INNOVATION OF PHILOSOPHY: GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience - 2008/01/07

GP陰陽哲理学 Gaussian Plane Yin-Yang Philosophience:思えば、2004年9月「海舌」氏とブログ上で遭遇し、不連続的差異論が誕生しました。その後、仮説・理論は紆余曲折的に変転しました。現時点2015年では理論名はGP陰陽哲理学です。




[PR]



2008年01月07日(Mon)▲ページの先頭へ
検討問題:近代主義の狂気とは、専門分化に拠るところが大きいのではないのか
検討問題:近代主義の狂気とは、専門分化に拠るところが大きいのではないのか

テーマ:ポスト近代的自我/ポスト近代合理主義

後で考察したいが、近代主義の狂気、今日、発現している狂気は、専門分化に拠る部分が多いのではないのか。
 教養がなくなっている。かつては、文学、哲学、漢籍、等々とあったが、教養文化が消滅して久しい。
 私は、あえて教養に換わる概念として、先にもあげたが、心養をあげたい。心育、心識性、心知性という言葉も浮かぶ。心を識る(知る)教育が必要である。
 また、脱領域的知性ということも必要だと思う。科学教育は必要であるが、科学主義になっては、洗脳である。このような人たちを近代主義は生んだのである。
 とまれ、専門分化について言うと、専門分化は確かに、それぞれ、専門分化知性をもっている。しかしながら、それらは、基本的には、権威主義で固まってしまっているのである。つまり、権威主義的視点が覇権をもっていて、それ以外の独創的な視点を抑圧しているのである。
 この権威主義的視点が硬直・石化しているのであり、学ぶ者を洗脳化しているのである。それ以外の視点を禁じているのである。思うに、ポスト・モダンとは、このような知に対して、脱領域的な知を追求したものであるが、それは頓挫してしまった。
 後、足りないのは、自然体験、自然との融合的な体験が欠落していると思うのである。日本では、自然が破壊されて、天然自然が深山等へ行かないとほとんど残っていない状態になってしまっている。自然体験の希薄さが、狂気を生んでいると思う。
 つまり、Media Point体験である。これが心養とともに欠落して、日本・東洋文化を衰退させているのでもある。
 後でまとめたいが、とりあえず、次の三点が原因であると思う。

1)心養の欠落
2)専門分化の硬直した知
3)自然融合体験の欠落

**********************

宇宙人や五次元アセンションとは何ぞや。

テーマ:新霊性new spirituality

宇宙人や五次元アセンションとは何ぞや。
 「宇宙人」とは、Media Pointにおける諸超越エネルギー(エネルゲイア)ないしは高次元エネルギー(エネルゲイア)のことだと思う。諸精霊、聖霊、天使、菩薩、等々と言っていいのかもしれない。
 「五次元アセンション」は、端的には、胡散臭い。私は「アセンション」はないと思う。「アセンション」とは、五次元が大きく啓かれるということではないかと思う。五次元へ移行するというのではなくて、この四次元時空間において、高次元の五次元が加わるということだと思う。
 でも、どうして、精神世界に関与する人は、こう胡散臭くなってしまうのだろうか。それは、やはり、Media Pointを明確に捉えていず、高次元と現象界を連続化するために、高次元に囚われて、現象界を否定することになるのだと思う。そう、グノーシス主義もこの面があるだろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨年5月に「まもなく宇宙人が到着します」を出版された田村珠芳さん。
わずかな期間ですが著書は大フィーバーで既に数版重ねているようです。

田村珠芳さんは・中国易理文化研究会主幹、米国催眠療法協会公認カウンセラーでいらっしゃる。
とりわけ幻の運命学といわれていた『淵海子平:えんかいしへい』に出会い、現在、その第一人者。
主な著書に「カード易占いイーチン」、「運命を変える法則」、「基本四柱推命学」ほか多数の著書を発表している。

サトルでは毎回年初に田村さんをお招きしている。
今回は2008年(戊子:つちのえね)の政治経済のみならず、地球全体を易断していただく。

今年は新しい時代の幕開け。face02
十二支は子からはじまり亥で終わりますが、いよいよ21世紀の本番の年となります。
田村さんは、これからの数年が正念場となり、地震、噴火、経済の変動はますます激しくなると話される。

それは地球人に新しい時代への心構えをしてもらうため、気付きを起させるためのようだ。
戦争をしないと国の運営が出来ないアメリカアですが、宇宙の人たちは戦争を許すことはないという。
戦争をしている場合ではない。
あと数年で太陽系は五次元へと次元上昇すると言い切る。face08

地球人は肉体の波動を細やかに上昇させて、三次元世界から五次元世界へと飛翔できるようにする必要がある。
それは人類は地球と共に覚醒して新しい文明を創る役目があるからで、皆さんと一緒にこの激動期を乗り越えましょうと訴える。
http://subtleeng.thd-web.jp/e6106.html

鈴木 俊輔 の サトルの泉

************************



cosmic webとMedia Point
テーマ:太陽系/宇宙

研究資料として貼り付けさせていただく。
cosmic web、「宇宙の蜘蛛の巣」とは、Media Pointと関係すると思う。Media Pointでは、超越的エネルギーと連続的エネルギー、超越的光と連続的光が即非態にある。思うに、Media Pointを時間の方向に移動させていくと、cosmic webになるのかもしれない。とまれ、検討課題にしたい。

p.s. 結局、ダークマター(暗黒物質)とは何か、ということになると思う。ダークエネルギーは、Media Pointにおける超越的エネルギーで簡単に説明できるが、ダークマターは、プラトニック・シナジー理論からどう説明できるだろうか。
 これは、ダークエネルギーよりも、精妙な考え方が必要であるようだ。先に私は、Media Pointの実軸点について言及した。それは、デリダの痕跡が生じる場所として考えたのであり、また、構造の原点であると見たのである。それは、同一性の原型である。どうも、これが、ダークマター(暗黒物質)か、それに関わるのではないだろうか。
 Media Pointの実軸点から、直接に、同一性現象・物質現象が発生するのであり、また、これは、物質の原点であり、いわば、プロト・マター(原物質)である。つまり、一種の空となっているのである。これが、cosmic webの暗い穴だと思えるのである。今は、ここで留める。

p.p.s. 二番目の資料の最初の画像において、脳神経のシナプスに見るものがあるが、それは、メディア共鳴Media Resonanceで説明できるかもしれない。
 残る大きな問題は、webないしは繊維filamentである。これをどう説明するのかである。いわば、天の羽衣である。天衣である。思うに、これも、メディア共鳴Media Resonanceで説明できるのではないだろうか。Media Pointの共鳴(共振)によって、エネルギーが伝達されるのである。これは、超越的エネルギーももつから、超越的共鳴様態ともなると考えられる。思うに、単純化していうと、Media Pointをダークマターと考え、メディア共鳴様態をcosmic webとなるのではないだろうか。
 



Cosmic web to be unravelled

Last Updated: 4:01pm GMT 04/01/2008

Forget about the world wide web. The cosmic web is much bigger, stranger and more interesting, says Roger Highfield

Plans to explore and understand the cosmic web - one of the biggest and most mysterious features of the universe - have been unveiled by scientists.

View of the expanding universe illustrating the evolving cosmic web
View of the expanding universe illustrating the evolving cosmic web


The sky appears as a vast darkness with spots of lights and clouds of dust, but astronomers have discovered that the stars and galaxies we can see are embedded in streams of light stretching between inky voids, forming a wispy invisible structure called "the cosmic web."

This "framework" for the universe contains visible matter that we are all familiar with but 80 per cent of it consists of dark matter, the matter that astronomers only know to be there because of its gravitational tug on nearby objects.

The structure, and how it glues the cosmos together, poses one of the next big challenges for astronomy. Scientists believe that a quantum leap in computing power and the development of powerful new telescopes will soon unravel the secrets of the web, which reaches right into our own cosmic back yard.

One puzzle, says Farbrizo Nicastro of the Harvard-Smithsonian Centre for Astrophysics and colleagues, is that predictions about the makeup of ordinary matter in the web are wrong.

The web is as big as the universe itself, measuring some 14 billion light years across, adds Claude-André Faucher-Giguère of Harvard University, another of the groups discussing the web in the journal Science.

Although the details are being actively investigated, its birth is one of the best understood results of cosmology. The cosmic web grew out of tiny fluctuations imprinted in the early universe shortly after the Big Bang, which eventually condensed into the massive structures we see now.

To date, the cosmic web has been largely probed in visible light. New experiments and observatories are now being planned or entering service to probe the cosmic web at new wavelengths, from radio to x-rays, passing by the infrared and ultraviolet bands.

"These new wavelengths will open new windows to the cosmic web that are poised to lead to many new discoveries and also to occupy theoretical astrophysicists as they work to predict and understand the features revealed by these new pictures of the universe," Faucher-Giguère says.

Galaxies form in the web's smaller knots, and scientists are also struggling to determine how they swirl into existence. Rodrigo Ibata of the Observatoire Astronomique de Strasbourg in Strasbourg, France and Geraint Lewis of the University of Sydney explain that galaxies are distributed along the tendrils of the cosmic web and the pattern can only be explained by large amounts of connective dark matter.

They hope able to reunite the long-dispersed stars from ancient accretion events, completely dissecting the Milky Way and laying bare its history and how it was influenced by the local cosmic web.

Even though the exact nature of the cosmic web remains unknown, astronomers are able to produce detailed maps of the cosmos, showing its location in relation to the ordinary matter that we can see in telescopes.

One method takes advantage of gravitational lensing - when light from a distant galaxy is bent by the gravity of matter in front of it. Such gravitational lenses provide a direct probe of where dark matter lies. Last year, Richard Massey at the California Institute of Technology in Pasadena, used images of half a million galaxies from Nasa's Hubble Space Telescope to crudely map a bit of the 3D web.

This work highlights how the galaxies we see lie within larger dark matter clumps, but that these clumps are connected by "cosmic filaments" - bridges of dark matter that connect the clusters and that make up a web that pervades the universe. Much bigger surveys are now planned of the "cosmos incognita."

Overall, universe contains ordinary visible matter (5 per cent), dark matter (25 per cent), and dark energy (70 rep cent), a source of antigravity that pervades everything, affecting the evolution of the web from near to far, from the present into the most distant past.

http://www.telegraph.co.uk/earth/main.jhtml
;jsessionid=DH0NF3ZZVOVEXQFIQMGSFF4AVCBQWI
V0?view=DETAILS&grid=&xml=/earth/2008/
01/04/scicosmic104.xml

An international team of astronomers using NASA 's Hubble Space Telescope has created a three-dimensional map that provides the first direct look at the large-scale distribution of dark matter in the universe.
HubbleSite - NewsCenter - Hubble Maps the Cosmic Web of "Clumpy" Dark Matter in 3-D (01/07/2007) - Introduction

http://b.hatena.ne.jp/entry/3656455


Early Universe Was Spongy, Like Brain

Sponge Filaments
THEORY: Computer model of the early universe. Gravity arranges matter in thin filaments. High-density regions (yellow) undergo collapse and ignite bursts of star formation. These proto-galaxies stream along the filaments (red shows medium density) and meet at nodes, causing a buildup of galaxies. Low-density areas are blue.
Sponge Animation
OBSERVATION: Eight distant infant galaxies -- essentially giant globs of hydrogen with a few hot young stars -- lie inside a thin filament, visualized with a computer overlay. The hot stars make the hydrogen glow. Other objects in the image are nearer galaxies or stars.
The acute Watson might have argued, however, that it's more like a spider web. And if word of Holmes' theory got around, other big thinkers might have insisted, "No, it's spongy, just like your brain!"

They'd all have been arguing the same cosmic case: That the early universe contained a series of threads and clumps, not unlike a spider web dappled with water droplets, and that this structure set the stage for the growth of galaxies and galaxy clusters seen today.

Of course, like a good murder mystery, this theory began without much to go on. A small bit of circumstantial evidence here. A wild hunch there.

Now a group of European researchers has done some fine long-distance sleuthing, looking way back in time to when the universe was just 15 percent of its current age, to uncover some vital clues in the case.

Using the European Southern Observatory's Very Large Telescope, they have spotted a string of dense clumps of hydrogen, which glow because inside them a few hot young stars are forming. The clumps are galaxies-to-be, or protogalaxies, the researchers say. And they were found to lie within a tubular region of space -- a filament -- supporting a popular theory of the cosmic web, involving filaments stuffed with protogalaxies.

"This discovery certainly bolsters the concept of the cosmic web," said Lev Kofman, professor of the Canadian Institute for Theoretical Astrophysics.

Kofman, who was not involved in the study, added that more research would be needed before alternative models of galaxy formation could be ruled out.

Fatal attraction

The most widely accepted models of the early universe now hinge on a discovery from the early 1990s. A satellite called the Cosmic Background Explorer (COBE) was observing a pervasive feature of the universe called cosmic microwave background, or CMB, which was emitted shortly after the Big Bang.

Since its discovery in 1965, the CMB had appeared to be a uniform temperature in every direction of space. But COBE found tiny variations, lumps and bumps that researchers now believe were seeds of structure. Computer models see these variations as leading to the first large-scale architectural components of the universe -- long filaments connected at nodes. The spider web.

Clumps of hydrogen -- think of them as the drops on the spider web -- developed along these filaments. Each would have had mass, gravity and some random velocity, the computer modelers say. And they would have streamed along the filaments toward the nodes.

"Sometimes this random motion will cause two protogalaxies to pass so close to each other that they will experience fatal attraction," explained ESO researcher Palle Møller. "They will fall into each other."

Repeating the process many times, larger and larger galaxies would have formed. Over billions of years, the filaments were replaced by large clusters of galaxies connected by bridges -- the remains of the largest of the original filaments. Galactic collisions continue today.

Were Sherlock Holmes a cosmologist, he might have said, "It's filamentary, my dear Watson."
http://blog.goo.ne.jp/trova/e/
292a186e514866ac856b077170c1413a
History of Science

暗黒物質の3次元分布を測定

暗黒物質は目に見えないが、銀河回転速度や銀河団構造の測定から、銀河内及び銀河間に大量に存在していると考えられ、既にいくつかの観測で、その存在が確認されている。

しかし、暗黒物質がどれだけ存在しているのか、どのように分布しているのか、銀河の進化・成長にどのような影響を与えているのか、天文学の大きな謎だった。

http://www.sorae.jp/031001/1656.html


sorae.jp


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年1月
   
7
   

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:569
昨日:1,333
累計:4,689,770