鳴Media Resonanceで説明できるかもしれない。
 残る大きな問題は、webないしは繊維filamentである。これをどう説明するのかである。いわば、天の羽衣である。天衣である。思うに、これも、メディア共鳴Media Resonanceで説明できるのではないだろうか。Media Pointの共鳴(共振)によって、エネルギーが伝達されるのである。これは、超越的エネルギーももつから、超越的共鳴様態ともなると考えられる。思うに、単純化していうと、Media Pointをダークマターと考え、メディア共鳴様態をcosmic webとなるのではないだろうか。
 



Cosmic web to be unravelled

Last Updated: 4:01pm GMT 04/01/2008

Forget about the world wide web. The cosmic web is much bigger, stranger and more interesting, says Roger Highfield

Plans to explore and understand the cosmic web - one of the biggest and most mysterious features of the universe - have been unveiled by scientists.

View of the expanding universe illustrating the evolving cosmic web
View of the expanding universe illustrating the evolving cosmic web


The sky appears as a vast darkness with spots of lights and clouds of dust, but astronomers have discovered that the stars and galaxies we can see are embedded in streams of light stretching between inky voids, forming a wispy invisible structure called "the cosmic web."

This "framework" for the universe contains visible matter that we are all familiar with but 80 per cent of it consists of dark matter, the matter that astronomers only know to be there because of its gravitational tug on nearby objects.

The structure, and how it glues the cosmos together, poses one of the next big challenges for astronomy. Scientists believe that a quantum leap in computing power and the development of powerful new telescopes will soon unravel the secrets of the web, which reaches right into our own cosmic back yard.

One puzzle, says Farbrizo Nicastro of the Harvard-Smithsonian Centre for Astrophysics and colleagues, is that predictions about the makeup of ordinary matter in the web are wrong.

The web is as big as the universe itself, measuring some 14 billion light years across, adds Claude-André Faucher-Giguère of Harvard University, another of the groups discussing the web in the journal Science.

Although the details are being actively investigated, its birth is one of the best understood results of cosmology. The cosmic web grew out of tiny fluctuations imprinted in the early universe shortly after the Big Bang, which eventually condensed into the massive structures we see now.

To date, the cosmic web has been largely probed in visible light. New experiments and observatories are now being planned or entering service to probe the cosmic web at new wavelengths, from radio to x-rays, passing by the infrared and ultraviolet bands.

"These new wavelengths will open new windows to the cosmic web that are poised to lead to many new discoveries and also to occupy theoretical astrophysicists as they work to predict and understand the features revealed by these new pictures of the universe," Faucher-Giguère says.

Galaxies form in the web's smaller knots, and scientists are also struggling to determine how they swirl into existence. Rodrigo Ibata of the Observatoire Astronomique de Strasbourg in Strasbourg, France and Geraint Lewis of the University of Sydney explain that galaxies are distributed along the tendrils of the cosmic web and the pattern can only be explained by large amounts of connective dark matter.

They hope able to reunite the long-dispersed stars from ancient accretion events, completely dissecting the Milky Way and laying bare its history and how it was influenced by the local cosmic web.

Even though the exact nature of the cosmic web remains unknown, astronomers are able to produce detailed maps of the cosmos, showing its location in relation to the ordinary matter that we can see in telescopes.

One method takes advantage of gravitational lensing - when light from a distant galaxy is bent by the gravity of matter in front of it. Such gravitational lenses provide a direct probe of where dark matter lies. Last year, Richard Massey at the California Institute of Technology in Pasadena, used images of half a million galaxies from Nasa's Hubble Space Telescope to crudely map a bit of the 3D web.

This work highlights how the galaxies we see lie within larger dark matter clumps, but that these clumps are connected by "cosmic filaments" - bridges of dark matter that connect the clusters and that make up a web that pervades the universe. Much bigger surveys are now planned of the "cosmos incognita."

Overall, universe contains ordinary visible matter (5 per cent), dark matter (25 per cent), and dark energy (70 rep cent), a source of antigravity that pervades everything, affecting the evolution of the web from near to far, from the present into the most distant past.

http://www.telegraph.co.uk/earth/main.jhtml
;jsessionid=DH0NF3ZZVOVEXQFIQMGSFF4AVCBQWI
V0?view=DETAILS&grid=&xml=/earth/2008/
01/04/scicosmic104.xml

An international team of astronomers using NASA 's Hubble Space Telescope has created a three-dimensional map that provides the first direct look at the large-scale distribution of dark matter in the universe.
HubbleSite - NewsCenter - Hubble Maps the Cosmic Web of "Clumpy" Dark Matter in 3-D (01/07/2007) - Introduction

http://b.hatena.ne.jp/entry/3656455


Early Universe Was Spongy, Like Brain

Sponge Filaments
THEORY: Computer model of the early universe. Gravity arranges matter in thin filaments. High-density regions (yellow) undergo collapse and ignite bursts of star formation. These proto-galaxies stream along the filaments (red shows medium density) and meet at nodes, causing a buildup of galaxies. Low-density areas are blue.
Sponge Animation
OBSERVATION: Eight distant infant galaxies -- essentially giant globs of hydrogen with a few hot young stars -- lie inside a thin filament, visualized with a computer overlay. The hot stars make the hydrogen glow. Other objects in the image are nearer galaxies or stars.
The acute Watson might have argued, however, that it's more like a spider web. And if word of Holmes' theory got around, other big thinkers might have insisted, "No, it's spongy, just like your brain!"

They'd all have been arguing the same cosmic case: That the early universe contained a series of threads and clumps, not unlike a spider web dappled with water droplets, and that this structure set the stage for the growth of galaxies and galaxy clusters seen today.

Of course, like a good murder mystery, this theory began without much to go on. A small bit of circumstantial evidence here. A wild hunch there.

Now a group of European researchers has done some fine long-distance sleuthing, looking way back in time to when the universe was just 15 percent of its current age, to uncover some vital clues in the case.

Using the European Southern Observatory's Very Large Telescope, they have spotted a string of dense clumps of hydrogen, which glow because inside them a few hot young stars are forming. The clumps are galaxies-to-be, or protogalaxies, the researchers say. And they were found to lie within a tubular region of space -- a filament -- supporting a popular theory of the cosmic web, involving filaments stuffed with protogalaxies.

"This discovery certainly bolsters the concept of the cosmic web," said Lev Kofman, professor of the Canadian Institute for Theoretical Astrophysics.

Kofman, who was not involved in the study, added that more research would be needed before alternative models of galaxy formation could be ruled out.

Fatal attraction

The most widely accepted models of the early universe now hinge on a discovery from the early 1990s. A satellite called the Cosmic Background Explorer (COBE) was observing a pervasive feature of the universe called cosmic microwave background, or CMB, which was emitted shortly after the Big Bang.

Since its discovery in 1965, the CMB had appeared to be a uniform temperature in every direction of space. But COBE found tiny variations, lumps and bumps that researchers now believe were seeds of structure. Computer models see these variations as leading to the first large-scale architectural components of the universe -- long filaments connected at nodes. The spider web.

Clumps of hydrogen -- think of them as the drops on the spider web -- developed along these filaments. Each would have had mass, gravity and some random velocity, the computer modelers say. And they would have streamed along the filaments toward the nodes.

"Sometimes this random motion will cause two protogalaxies to pass so close to each other that they will experience fatal attraction," explained ESO researcher Palle Møller. "They will fall into each other."

Repeating the process many times, larger and larger galaxies would have formed. Over billions of years, the filaments were replaced by large clusters of galaxies connected by bridges -- the remains of the largest of the original filaments. Galactic collisions continue today.

Were Sherlock Holmes a cosmologist, he might have said, "It's filamentary, my dear Watson."
http://blog.goo.ne.jp/trova/e/
292a186e514866ac856b077170c1413a
History of Science

暗黒物質の3次元分布を測定

暗黒物質は目に見えないが、銀河回転速度や銀河団構造の測定から、銀河内及び銀河間に大量に存在していると考えられ、既にいくつかの観測で、その存在が確認されている。

しかし、暗黒物質がどれだけ存在しているのか、どのように分布しているのか、銀河の進化・成長にどのような影響を与えているのか、天文学の大きな謎だった。

http://www.sorae.jp/031001/1656.html


sorae.jp


2008年01月06日(Sun)▲ページの先頭へ
仮象とは何か:同一性現象は仮象かそれとも「実象」か:現象はイデアを映した影像である:第2版
仮象とは何か。
この問題については、以前、かなり検討したが、以下のように可視の物質現象界を「あやかし」と見る見方は、なかなか刺激的見方なので、もう一度検討してみたい。今は余裕がないので、詳述できないが(p.s. 結局、詳述した)、簡単に予見を述べておこう。
 以下の鈴木氏の考え方はきわめて伝統的な見方とは言える。心が本体であり、物質は仮象(マーヤー)であるというインド思想的な見方である。一見、仏教やプラトン哲学にも通じるように見えるのである(p.s. これは仏教やプラトン哲学とは異なる。既述したことだが、色即是空、空即是色の思想は、現象をそれなりに肯定しているし、プラトン哲学には、分有という観念があり、それは、同一性がイデアを分有するということである。)。
 これまでの私の見解は、同一性=物質ということで、物質現象界の「実象」性(じつしょうせい:造語)を認めるものである。
 しかしながら、最近、私は現象界の「美」、同一性の「美」(p.s. 後段で述べるように、美と綺麗さを分けることが正しいと考える)に対して、たいへん疑問をもつようになっている。化粧的装飾性に対して、私は、いわば、敵意のようなものをもっているのである。
 私が先に説いたのは、肉体的感覚(視覚)を介しての、心の美、差異共振的美のことである。そう、感覚の替わりに、感識という言葉を使用したらどうかと示唆した。だから、視覚は視識であり、等々である。
 つまり、源泉において、諸感識があり、そこに視識がある。それが、同一性化して、肉体的視覚に重なる。そして、肉体的視覚に吸収されると、それは、もはや、源泉の視識性を喪失して、同一性視識となる。
 とまれ、根源的な視識があり、それが、同一性視識となる。根源的視識とは、差異共振視識である。それが、同一性化するのである。そして、根源的視識と同一性視識の関係は、即非的視識となるのである。問題は、即非的視識と同一性主義化した視識である。前者は同一性視識を包摂しているのであるから、論点は、同一性視識にある。核心的問題は、同一性視識の美である。たとえば、奇麗(きれい)に清掃された部屋の奇麗さである。それを美とも呼びえるかもしれない。しかし、奇麗さが妥当であろう。そう、奇麗さと美とは異なるだろう。
 しかし、たとえば、ある女性が美人であると言ったとき、それはどういうことなのか。顔の造りが整っている、端正なのか、それとも、表情・顔貌が美しいのか。通常は、前者であろう(p.s. 本来的には、両方が一致する場合であろうが、ここで、議論上、二分化した。)。心的な側面よりは、肉体的側面を評価していう言葉だろう。肉体的な「美」とは、本来的ではないだろう。それは、奇麗さの分類だろう。奇麗な女性である。それが正しい用法である。
 しかし、この奇麗さは確かに、「あやかし」の面がある。奇麗な顔立ちでも、心が鬼という場合は大いにあるだろう。外観と内面の不一致である。この場合は、端的に、外観は仮象・「あやかし」である。
 この同一性の「美」をどうみるのか。「美」ではなく、快感というべきなのだろう。同一性の快感である。あるいは、同一性の奇麗さである。
 しかしながら、そのように分別しても、問題は、根源的視識の様相である。それは、差異共振する美を視識するのである。夕焼けに共振美を感じるのである。感動した夕焼けには、なにか神々しい心象がある。
 ここで、単なる奇麗さとは異なるのである。つまり、超越性が美にはあると考えられるのである。あるいは、高次元性が美にあるのと考えれるのである。
 しかしながら、外観において、神々しい美があるのではないだろうか。夕焼けのように。それはあり得るであろう。超越性をもった外観があるのではないだろうか。端的に、夕焼けが超越性をもった外観である。
 では、超越性をもった外観とは何か、である。夕焼けの場合、あらゆる夕焼けに超越性を感じるというよりは、あるときの、ある場所の夕焼けにとりわけ超越性を感じるだろう。とまれ、ある夕焼けの色と輝きに、神々しさがある。それは、清澄感であり、崇高さである。つまり、外観に超越性がいわば透き通って存するのである。反射していると言ってもいいかもしれない。おそらく、そこに、超越光があると言っていいだろう。思うに、日没、入り日とは、Media Pointなのではないだろうか。
 そのように考えると、人間の外観においても、超越性が存するということは考えられるのである。心の反映としての超越性ではなく、身体・肉体に存する超越性である。そして、思うに、古代ギリシア人は、このように、人体に美・超越性を直覚・直観したのではないだろうか。だから、それは、外観ではあるが、「まやかし」ではないだろう。真如(しんにょ)ないしは実相(じっそう)である。
 では、ここに少なくとも二つの美があることになる。外観の美と心の美である。こう見ると、古典主義とは前者を志向し、ロマン主義は後者を志向したと言えるように思えるのである。
 とまれ、端的に、外観の超越性とは何だろうか。身体の超越性とは何だろうか。それは、思うに、身体・人体のエイドス・イデア=テオーリアではないだろうか。今はそういうことにしておきたい。
 そして、ここでも先に述べたイデアと構造の相違があるのである。イデアは美であるが、構造は奇麗さであろう。化粧は後者なのである。形式快感である。そう、近代文化は、この区別ができないのである。致命的な盲目さである。
 最後に付け加えて言うと、古代ギリシアには、ロマン主義的美(心の美)はなかったのであろうか。これは、ヘーゲル美学にも関係する事柄である。また、ニーチェ哲学の問題でもある。
 つまり、ディオニュソスとアポロの問題である。ここで、簡単に言うと、ディオニュソスがロマン主義であり、アポロが古典主義である。これで、疑問に答えたことになる。そう、古代ギリシア人は、二つの美、二つの超越性を感識していたことになる。畏るべき古代ギリシア人である。通常、ディオニュソスの美は感識していた古代人は多いだろうが、アポロの美を感識した古代人は稀有ではないだろうか。
 では、ニーチェの『悲劇の誕生』の問題に答えるとどうなるだろうか。これは実に霊妙・微妙な問題である。ニーチェは、ギリシア悲劇のベースには、ディオニュソスがあり、それがアポロ文化を生むと言ったのである。つまり、ロマン主義ないしは心の美が基盤にあり、それから、古典主義ないしは外観の美が生まれたということになる。
 ここで、プラトニック・シナジー理論から、つまり、Media Pointを中心点として考察しよう。森羅万象はMedia Pointから生まれるのである。宇宙の臍(へそ)である。ここでは、超越性と現象性が即非様相にあるのである。心をMedia Pointと見ると、心と現象性とが即非様相にあることになる。
 そう、現象性、たとえば、身体・人体であるが、それも、ある心の表出である。これがアポロの美となるだろう。つまり、身体・人体のイデア・エイドス=テオーリアがあり、それが、外観に照り映えているのである。
 そう考えると、ニーチェの考えはまったく的確、正鵠(せいこく)を射ていたと言える。今、思いついたが、やはり、イシスとオシリスの関係ではないのか。イシスがディオニュソスであり、オシリスがアポロである。極言すれば、オシリスとはイシスの一部なのである。つまり、アポロはディオニュソスの一部なのである。その一部が照り映(は)えているのがオシリスやアポロであるということではないだろうか。
 そう、D.H.ロレンスがdark Godと言ったのを想起するし、また、天文学のダークエネルギーを想起する。この場合、dark、ダークは不可視と把捉しないといけない。即ち、イシスやディオニュソスは不可視であるということになるだろう。超越性である。虚軸の超越性である。超越光である。超越エネルギーである。そして、これらが、 Media Pointで可視化したのが、現象界ということだろう。
 問題は、この不可視性と可視性である。ここで、鈴木氏の問題、「あやかし」の問題に返るのである。そう、不可視性という考え方も問題があるのではないだろうか。夕焼けにおいて、美は視識するのである。心で視識すると言ってもいいが、やはり、視識はするのである。だから、不可視ではないのである。
 そう、超越性は即非的に、現象性に照り映えているのである。それがニーチェが天才的に説いたディオニュソスとアポロの関係ではないか。だから、darkやダークという言い方は、不正確であると言えよう。それは、現象中心性から超越性を見んとしているのである。
 だから、「あやかし」という表現は間違いであるということになるだろう。マーヤーという考え方も間違いである。
 現象は仮象ではあっても、「あやかし」や「マーヤー」ではないのである。現象はいわば、映象(えいしょう:造語)、ないしは、照象(しょうしょう:造語)である。現象はイデア界を映した影像なのである。

p.s. 現象界を影像界と呼ぶのが適切だろう。

p.p.s. 影象(えいしょう)界とも呼べよう。そう、映象(えいしょう)界でもいいだろう。

3p.s. アポロの美に関して、上の議論では、最初は、それは心の美ではなく、外観の美であると言い、その後、それは一種心の美の表出であると述べている。この見解は齟齬に感じられないことはないので、少し説明する。
 先ず、最初に述べた心の美と外観の美の区別であるが、これは、どちらかと言えば、厳密に分類したときの場合であり、後者の、心の美の表出としての外観の美とは、心の美を広義にとった場合である。即ち、心を諸超越的エネルギーにとって、その中で、身体・人体・外観を形成するものがあるということであり、そのとき、心の美の映出としての外観の美があるということである。

*******************

1億3千万の日本国民の凡そ1%の130万人でも、見た目の物質現象界が「あやかし」であって、
「充実」や「よろこび」や「しあわせ感」という見えない心の中の世界こそが本物であることを見抜けばよい。
国民の1%が覚醒すると一気に「日本人全体の魂の充実」への次元変化が加速するのです。
心象界の喜びがさらに良性な現象を生むのです。
そうした心象の喜びから現象の創造その繰り返しによる人生修行のスパイラルアップがこの世の仕組みになっている。
http://subtleeng.thd-web.jp/e6094.html
鈴木 俊輔 の サトルの泉


仮象とは何か:同一性現象は仮象かそれとも「実象」か:現象はイデアを映した影像である
仮象とは何か。
この問題については、以前、かなり検討したが、以下のように可視の物質現象界を「あやかし」と見る見方は、なかなか刺激的見方なので、もう一度検討して見たい。今は余裕がないので、詳述できないが、簡単に予見を述べておこう。
 以下の鈴木氏の考え方はきわめて伝統的な見方とは言える。心が本体であり、物質は仮象(マーヤー)であるというインド思想的な見方である。一見、仏教やプラトン哲学にも通じるように見えるのである。
 これまでの私の見解は、同一性=物質ということで、物質現象界の「実象」性(じつしょうせい:造語)を認めるものである。
 しかしながら、最近、私は現象界に美、同一性の美に対して、たいへん疑問をもつようになっている。化粧的装飾性に対して、私は、いわば、敵意のようなものをもっているのである。
 私が先の説いたのは、肉体的感覚(視覚)を介しての、心の美、差異共振的美のことである。そう、感覚の替わりに、感識という言葉を使用したらどうかと示唆した。だから、視覚は視識であり、等々である。
 つまり、源泉において、諸感識があり、そこに視識がある。それが、同一性化して、肉体的視覚に重なる。そして、肉体的視覚に吸収されると、それは、もはや、源泉の視識性を喪失して、同一性視識となる。
 とまれ、根源的な視識があり、それが、同一性視識となる。根源的視識とは、差異共振視識である。それが、同一性化するのである。そして、根源的視識と同一性視識の関係は、即非的視識となるのである。問題は、即非的視識と同一性主義化した視識である。前者は同一性視識を包摂しているのであるから、論点は、同一性視識にある。核心的問題は、同一性視識の美である。たとえば、奇麗に清掃された部屋や奇麗である。それを美とも呼びえるかもしれない。しかし、奇麗が妥当であろう。そう、奇麗と美とは異なるだろう。
 しかし、たとえば、ある女性が美人であると言ったとき、それはどういうことなのか。顔の造りが整っている、端正なのか、それとも、表情・顔貌が美しいのか。通常は、前者であろう。心的な側面よりは、肉体的側面を評価していう言葉だろう。肉体的な「美」とは、本来的ではないだろう。それは、奇麗の分類だろう。奇麗な女性である。それが正しい用法である。
 しかし、この奇麗は確かに、「あやかし」の面がある。奇麗な顔立ちでも、心が鬼という場合は多いにあるだろう。外観と内面の不一致である。この場合は、端的に、外観は仮象・「あやかし」である。
 この同一性の「美」をどうみるのか。「美」ではなく、快感というべきなのだろう。同一性の快感である。あるいは、同一性の奇麗である。
 しかしながら、そのように分別しても、問題は、根源的視識の様相である。それは、差異共振する美を視識するのである。夕焼けに共振美を感じるのである。感動した夕焼けには、なにか神々しい心象がある。
 ここで、単なる奇麗とは異なるのである。つまり、超越性が美にはあると考えられるのである。あるいは、高次元性が美にあるのと考えれるのである。
 しかしながら、外観において、神々しい美があるのではないだろうか。夕焼けのように。それはあり得るであろう。超越性をもった外観があるのではないだろうか。端的に、夕焼けが超越性をもった外観である。
 では、超越性をもった外観とは何か、である。夕焼けの場合、あらゆる夕焼けに超越性を感じるというよりは、あるときの、ある場所の夕焼けにとりわけ超越性を感じるだろう。とまれ、ある夕焼けの色と輝きに、神々しさがある。それは、清澄感であり、崇高さである。つまり、外観に超越性がいわば透き通って存するのである。反射していると言ってもいいかもしれない。おそらく、そこに、超越光があると言っていいだろう。思うに、日没、入り日とは、Media Pointなのではないだろうか。
 そのように考えると、人間の外観においても、超越性を存するということは考えられるのである。心の反映としての超越性ではなく、身体・肉体に存する超越性である。そして、思うに、古代ギリシア人は、このように、人体に美・超越性を直覚・直観したのではないだろうか。だから、それは、外観ではあるが、「まやかし」ではないだろう。真如である。
 では、ここに少なくとも二つの美があることになる。外観の美と心の美である。こう見ると、古典主義とは前者を志向し、ロマン主義は後者を志向したと言えるように思えるのである。
 とまれ、端的に、外観の超越性とは何だろうか。身体の超越性とは何だろうか。それは、思うに、身体・人体のエイドス・イデア=テオーリアではないだろうか。今はそういうことにしておきたい。
 そして、ここでも先に述べたイデアと構造の相違があるのである。イデアは美であるが、構造は奇麗さであろう。化粧は後者なのである。形式快感である。そう、近代文化は、この区別ができないのである。致命的な盲目さである。
 最後に付け加えて言うと、古代ギリシアには、ロマン主義的美(心の美)はなかったのであろうか。これは、ヘーゲル美学にも関係する事柄である。また、ニーチェ哲学の問題でもある。
 つまり、ディオニュソスとアポロの問題である。ここで、簡単に言うと、ディオニュソスがロマン主義であり、アポロが古典主義である。これで、疑問に答えたことになる。そう、古代ギリシア人は、二つの美、二つの超越性を感識していたことになる。畏るべき古代ギリシア人である。通常、ディオニュソスの美は感識していた古代人は多いだろうが、アポロの美を感識した古代人は稀有ではないだろうか。
 では、ニーチェの『悲劇の誕生』の問題に答えるとどうなるだろうか。これは実に霊妙・微妙な問題である。ニーチェは、ギリシア悲劇のベースには、ディオニュソスがあり、それがアポロ文化を生むと言ったのである。つまり、ロマン主義ないしは心の美が基盤にあり、それから、古典主義ないしは外観の美が生まれたということになる。
 ここで、プラトニック・シナジー理論から、つまり、Media Pointを中心点として考察しよう。森羅万象はMedia Pointから生まれるのである。宇宙の臍である。ここでは、超越性と現象性が即非様相にあるのである。心をMedia Pointと見ると、心と現象性とが即非様相にあることになる。
 そう、現象性、たとえば、身体・人体であるが、それも、ある心の表出である。これがアポロの美となるだろう。つまり、身体・人体のイデア・エイドス=テオーリアがあり、それが、外観に照り映えているのである。
 そう考えると、ニーチェの考えはまったく的確、正鵠を射ていたと言える。今、思いついたが、やはり、イシスとオシリスの関係ではないのか。イシスがディオニュソスであり、オシリスがアポロである。極言すれば、オシリスとはイシスの一部なのである。つまり、アポロはディオニュソスの一部なのである。その一部が照り映えているのがオシリスやアポロであるということではないだろうか。
 そう、D.H.ロレンスがdark Godと言ったのを想起するし、また、天文学のダークエネルギーを想起する。この場合、dark、ダークは不可視と把捉しないといけない。即ち、イシスやディオニュソスは不可視であるということになるだろう。超越性である。虚軸の超越性である。超越光である。超越エネルギーである。そして、これらが、 Media Pointで可視化したのが、現象界ということだろう。
 問題は、この不可視性と可視性である。ここで、鈴木氏の問題、「あやかし」の問題に返るのである。そう、不可視性という考え方も問題があるのではないだろうか。夕焼けにおいて、美は視識するのである。心で視識すると言ってもいいが、やはり、視識はするのである。だから、不可視ではないのである。
 そう、超越性は即非的に、現象性に照り映えているのである。それがニーチェが天才的に説いたディオニュソスとアポロの関係ではないか。だから、darkやダークという言い方は、不正確であると言えよう。それは、現象性から超越性を見んとしているのである。
 だから、「あやかし」という表現は間違いであるということになるだろう。マーヤーという考え方も間違いである。
 現象は仮象ではあっても、「あやかし」や「マーヤー」ではないのである。現象はいわば、映象(えいしょう:造語)、ないしは、照象(しょうしょう:造語)である。現象はイデア界を映した影像なのである。

*********************

1億3千万の日本国民の凡そ1%の130万人でも、見た目の物質現象界が「あやかし」であって、
「充実」や「よろこび」や「しあわせ感」という見えない心の中の世界こそが本物であることを見抜けばよい。
国民の1%が覚醒すると一気に「日本人全体の魂の充実」への次元変化が加速するのです。
心象界の喜びがさらに良性な現象を生むのです。
そうした心象の喜びから現象の創造その繰り返しによる人生修行のスパイラルアップがこの世の仕組みになっている。
http://subtleeng.thd-web.jp/e6094.html
鈴木 俊輔 の サトルの泉


2008年01月05日(Sat)▲ページの先頭へ
「共同体と集合性:古い共同体と新しい共同体:村落共同体と差異共振共同体」
「共同体と集合性:古い共同体と新しい共同体:村落共同体と差異共振共同体」

テーマ:トランス・モダン差異共振共同体圏

共同体と集合性:古い共同体と新しい共同体:村落共同体と差異共振共同体:そして、国民国家(民族国家)あるいは、ナショナリズムについて

私が問題にしたいのは、個・差異・自己形成以前の集合的共同体と国民国家主義(ナショナリズム)と個・差異・自己に基づく差異共振共同体との関係である。端的に言えば、集合性と共同体と個のことである。
 問題は微妙な点があるので、単純化するのは危険であるが、思考実験として、単純化して考察したい。
 近代以前においては、集合的共同体があったと思われる。問題は、集合性とは、哲学的にはどういうものなのだろうか。プラトニック・シナジー理論から考察してみたい。
 集合性とは端的に、個・差異・自己がある力・権力によって、抑圧されているときに発生する集団的社会性のことではないだろうか。近代以前ならば、封建制である。父権的共同体である。上下のヒエラルキーがここでは支配的であり、そこに個・差異・自己が吸収されているのである。あるいは、村落共同体を考えてもいいだろう。村落の集団的社会性が中心化されているのである。
 問題は、この集合性の本質である。ここにある前近代的共同体とは、差異共振性ではなくて、古い太母文化社会の未分化的共振性が紐帯になっているのではないだろうか。この未分化様態がポイントである。ここには、自我もなければ、当然、個もないのである。もっとも、萌芽はある。とまれ、この未分化的共振性が紐帯となり、前近代的共同体が形成されていたとしよう。
 しかるに、西欧近代が訪れる。これは、新たなMedia Pointの発動である。これは、差異・個・自己のエネルギーが発生を意味する。しかるに、西欧文化は同一性に傾斜しているので、これは、近代的自我/近代合理主義へと主に展開したのである。もっとも、哲学、その他において、反近代主義の動きが形成されたのではあるが。
 このMedia Pointの火(「聖火」)は、集合的心性、即ち、未分化的な共振性を揺さぶり、発火させるのである。「近代」的「進化」である。とまれ、以上から、古い共同体である集合性からの脱却としての「近代」化について考察できた。
 では、「近代」化が形成した国民国家主義・ナショナリズムについて考察しよう。これは、先に、本居宣長の言説について言及したように、近代的自我に関係しているのではないかと私は考えている。とまれ、問題は、共振性にあると言えよう。前近代においては、未分化的共振性があったが、「近代」化において、新たに、Media Pointが発動して、明確な共振性が発動した考えられるのである。しかしながら、西欧近代に見られるように、これが自我同一性へと展開して傾斜をもつのである。このとき、共振性がどうなるのかが、核心的問題である。
 端的に言えば、自我同一性へと共振性は展開するのであり、それへと吸収されるのである。つまり、自我同一性感情(情感)になるのである。つまり、共振的心情(共感)から、自我に癒着した感情になると考えられるのである。これが、本居宣長の「もののあわれ」・「大和心」と通じるのではないかと思われるのである。
 とまれ、はっきりしているのは、近代化において、共振性は、自我同一性へと連続化することである。このように述べると、ここには、ポスト・モダンの問題さえ入っていると考えられるのである。(結局、ポスト・モダンとは、モダンの矛盾が先鋭化したものと考えられるのである。)
 さて、この自我同一性へと連続化した共振性が、国民国家主義/ナショナリズムの源泉・基盤・基底にあると考えられるのである。言い換えると、「もののあわれ」・「大和心」とナショナリズムは繋がっているということになるのである。
 問題は、この自我同一性と共振性との連続化の意味である。共振性とは、心的エネルギーであるから、いわば、絶対的である。端的には、宗教的である。信のエネルギーである。そして、総体として、自我中心主義を形成しているのであり、これが、国民国家主義/ナショナリズムと一如であるということになると考えられるのである。
 だから、ナショナリズムとは、同一性化された共振性(差異)をもっているのであり、自我同一性共同体主義と呼べるだろうし、又は、共振性が国民国家という集合に同一性的に吸収されていると見るならば、自我同一性集合体主義と見ることもできよう。【後で、共同体主義と集合体主義に関しては、精緻に考察したい。これは、術語の問題でもあるが、共同体を成員間の何らかの共振体(参考:間主観性・相互主観性と生活世界)と考えるならば、ナショナリズムとは、共同体というよりは、集合体である。同一性による機械主義である。】
 さて、最後に、個(差異・自己)の問題である。これは、端的に、Media Pointの発出の問題であり、プロト・モダン(原近代)の問題である。しかし、西欧近代は、自我同一性へと傾斜して、近代的自我/近代合理主義、並びに、国民国家主義/ナショナリズムを形成したのである。つまり、本源のMedia Pointが十全に発現しないで、同一性へと傾斜したのである。プロト・モダン(原近代)は、いわば、歪んだ、偏向した展開をしてしまったのである。(思うに、これを同一性近代化と言えるだろう。それに対して、プロト・モダンとは、差異近代である。)
 といういことで、同一性へと傾斜した近代主義に対して、新たなMedia Pointの発動として、差異のエネルギーの発出が考えられるのである。それは、共振性の十全の展開であり、差異共振性の展開である。このとき、近代主義である近代的自我/近代合理主義と国民国家主義/ナショナリズムは解体することになるのと考えられるのであり、その同一性共同体に換わって、差異共振共同体が創造・構築されることになると考えられるのである。これは、プロト・モダンの進展であるトランス・モダンを意味すると考えられるのである。
 以上で、本件の問題について検討を終えたこととする。


*******************


「性について:+iがオス・男根・精子で、-iがメス・女陰・卵子だろう」

テーマ:ジェンダー

性について:+iがオス・男根・精子で、-iがメス・女陰・卵子だろう:Media Pointは、両性共振点(交差点)であろう

性交や受精とは、本来、差異共振シナジーを意味しただろう。だから、子とは、差異共振シナジーの成果である。だから、神の子とは、太極的神の子である。イザナミとイザナギ。イシスとオシリス。天照と日御子(スサノオ)。父の子という考えは、同一性(+i)へと傾斜した偏向した考えである。
 聖母マリアや処女神は、太母神であり、Media Point自体ないしはそのエネルギー(エネルゲイア)であると思われる。


*********************


「検討問題:新太母神を迎える詩:新太陽太母神への讃歌」

テーマ:詩・俳句・連詩

検討問題

1) 新太母神を迎える詩:新太陽太母神への讃歌

2) 七元論ないしは八元論:自己認識方程式(+i)*(-i)⇒+1から:
 1:+i:アーリマン又はヤハウェ(ここは特に説明がいるが、ヤハウェは同一性魔神である)
 2:-i:エローヒーム
 3:⇒:ルシファー(積)
 4:*:太極(太母)
 5:+1:個・自己・差異:子
 6:-1:自我主義・自己中心主義・利己主義
 7:総体:太母子コスモス


検討問題:資本主義のリミットと脱資本主義:トランス・モダン/差異共振共同体へ向けて
***引用開始***

「よく指摘されるように、今、マネーの世界では実体経済の価値より数倍に膨れ上がったバーチャルなマネーが世界中を駆け巡っています。というか、駆け巡ることで、こういうバーチャルなマネーは生き続けることができるのです。


 マネー(投機資金)は、まるで泳ぐの止めたら呼吸ができなくなり死亡するサメのようです。止まることができない、それがマネーの宿命です。」

http://ameblo.jp/adco/day-20080105.html
スロー人 ロハス

***引用終了***

以上のようにスロー人ロハス氏が述べられているが、これは、現代資本主義の実相であり、これは科学的な事実である。
 私が推測しているのは、このマネー・ゲームと恐慌との関係である。サブプライムローンは、大恐慌の引き金になるかもしれないし、また、小恐慌のかもしれない。景気の落ち込みは始まっているだろう。
 確かに、投機によって資本主義は「拡大」、「成長」してきた。それは、認めるとしよう。しかし、それは、同一性価値の交換によって、為されたものであり、人間は近代的自我を形成してきて、差異・特異性を喪失しているのである。
 近代的自我とは、同一性自我であり、個がないのである。そして、また、他者を排除するので、社会倫理・道徳は崩壊していくのである。
 それは、昔から言われていること新味はないが、問題は、資本主義のマネー・ゲームの行方である。私はサブプライムローン問題を、魔女の予言に誑(たぶら)かされてダンカン王を暗殺する、シェイクスピアのマクベスの思惑(speculation:投機の意味がある)からマクベス投機の問題と呼んだりした。
 シェイクスピアの天才は、近代主義の問題を的確に捉えていると思われるのである。つまり、心の差異を否定して、自我拡大を図るのである。それは、明らかに、社会・共同体の破壊である。そして、膨れ上がった近代的自我は、狂気に晒されるのである。アナーキズムやカオスが齎されるのである。
 そして、今日のカオスから、新たな秩序が生まれようとはしていると考えられるのである。カオスモスである。
 私は差異共振社会を唱えているが、それは、今日、徐々に形成されていると思う。このブログでさえ、ミクロな差異共振社会と考えることができる。つまり、現実的な日常社会ではなく、ブログという差異的メディアを介して、差異共振社会が生まれていると思われるのである。これは、文学で言えば、連詩である。(連詩とは、簡単に言えば、日本の伝統的な連句や連歌を方法論を現代詩に適用したものである。)
 私が推測しているのは、今日のマネー・ゲームは早晩続かないということである。つまり、カジノ資本主義はということである。何故なら、EU、ロシア、中国、インド等々と多極化して、ドル一辺倒ではなくなるからである。なんらかマネー・ゲームは収束すると思われるのである。
 私のイメージ・直感では、マネーが差異共振社会構築へと投資されるようになるということである。つまり、投機マネーではなくて、差異共振共同体創造・構築のために、投資ないし消費されるということが起ると思っている。
 これは、差異から起ると思っている。個と個との共振から起ると思っている。投機マネーは同一性価値の獲得を目指しているが、そうではなくて、マネーが差異共振価値へと投資されるということである。
 かつて、渋沢栄一が道徳に根差した資本主義を志向したが、それと少し似ているかもしれない。しかしながら、差異共振経済とは、資本主義的な同一性価値を追求するのではなく、差異共振価値を追求するためにマネーを投資・消費するのである。
 今はここで留めておきたい。さらに検討を続けたい。


参照記事:

本年は「激動の年」になるだろう。世界の政治・経済勢力図の大変動が起きる年になる。

近代史はスペイン、ポルトガル、イギリス、そして現在アメリカに世界の勢力が移動してきた。本年はアメリカの勢力衰退が始まると同時に中国を中心にアジア勢が台頭してくる。

今までの列強の勢力を支えてきたのは軍事力を背景とした経済力であった。植民地がいい例である。植民地の資源と労働力を支配、運営することで国力(勢力)を増大させてきた。

戦後植民地は開放されて独立国家となったが、現在では経済的植民地時代の様相となっている。世界戦争後の疲弊した世界の中で唯一本土の生産施設に被害を受けなかったアメリカが世界中の復興需要と資金需要を満たしたことで世界覇権を手にした。ドルは世界の基軸通貨となり、世界共通通貨の発行権をアメリカが握ることで世界はドルの植民地になったのである。20世紀が終わろうとする1999年、ヨーロッパに共通通貨が誕生した。

ユーロである。ヨーロッパのローカル通貨とは言え、人口でアメリカを越す地域の共通通貨はドル市場の縮小を意味した。

21 世紀になってドルの植民地の一角に反乱が起きた。反乱軍はイラクであった。2000年10月、イラク大統領サダム・フセインはイラクの原油の決済通貨をドルからユーロに切り替えると宣言したのである。この宣言をきっかけに、それまで為替市場でドルに対して10%以下であったユーロが上昇に転じたと思いきや、ドルを追い越してしまった。

これを見たOPEC諸国は、2001年後半になってドルが対ユーロで上昇の見込みがなくなったのを見て、ドル建て外貨準備の目減りの加速をおそれ、一斉にイラクに追従しようと動き出した。日産3000万バーレルを越す中東の原油代金がドル建てであるということは、それだけ毎日ドル需要が増大することであり、それだけアメリカはドル価を下げることなく借金返済のためにドルを印刷できることを意味する。

だからOPEC諸国がイラクに追従して原油の決済通貨をユーロに代えられたら、ドル崩壊はおろか、アメリカ経済破綻の可能性さえあったのである。サダム・フセインの反乱はまさにアメリカのアキレス腱を狙った致命的一撃だったのである。私はかつて「時事直言」で今世紀最大の政治家はサダム・フセインと金正日である述べたことがある。

アリが象を倒すこともできないことはないのである。

急所を突かれた巨像アメリカは自らの巨体に火を放ち(9/11)気違いのように暴れまわり、途中でアフガンを蹴散らし、反乱軍サダム・フセインを叩き潰して見せた。

これを見た原油輸入国も産油国も決済通貨はドルになったのでアメリカの一難はさった。

そのため2003年からドル安は止まり回復に向かったのである。ところが今またドル安になってきた。いつものようにドル安は半年で底をうって反転するだろうか。

サダム・フセインによって世界がアメリカのアキレス腱を知った以上アメリカのドル植民地時代は終わったのである。ローソクの火が消える前の一瞬強く炎が上がるように、アメリカは最後の戦争をすることになる。

(2008年01月01日)

http://www.chokugen.com/

増田俊男の世界


2008年01月03日(Thu)▲ページの先頭へ
心と身体の関係について:遺伝子、感情、気とは何か:Media Pointと構造について:試論
Media Pointを心とする。では、身体との関係はどうなるのだろうか。あるいは、遺伝子との関係は。これは、難問である。
 基本的な論点は、Media Point=心からの同一性の発動である。これは、自己認識方程式(+i)*(-i)⇒+1の右辺である。つまり、心の物質化があるのではないのか、ということが考えられるのである。これは、一見、霊的唯物論に似ているが、似て非なるもの、というか、正反対である。
 心の物質化ということに対して、これまでは、私の考えでは、心の構造化としての同一性があり、それに対して、それに対応する物質があるというものである。つまり、二段階説である。心⇒構造⇒物質である。最初の心の物質化を1とし、これを2とすると、

1. 心⇒物質
2. 心⇒構造⇒物質

となる。遺伝子・DNA・ゲノム等を考えると、2の説の方が優れているように思う。しかしながら、私は、さらに、感情や気を取り込みたいと考えているのである。
 その前に、遺伝子等の問題を考えたい。直感では、構造が問題点である。そして、さらに直感では、構造は二面性をもっていて、Media Pointとしての側面と同一性の側面をもっているということである。こう言うと、構造はMedia Pointと区別できにくくなる。これも問題点である。基本的には、構造は同一性構造ということである。だから、端的に、Media Pointから区別されるのである。
 構造とは、言い換えると、Media Pointの実軸の点であるということになるだろう。ここは実に微妙な点で、構造の原点であり、かつ、ポスト・モダンの原点でもあると思われるのである。この点は後で詳論したい。
 さて、構造をもう少し説明すると、それは、Media Pointの虚軸性が実軸性に変換される点である。虚軸・イデア界的太極性が、二重螺旋で表現されると思われるのである。つまり、虚軸・イデア界的情報を、実軸原点において、原時間性を内在させて、二重螺旋で表現していると思えるのである。これが、遺伝子・DNA・ゲノムではないだろうか(p.s. 結局、遺伝子とDNA・ゲノムは区別することになったので、ここで注意しておきたい。)★★★(以下のp.sを参照)
 実に微妙である。構造における原点とは、超越性・イデア界のいわば名残をもっているのである。デリダ風に言うと、超越性・イデア界性の痕跡をもっているのである(デリダ哲学自体をプラトニック・シナジー理論から脱構築する必要があるだろう。彼の哲学は分裂しているのである。フッサールを否定して、ハイデガーに肯定的で、差延という概念を取り出すが、実は、差延という概念は、否定したフッサールの超越性の痕跡と見るのが正確であると思えるのである。デリダのパラドックスがあるのである。)このイデア界の痕跡とは、非存在を示唆する存在ということである。だから、デリダがエクリチュールというのは、的確であると思う。イデア界の痕跡としてのエクリチュールとしての構造の原点である。
 この構造の原点であるが、これはいわば、シンボルやアレゴリーである。(私はシンボルもアレゴリーもほとんど同じものではないかと思っている。後で検討したい。)先に言及した、古代ギリシアのテオーリア(観る)の観念であるが、それは、構造ではなく、端的に、Media Pointの観念=エイドス=イデア=ヴィジョンであると思う。
 とまれ、構造の原点に戻ると、それは、虚軸・イデア界の痕跡=エクリチュール(=シンボル/アレゴリー)をもつのであるが、それは、不思議な現象であり、基本的には、実軸世界であるが、同時に、虚軸世界を写しているのである。おそらく、これが、遺伝子・DNA・ゲノムではないだろうか。そして、ここから、同一性物質(有機体・身体・物質的生命体)が構築されるのである。
 では、感情とはどう説明できるだろうか。それは、心であるから、基本的には、Media Pointである。しかるに、それが、物質界に対面したときに発するエネルギーではないだろうか。すると、感情とはMedia Pointが外界から触発されたエネルギー様態のことではないだろうか。言い換えると、同一性や差異によって喚起されたエネルギー様態ということではないのか。同一性が押しつけられたときは、苦の感情となるだろうし、差異共振の場合は、歓喜となるだろう。
 では、気とはどう説明できるだろうか、それは、やはり、エネルギーであるから、基本的には、Media Pointである。しかしながら、生命と直結しているので、構造に関係しているのである。つまり、Media Pointと構造との接合点が気ではないだろうか。言い換えると、Media Pointと遺伝子との接合点である。推測であるが、いわゆる万能細胞と言われる幹細胞であるが、それは、気と関係していると思う。おそらく、気のもつ多様生成性(参照:プラトンのコーラ)が関与していると思われるのである。遺伝子自体になると確定されていると思うのである。
 以上、いろいろ述べたので、後で、個別に整理したい。

p.s. 上記の★★★の箇所と関連する補足である

この点は微妙であり、きわめて重要な点である。虚軸における超越的差異共振振動があるが、それが、Media Pointにおいて、実軸化されるが、その痕跡が二重螺旋であり、DNA /ゲノムではないのか。しかしながら、遺伝子は、量子と同じであり、本来的には、虚軸の超越的差異共振振動と考えるべきではないのか。言い換えると、量子の重層化されたものが遺伝子ではないだろうか。そして、それは、魂・霊魂と同じではないだろうか。つまり、これまで示唆してきたように、遺伝子とDNA/ゲノムは区別されるということである。遺伝子はイデアであり、魂・霊魂・スピリットである。しかし、DNA/ゲノム(二重螺旋)は構造である、ということになる。もっとも、遺伝子・イデア・魂自体は、Media Pointにおいて、原二重螺旋を形成しているのではないだろうか。というか、正しくは、太極であろう。しかしながら、太極には、情報が織り込まれていると思われるのである。ここも微妙できわめて重要なポイントである。虚軸の太極的振動があるということになる。それが、Media Pointに接して、構造=DNA/ゲノムとなるのである。
 ここで整理すると、遺伝子・イデア・魂とは、虚軸の振動であり、それ自体は、Media Pointではないが、1/4回転によって、実軸化して、痕跡・エクリチュールとして、構造・DNA・ゲノムとなるということになる。
 ところで、ここで、以下言及したデリダ哲学について補足すると、痕跡=差延とは、正に、Media Pointの実軸点である。ほとんど構造と言っていいが、しかし、虚軸の痕跡という点で、構造を越えている概念であると考えられる。ただし、虚軸の超越性を完全に否定しているので、袋小路に陥ったと考えられるのである。確かに、構造主義を一歩越えて、Media Pointの実軸点に達したことは評価しなくてはならないが、そこで閉塞してしまい、差延の反復を行う羽目になったのである。これは、量子力学の閉塞と同様と考えられよう。
 ところで、ドゥルーズ哲学はこの点どう見たらいいだろうか。やはり、それなりに、Media Pointの実軸点には到達していたと思う。しかしながら、デリダとは異なり、その「差異」を同一性と連続化させてしまったのである。つまり、連続的差異=微分の発想に留まってしまったのである。この点、痕跡を説いたデリダ哲学より後退していると言えるだろう。痕跡の点でデリダは半歩、ドゥルーズより前進したのである。しかしながら、エネルギー的流動性という点では、ドゥルーズはデリダにより優れていると言えるだろう。つまり、ドゥルーズはMedia Point におけるエネルギー様態を連続化させたのである。

p.p.s. 痕跡・エクリチュールであるが、それは、正に、漢字や象形文字に表出しているだろう。占いもそれに近いだろう。しかしながら、イデア/エイドス=テオーリアであるが、それは、真に原形ではないのか。構造と原形は異なるのである。漢字や象形文字は構造であり、原形ではないと思うのである。 
 思うに、私が経験した山のイデアとは山の原形ということだろう。では、原型(ゲーテ)・元型(ユング)との関係はどうなるだろうか。例えば、ゲーテの考えた原植物であるが、それは、直感では、原形だろう。しかし、構造性も入っているようにも思える。元型であるが、それも基本は原形であろう。しかし、同様に、構造のように捉えられているのではないだろうか。河合隼雄は、構造のように捉えているのではないだろうか。これらの点に関しては後で検討したい。

3p.s. 以上のイデアと構造の区別が決定的に重要なポイントであると思う。これが西洋哲学において混同されて、イデアを同一性的な構造として誤解されてきたと考えれるのである。東洋哲学においては、イデアを直覚していたと考えられる。Media Point哲学なのである。とまれ、これらについても後で検討したい。


創世記の水と神霊について:東洋文化・太母文化の変異点としてのヤハウェ神学:新世界宗教へ
水をMedia Pointとすると、神霊とは、正に、超越的同一性であり、自己認識方程式(+i)*(-i)⇒+1の⇒ではないのか。先に私は+iを神霊と考えたが、確かに、そう考えていいのだが、神霊は物質現象を生み出す力(創造神)と考えれば、⇒である。
 問題は、この神霊・ヤハウェが、左辺を隠蔽してしまうことである。端的に言えば、左辺は多神教(三つ巴)ということだろう。推察では、エローヒーム(神の複数形)が、左辺であり、それ(即ち、エローヒーム神学:多神教神学)をヤハウェ神学(一神教神学)が簒奪することになったのではないのか。
 とまれ、創世記の水をMedia Pointと仮説して考察を続けると、東洋文化、とりわけ、太母文化においては、Media Pointからの生成が確認されるのである。自然(自ずから成る)である。しかし、創世記においては、「光あれ」という神霊の意志・言語行為がポイントである。自然ではなく、意志である。これが、父権神話・宗教の特徴である。この神霊の意志をどう考えるのかである。自己認識方程式(+i)*(-i)⇒+1 で考えると、上述したように、⇒になるのだろう。
 そうならば、東洋文化・太母文化の自然・生成はどう考えたらいいのだろうか。それは、上述から自明なように、自己認識方程式(+i)*(-i)⇒+1の左辺を認識・意識していると考えられる。つまり、自然の創造する力(⇒)を、左辺(太極や三つ巴と見ていいだろう)に基づくもの、即ち、生成消滅するものと認識しているのである。自然(じねん)である。
 それに対して、ヤハウェ神学では、神霊の意志が創造する力なのである。キリスト教神学では、無からの創造と言うが、正確には、無ではなく、水からの創造であろう。水はMedia Pointであり、東洋文化では、自然(じねん)である。
 この相違をどう考えたらいいのだろうか。これは、既に考察済みである。即ち、原点は、Media Pointであり、太極であり、陽への志向性が極大化したときが、ヤハウェ神学が発生すると考えられるのである。⇒ないしは、⇒+1である。
 そう、ヤハウェ神学とは、東洋文化・太母文化の変態・特異点と考えられる。母胎は東洋文化・太母文化である。しかし、おそらく、陽極への志向性によって、1/4回転によって、ヤハウェ神学が生まれたのである。
 私は不連続的差異論の形成時に、裏返しということを何度も述べたが、東洋文化・太母文化の裏返しとしてのヤハウェ神学を考えることができるだろう。このとき、自然(じねん)ではなく、神霊の意志となるのである。そのとき、Media Pointを否定して、無となし、そして、無からの創造という観念が生まれるのだろう。ということで、繰り返すが、ヤハウェ神学とは、東洋文化・太母文化の一変異点であるということである。そして、それは一種癌細胞に似て、自己破壊的なのである。母体である自然を食い尽くすのである。
 とまれ、ヤハウェ神学において、自然(じねん)がいわば自己否定されて、意志的創造が中心化されたのである。そして、これが、ユダヤ・キリスト教西洋文明の土台となったのである。それは、自然に対する人間の意志の肯定である。(その点は、見事に、創世記に書かれている。) 
 これでヤハウェ神学と東洋文化・太母文化の相違について、後者を基盤として解明できたとしよう。そう、繰り返すが、ヤハウェ神学を東洋文化・太母文化の特異点・変異点として見るのが明快である。
 そのように見ると、Media Point=太極の回転から、ヤハウェの発現から、イエスの出現、そして、イスラム教の出現は、論理・必然的に説明できるだろう。そして、新しい聖霊の宗教の発現も説明できるだろう。これが、私の唱える父権統合型新太母文化・新東洋文明である新世界宗教ということになると考えられるのである。
 そして、今日、陽極大化を越えて、陰=差異への志向性が発生して、Media Point=太極へと回帰しつつあると思われるのである。トランス・モダンへの相転移である。
 私はこれまで、ユダヤ・キリスト教を徹底的に否定してきたが、以上の視点に拠るならば、ユダヤ・キリスト教は、東洋文化・太母文化すなわちMedia Point文化の一変異点であり、それに包摂されることができるのである。つまり、特異点ではあるが、畢竟、東洋文化・太母文化・Media Point文化の一局面・一文化期である(あった)ということである。だから、否定というよりは、批判的視点から、包摂することが正しいということになるだろう。だから、新たな世界宗教とは、正確に、万教帰一となるのである。それは、新太母教である。思うに、詩人ヘルダーリンが、キリスト教と異教との和解を歌っていたが、それは、正に、天才的に、Media Pointからの発想である。
 最後に、創世記の謎の「天の上の水」について触れると、水をMedia Point=自然とすると、天は、二元論における天であるから、神霊=ヤハウェと関係すると考えられるので、そして、「天の下の水」が通常の海であると考えられることから見ると、「天の上の水」とは、ヤハウェ神学にとっては不要となったMedia Point=太極=自然=太母を意味していると言えよう。だから、創世記では、その後、その言及が消えていると考えられるのである。古事記で見ると、捨てられたヒルコにある意味で似たものではないだろうか。もっとも、ヒルコは、ユダヤ神話では、アダムの最初の妻リリスと関係するだろう。


2008年01月02日(Wed)▲ページの先頭へ
観るとは何か:眼を介して、心で観る(心観・心眼・霊眼):都市空間視覚と天然自然視覚の分裂から、トランス・モダン視覚へ
田舎(農村地帯)に居ると、空気が澄んでいるので、空や空を背景にするものがよく見えるのである。先ほどは、東京では、不気味に夜に声を聞くことが多い烏であるが、大群が、北から南へと急流に流されるように滑空して飛んでいた。ダイナミックな動きであり、感心した。
 澄んだ西空を見て、思ったのは、肉眼中心で見るのと、肉眼を介して心で見るのとの違いである。前者は自我中心的視覚であり、後者は差異共振・心的視覚であると考えられる。今日一般の日本人の視覚が前者であると思う。近代合理主義・近代的自我の視覚なのである。これは、心の死であり、神の死である。死せる魂である。亡魂である。死んだマグロの眼である。
 後者はいわゆる心眼というものに近いかもしれないが、心眼ほど玄妙なものではなく、もっと平明な、日常的なものでありうると思う。もっとも、心眼と言ってもいいのかもしれない。私としては、心観・心見とか呼びたいのである。(以下、心眼を用いている。)
 先に見た夢の中で、私は道と道の間の公園の樹木に咲く花を心の目で見ていた。心と花が共振してその美に触れていた。どうも、それがいわば予兆であったろう。予知夢である。私の中に、心の目が復活したようである。心観(心眼・心視)である。
 とまれ、この心観・心眼・心視の形成というか復活によって、これまで私が当惑した視覚の問題が解決できたと思う。すなわち、心の目は外的対象と共振するのである。とりわけ、自然と共振して天然美を感受するのである。この体験は、美術・芸術の肝である。美術・芸術の美の根源である。いわゆる、ロマン主義と呼ばれた世界観もこれに拠ると考えられるのである。もっとも、古典主義もやはりベースには、天然美の体験があるとは思うが、それが、自我同一性形式(線形性、シンメトリー等)によって拘束されているのである。
 具体的に言うと、若い日、学生の頃である。夕焼けが、私の意識から遠くへ行ってしまう経験をもった。それまでは、夕焼けと心が結びついていたが、それが、離れて行く、喪失経験をした。そう、私の意識では、この分離経験と一体経験との分裂性が残ったのである。いわば、統合失調症である。これは、文化史的に言えば、未分化的太母文化と父権文化、あるいは、前近代文化と近代文化との分裂様態と言える。そう、私は一種の分裂症であったのだろう。思えば、漱石の『草枕』の冒頭の有名な「智に働けば、角が立つ。情に棹させば流される。」に似たような経験と言えるだろう。そう、漱石も近代主義に拠る分裂に悩んだ天才的知識人である。
 とまれ、私のこれまでの生涯は、この分裂症に悩んできたと言えるかもしれない。しかしながら、今や、私の意識の中には、はっきりと、心が存するのである。そして、感覚を介して、心で知覚することができるのである。そう、脱自我となり、自己形成できたと言えよう。確かに、肉眼は、自我と結びつくが、心眼は自己と結びつく。私は、自我であり、且つ、非自我=自己である。(正に、自己認識方程式(+i)*(-i)⇒+1の様相である。)
 まだ、精緻には考察していないが、心の知覚があり、また、肉体的感覚がある。視覚に限定すると、心の視覚(心眼)があり、身体的視覚(肉眼)があるが、心眼(Media Point)が同一性化して、身体的視覚(肉眼)と結びつく。つまり、心眼は肉眼へ同化吸収されて、心眼本来の差異共振性を喪失する。これが、近代的自我の視覚様態である。近代合理主義・唯物論的視覚、冷たく光る不気味な支配せんとする悪霊の眼である。
 しかしながら、心眼(差異)が完全に肉眼(同一性)に吸収されることはできない。心眼が無意識において作用しているのである。だから、近代主義の都市空間を離れて、自然天然空間に置かれると、自然天然空間の光、差異共振的光に晒(さら)されて、心眼が賦活・活性化されるのである。励起されると言ってもいいのかもしれない。そのとき、私の体験では、コスモス(心的宇宙)を感得することが多い。コスモスとは、端的に、Media Pointの経験と言っていいだろう。近代主義の都市空間では、この経験はほとんど閉ざされるが、天然自然空間では、これが生起するのである。
 そう、思えば、学生の時の分裂の悩みはこれで説明できるのである。近代主義の都市空間の視覚と天然自然空間の差異共振的な視覚との分裂である。戦後日本人は、この分裂を無視して前者に同一性化したのである。日本人の心的視覚を捨てて、近代合理主義/近代的自我の視覚を受容したのである。これは、日本の心の死であり、神の死である。日本文化の死である。三島由紀夫の言う「断絃」である。(これは、連合国占領軍と亡国・売国的支配者との野合によると考えられる。小泉路線は、これである。)
 そう、社会的に問題なのは、近代主義的都市空間の視覚が支配的であるとき、天然自然の差異共振的視覚が否定されるのである。だから、本当に心眼をもった人は排除されやすいのである。(イジメの問題はこれが関係することが多いと思う。)東京中心に近代主義的都市空間視覚が支配的なので、これが、日本全体に蔓延する事態になっている。洗脳である。
 とまれ、問題に返ると、近代主義的視覚に対して、心眼があるが、抑圧される。しかるに、今日、心眼である差異エネルギーが賦活されているのである。この点については、これまで、太極原理で説明した。陽極まれば陰に転ずと。
 丁寧に見るなら、これは、自由のエネルギーが陽(同一性)の方向へと展開したが、今や、それが反転して、陰(差異)への方向へと向かっているのではないだろうか。ポスト・モダンである。自由のエネルギーとは、端的には、Media Pointのエネルギーということだろう。【私はイタリア・ルネサンスが新たなMedia Pointの発動と考えているし、プロテスタンティズムも基盤がこれであるが、それが同一性主義(近代合理主義/近代的自我)に傾斜しているのである。つまり、これまで述べてきたように、プロテスタンティズムはルネサンスを否定的に内在しているということでもある。】
 ということで、自由のエネルギーは陰(差異)へと今や転じているわけであるが、問題は、ポスト・モダン様態になっていることである。つまり、同一性主義の枠組みから脱していないのである。そのために、アイロニカルな没入・反動が起こっているのである。ネオコンや小泉構造改革がそうである。また、私見では、サブプライムローン問題もそうである。過剰な同一性主義、ハイパー・モダンが生じているのである。そして、心の病(私は心病と呼んでいるが)の根因もここにあると考えているのであり、また凶悪犯罪の根因もここにあると考えている。確かに、較差問題が引き金になっているとは考えられるのではあるが。
 この、いわば、私がとりわけ若い頃経験した「分裂症」に今日日本が陥っていると考えられるのである。結局、自由のエネルギーは陰や差異へと向かっているのであり、それを実現するには、ポスト・モダンを越えて、トランス・モダンへと転換する必要があるのである。純粋な差異へと転化しなくてはならないのである。結局、同一性主義から「解脱(げだつ)」して、差異(差異共振性、心)へと回帰する必要があるのである。
 簡単に、この「解脱」の方法を理論的に説明すると、第一歩は、同一性と差異とを不連続化することである(不連続的差異論)。それで、自我同一性と自己差異(特異性)が分離するのである。しかしながら、後者の自己差異とは、実は、差異共振性なのである。これを自己測深して感得する必要がある。そして、また、自我同一性と自己差異とが、Media Point(ガウス平面の原点)において、直交していることを認識する必要がある。即ち、自己差異とは、超越的差異なのであり、高次元的自己なのであるという認識の必要である。そして、最後は、自己主体とは、自己差異が主であり、自我同一性は従であると認識会得し、また、実践することであると思う。差異主同一性従、心主我従である。即ち、差異共振的自己が主であり、同一性自我は従であるということである。これが、心眼の復活をもたらすと思えるのである。
 さて、以上が、日本の復活の哲学的鍵である。不思議なことに、それは、日本の伝統への回帰なのである。それは温故知新であり、また、正確には螺旋的回帰なのである。東洋・日本伝統文化への螺旋的回帰なのである。即ち、西洋文化を経由して、東洋・日本伝統文化へと螺旋的回帰するのである。そして、これが、トランス・モダンである。父権統合型新太母文化である。差異共振文化である。
 思うに、私が心眼を復活させたのであるから、共時的に、多くの人にもこれが起こっていると考えられるのである。Media Resonanceメディア共鳴である。宝瓶宮(ほうへいきゅう)[水瓶座]文化期が胎動しているのである。
 
聴く耳を持つものは聴くがいい。


2008年01月01日(Tue)▲ページの先頭へ
祝賀新年:今年を占う:観る=観られる(テオーリア)の心を取り戻す:神道/仏教的経済共同体社会へ
テーマ:トランス・モダン社会の創造・構築

祝賀新年:今年を占う:観る=観られる(テオーリア)の心を取り戻す:神道/仏教的経済共同体社会へ向けて:ポスト・モダンの暗黒からトランス・モダンの啓光へ

たまたま、本棚に以下の書を見つけ、拾い読みして、興味深いので、さらにページをくくると、以前読んで傍線を引いた箇所があり、そこから、以下の箇所を引用した。
 以下に述べられていることは、最近私が述べた感覚・視覚の復興に通じる内容である。すなわち、心の視覚とは本来Media Pointの視覚であり、それが、同一性化して、現象視覚を生みだすのである。しかしながら、近代文化において、同一性中心主義、さらに唯物論によって、同一性化された視覚が中心化されて、Media Pointの本源の、差異(差異共振)の視覚が否定・排除・隠蔽・埋没されているのである。
 本源の視覚(テオーリア)が、同一性唯物視覚によって、隠蔽されているのである。この同一性唯物視覚によって、同一性欲望が喚起されて、諸欲望が蠢き、資本主義/物質主義世界を駆動させるのである。
 同一性唯物視覚とは、当然ながら、二項対立・差別・嫉妬的視覚であり、ルサンチマンの視覚(嫉視)であり、戦争・暴力・破壊・犯罪・狂気・混沌等をもたらす視覚である。いわば、悪魔・悪霊の視覚(邪視)である。
 著者の港千尋氏が懸念している今日の映像情報支配は、正に、同一性唯物視覚である。これが、マスコミ、とりわけ、テレビを支配しているのである。また、愚劣な漫画や女性雑誌を支配しているのである。さらには、当然ながら、新聞も支配していると言えよう。なぜなら、同一性唯物視覚とは、近代合理主義/近代的自我と一如(いちにょ)であるからである。
 ここで、広告代理店の問題が浮上すると言えよう。同一性中心主義という魔道に支配された悪魔悪霊洗脳情報機関である。そもそも、日本の貧困な広告・デザインの映像を見よ。明らかに、同一性唯物映像である。
 結局、本源的視覚、Media Pointのヴィジョン=テオーリアを取り戻さないといけないのである。それは、夢の映像と関係するのである。それは、アリステレスやプラトンの哲学と関係するのである。イデア・エイドスとは、正に、Media Pointの視覚(ヴィジョン)である。
 心の視覚を取り戻すこと、それは、心の差異共振社会を取り戻すことである。小泉日本破壊構造改革を乗り越えて、Media Pointの視覚の生活世界、差異共振共同体を構築していくことが、本年の年頭のテオーリアである。

********************

この言葉[〈観る〉(theoria)]は、二つの要素から成っている。すなわちthéa=観とholân=見るとからなっており、ただ単に見るのではなく、真に見る価値のある対象、すなわち英雄や神々を〈観る〉ことを意味する。この名詞テオーリアとそれに対応する動詞〈観ずる〉(theoreîn)は、ラテン語の〈見る〉videoに由来する〈観る〉visitareに翻訳可能だが、この語はまたtheorósと関係がある。テオーロスとは祝祭の使者、訪問者のことで、特に別の場所で開かれる祝祭に遣わされる使者は、テオーリアと呼ばれた。 ・・・・、古代ギリシアにおいて、〈観る〉ことが祝祭性と緊密な関係にあったことを示している。アリストテレスは、こした祝祭性とは独立して、テオーリアのなかに神的なるものを認めていた。観る経験のなかに現実とは別の、神的なものを認めること、すなわち人間が神性へ近づく道が〈観の生活〉bíos theoretikósなのである。以上の考察は、オリュンポスのアルペオオス河畔で、この言葉のなかにギリシア人の宗教的生活の中心を探り当てたカール・ケレーニイのよるものであるが、今世紀を代表するギリシア神話学者は次のように書いている【カール・ケレーニイ『神話と古代宗教』】。

 われわれがギリシア宗教の様式を、その内部を支配している経験という
 視点から特性付けようとすれば、それを〈観の宗教〉と呼んでもよいであろ
 う。

 神的な視力をもって〈観る〉ことは、神々のように〈知る〉ことであり、神々の思惟に至るまでの諸段階において、古代ギリシアの学問は、テオーリアに基づいて形成されていたのである。ギリシア語の「知る(エイデナイ)」eidénaiは観ることを意味している。ギリシア人にとって、観ることと知ることは切り離すことができないものだった。ギリシア人は、彼らが知っているものを、ひとつの形姿として、同時に見ていたのである。
・ ・・・・
ケレーニイがテオーリアに見たのは、能動的に観ることと、受動的に観られることが同一であるという位相だった。テオーレインということは、外界からの刺激が視神経を介して脳に到達するという意味ではない。世界を見つめるわたし=Iとしての眼=eyeでもない。客体と主体を分離するような、近代的視線を批判して、ギリシア神話を〈生〉(bíos)のなかに位置付けたケレーニイは、観ることが同時に観られることであるような位相を古代ギリシア人の心のなかにあった、独特の態度「アイドース」aidósとして示す。神々を前にした人間が〈観る〉とき、そこには「畏怖」があり、「羞恥」があるだろう。「アイドース」とはこのときの「羞恥」そして「畏怖」の現象である。
・ ・・・・
能動的に観ることと受動的に観ること、観る人間と観られる人間、観る世界と観られる世界とが統一される。ギリシアの宗教的経験の根本状況として、アイドースという現象のなかで観ることが透視することを意味し、肉体が精神を、自然が規範を意味することになる。(中略)ギリシア人は、開かれた、精神に溢れた眼で、自分を見ているひとつの世界を映し出す。それがゼウスやテミスの眼であり、すべての女神の眼であり、神話が物語っている古い神、新しき神の眼である。(ケレーニイ『神話と古代宗教』)

『洞窟へ 心とイメージのアルケオロジー』港千尋 せりか書房 p. 216〜p. 220



1 2    全40件




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年1月
   
   

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:237
昨日:806
累計:4,609,379